ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとつぶ便り 298号

いつもありがとうございます。まとめてアップの6本目で、今年最後、今シーズン最後のお便りです。
今年も、読んでもらって本当にありがとうございました。

ひとつぶ便りは野菜セットに入れている紙のお便りで、これはそのバックナンバーをブログにコピーしている、というものです。そのひとつぶ便りの枠では書けない、もっとマニアックな文章とか、コアな文章とか、そういうのも書きたい気がするので、冬の期間は少しそういうのも書けたら楽しいだろうなと思います。まぁ、やれたらやります。
今年も本当にありがとうございました。どなたもよいお年をお迎えください。

ひとつぶ便り 298号(2017年12月29日便)
 いつもありがとうございます。皆さんのところでも寒いと思いますが、こちらもとても寒いです。これを書いている今は薪ストーブの割とそばにいますが、床のほうから寒さがきていて、冷えます。明日の朝の冷え込みはすごそうです。今みたいに寒波が来ると、マイナス10℃前後まで平気で下がりますが、明日はもっといきそうです。我が家で流行っていたインフルエンザと思われる風邪は全員にリレー方式でまわり、アンカーで花野ちゃん(5歳)がひいて、治って、24日には楽しいクリスマスパーティーを迎えることができました。その夜にはサンタさんから3姉妹それぞれに素敵なプレゼントが届きました。はるちゃん(1歳10か月)にはお皿とカップが届き、自分へのプレゼントだということがしっかり分かったようです。3人とも、とても喜んでいました。サンタさんありがとう。
 今シーズンも最後の出荷となりました。お餅と加工品と根菜類などをお届けします。お餅は薪の火で蒸して、機械でついています。僕はもちづくりの日は主にいつも火の番をしています。ほかの作業はゆっこさんがやっています。もち米を蒸し、もちをつくり、のして、固まったら次の日切って、袋詰めして、という作業もそれなりに大変ですが、2日間で終わります。原料のお米は2日ではもちろんできません。お餅の原料は僕らの田んぼと畑でとれたもち米とくらかけ豆(大豆)。自分がこのお米を育てるためにやったことの数々を思うだけでも壮大なスケールの物語がそこにはあって、今ちょっと振り返るだけでもなんというか、ぐっときます。自分のした労働だけ振り返ってもそうなのですが、お米や野菜が育つ、自然の働きを見ていけば、もっともっと果てしない奇跡を感じられます。宇宙空間を飛んできた太陽の光、空を流れる雲、そこから降る雨、土の中や上で生きて、死んで、土となりまた新たな命を育む無数の生き物たち、それはもう気の遠くなるような数の要因がそこに折り重なって、ひとつぶのお米がそこにもたらされています。それを、食べて、体の一部とし、エネルギーとするということも、ものすごい!ことだと思います。一つの命をいただくことは、自然界のすべてをいただくことに他ならないし、僕らもまた自然界に含まれ、自然界のすべてを含む一つの命です。「食べる」という行為は、奇跡の命どうしの出会いというか再会というか、とにかくほんとにもう奇跡だなぁと思います。時間的にも空間的にも、複雑に、何重にも重なって絡み合い、関わり合って、お米も、野菜も、僕ら人間も、ここにいます。ありがたい。
 
今年一年を振り返る、というようなことをしようと思うとすごく難しいなと思います。難しいのでやりません(笑)。その時その時で、色々とやっているし、季節とともに景色も自分の気持ちも何もかも移り変わっていきます。春には冬のことを忘れ、夏には春のことを忘れ、秋には夏のことを忘れ、冬には秋のことを忘れます。畑の土が凍りついているこの状況では、収穫するものもほとんどないし、畑を耕すことも種をまくこともできません。冬は働きにいってもいるし、この季節は半分、農家であることを忘れています。まして、寒くてほとんど動きたくないので、また自分が春から農業をできるのか、という気持ちすら湧きますが、春が来るとちゃんと動けるものです。また春がきたら、よろしくお願いします。今年も、心より、ありがとうございました。おかげさまで僕ら、生きています。よいお年をお迎えください!健
スポンサーサイト

ひとつぶ便り 297号

いつもありがとうございます。まとめてアップの5本目。先週のやつです。

ひとつぶ便り 297号(2017年12月22日便)
 いつもありがとうございます。なかなか寒い毎日で、マイナス10℃くらいまで下がる日もあります。いちばん寒い時期はマイナス15℃かそれ以下まで下がります。朝が本当に寒い!僕は今年の冬は酒蔵で酒造りではなくスキー場のリフト係をしています。酒造りの前はそこに行っていたので、知っているメンバーもいるし、仕事も分かるし、基本的に仕事はものすごく楽だし、気楽にやっています。ちなみに八千穂高原スキー場は公営で、町の財政を圧迫する最悪の赤字部門であることに加え、そこで使う機械の電気や石油の消費量も膨大で、そういう意味でも自分のしたい生き方との矛盾は大きいなと思います。平日など、ほんの数人のお客さんのために、40人くらいのスタッフが働き、リフトを回していたりします。お金としては絶対に赤字だし、エネルギーとか、人的資源的にも本当にもったいないことをしていると思います。が、農業だけでやっていくこともできないので、そういう農家は限られた冬の仕事を探す必要があります。ちなみにこのスキー場には、僕ら夫婦と同じ織座農園で研修した人が僕を含めて5人います。ちなみに今年は酒づくりの方へは同門の先輩2人が行っています。そんなわけでスキー場も決して勤めたいと思って勤めている場所ではないですが、仕事としては本当に楽だし、自分1人でいられる時間というのも結構あるので、平日は読書もできるし、自分とも存分に向き合えるし、実はすごく楽しんでいたりします。そして、どんな場所にいても、どんな仕事をしていても、自分の中の平和を育てることはできるし、職場の平和に貢献することもできるし、世界の平和に貢献することも、可能だと思います。
 我が家で流行っていた高熱を伴う風邪はついに、それまで大丈夫だった花野ちゃん(5歳)にもうつり、これで家族5人全員に回りました!葉菜ちゃん(8歳)→僕→ゆっこさん→はるちゃん(1歳10か月)→花野ちゃんとそれぞれの終わりかけに発熱して順番に回っていった感じで、同時にダウンではなかったので助かった部分があります。病院に行っていないので実際はわかりませんが、インフルエンザのようです。僕ら夫婦も、大人だけど39.5℃くらいの高熱を出していたし、葉菜ちゃんの通う小学校と、花野ちゃんの通うようちえんでインフルエンザが流行っています。皆さんもどうかお体大切に。今日(20日)は花野ちゃんもだいぶよくなってきて、葉菜ちゃんがここへきて微熱がまた出ているようですがまぁ元気で、他の人たちはもう大丈夫な感じです。
 もう田畑は凍り付いていて、僕はスキー場に勤めていて、意識が田畑から遠ざかっている気がしますが、毎日食べているものも、今回お届けするものも、田畑からの、全ての自然からの恵みです。そこにいる全ての生き物や鉱物、太陽、雨、風、土、全てと関わり合いながら、お米も野菜も育ちます。僕ら人間の労働も、喜びも、悲しみも、幸せも、苦しみも、全てそこに含まれています。お米ひとつぶには、宇宙や世界の全てが含まれています。それは奇跡そのものです。それを食べて、生きている僕らも奇跡そのものです。僕らの60兆個の細胞一つ一つに、今しているこの一呼吸に、自然の全てが含まれています。また、僕らがこうして生きているのはこうしておもちや野菜を買って食べてくれる皆さんがいるからで、こうしてお米や野菜が育つのは皆さんのおかげでもあり、このおもちや野菜の中に、皆さん一人ひとりの存在もあります。今シーズンも本当にありがとうございました。よいお年をお迎えください。  健

ひとつぶ便り 296号

いつもありがとうございます。まとめてアップの4本目です。
ここに書いたように、12月2週目は見事に寝込んでいたので、お便りもお休みとなりました。なので、12月3週目の記事です。
なかなか辛かったですが、久々に高熱出して体のリフレッシュになったかな、と思います。

ひとつぶ便り 296号(2017年12月15日便)
 いつもありがとうございます。皆さまお元気でしょうか。僕は先週だいぶひどい風邪をひいて、火曜日から金曜日まで寝込んでいました。39.5℃くらいの熱が出て、本当にしんどかったです。この間に野菜セットの出荷もありましたが、本当にもう動けなかったのでお便りもお休みにして、作業は全てゆっこさんにやってもらいました。本当にありがたかったです。葉菜ちゃん(8歳)が小学校からもらってきた風邪のようで、葉菜ちゃんは僕の前に熱を出していて学校も休んだりしていました。そのあと僕にうつり、そして出荷作業をがんばってくれたゆっこさんが今度は熱を出しダウン。そのあと、はるちゃん(1歳10か月)が熱を出しています。葉菜ちゃんはすっかり元気だし、僕とゆっこさんも熱は完全に下がったし体調もだいぶ良くなりました。はるちゃんは、熱はあるものの僕らとは違って活動的で、機嫌よく何か色々喋っています。そろそろ熱が下がってくるといいな、というところ。花野ちゃん(5歳)は今のところ大丈夫で、元気に幼稚園に通っています。という感じでうちでは風邪がとても流行っています。
普段からの栄養が足りていないわけではなく、家があり布団があり、致命的に不潔な衛生状態の中で暮らしているわけでもない僕ら多くの日本人は、風邪をひいてもほとんどの場合は寝ていれば治ります。いざとなれば大幅な医療の介入によって助かるかもしれません。世界には、ひとつの風邪であっけなく死んでいく命がたくさんあることを考えれば、今生きている環境がいかにありがたいものなのか、感じられます。また、ひとつの風邪であっけなく死んでいくような環境に生きている人たちの、その劣悪な環境を作っているのはまさに僕らお金持ち国家の人たちであって、その人たちの命を奪う代わりに、僕らが寿命を延ばしているという現実があります。食べ物、水、石油や石炭やウランなどエネルギーのもと、僕らの生活は海外の人々を搾取することで成り立っています。水は豊富で木は育ち、海に囲まれ、降り注ぐ太陽の光も豊富なこの国は食料にせよエネルギーにせよ、全ての分野で自立することが可能なはずなのに、その土地の空気と水と土を汚し、他の国からは奪ってくる。おまけに今度は戦争しようというのです。なんとも恥ずかしい国です。何もかも、抜本的に良くできるものだと思います。今身の回りにあるすべてのものや環境が、とてもありがたいものであるのは間違いありませんが、それが誰かから奪ったものである限り、真に喜ばしいものではありません。誰かの子供を苦しめたり、その命を奪って自分たちの子供を生かすことを、心から喜べるものではありません。どちらの子供も幸せになれる方法が、いくらでもあると思うのです。それを目指すことは、それ自体が、幸せでもあると思います。
自分の暮らしや仕事の、どの部分においても、世界の搾取や差別や戦争から自由であるものは無いと思います。この国に暮らしている限り。そうしたくなくても、必ずそこに加担しています。そうしたいとかしたくないとか、特に意識していないのなら、ものすごく大きく加担しているはずです。目の前にあるものを、深く見ていけばすぐに見えると思います。そこにある搾取や暴力が。生活の全ての部分が世界とつながっているのだから、自分の生活を見直すことは、世界とのつながり方を見直すことでもあります。必要のない電気をひとつ消すことも、お酒や肉を少し控えることも、自分の体や心をいたわることも、誰かに微笑むことも、とてつもなく大きな行動の一つです。世界を変えていきましょう。今この場所で。 健

ひとつぶ便り 295号

いつもありがとうございます。まとめてアップの3本目です。
12月1週のやつ。映画を観にいったり上映会やったり、の話です。

ひとつぶ便り 295号(2017年12月1日便)
 いつもありがとうございます。ここ一週間くらいは気温が高く、晴れも多く、畑にも出やすいです。と、いう気候が、少し前までは「ものすごく寒い」と言っていたものだったりするので、人は割とすぐ慣れるものだなと思います。今、例えばマイナス5度であったらものすごく寒く感じますが、このあと、マイナス15度の朝を体感すれば、マイナス5度の朝を「今日は暖かいね」とか言います。慣れってすごいなと思いますが、時に怖いものだなと思います。慣れてはいけないものも、たくさんある気がします。
 今週は26日に『カレーライスを一からつくる』という映画の上映会を、友人たちが割と近く(佐久市望月)でやってくれていたので観に行き、28日には僕らがやっている小さな上映会で鎌仲ひとみ監督の『ミツバチの羽音と地球の回転』をやりました。カレーの方は、医師で探検家の関野吉晴さんが、武蔵野美術大学でやっている課外ゼミの1年を追ったもの。美術大学に通う学生たちが、カレーを、お米づくり、野菜づくり、肉のための鶏を育てること、塩を海にとりにいくこと、器をつくる、とか、そういうことから始めて9か月かけてつくる、という内容。おもしろかったです。一つのものを深く見ていけば、世界の全てが見えてきます。そこに、つながっていないものなど一つもありません。学生たちが、これをやったからといって、その瞬間に目が開くとは限りませんが、あれで何かを感じないはずがないし、いつか世界の広さや深さを感じるきっかけに、必ずなると思います。何しろ先生が、砂鉄を採り、たたらを踏んで鉄を作り、それで斧などをつくり、それで現地で気を伐り舟を作り、インドネシアから日本へ旅をした人。そんな関野さんの深い優しい眼差しが、とても印象的で、素敵な映画です。いいなぁあんなゼミ。
『ミツバチ―』は、僕ら夫婦と、友人1人の3人(平和な子育て・暮らしを考える会)で不定期でやっている「さくほ平和映画祭」の第7回目。第1回目の『カンタ!ティモール』を去年の9月にやって、それ以来、細々と地道にやっています。今回も、映画のあとの座談会も含めて、いい会になったと思います。今年、鎌仲監督の『ヒバクシャ』、『六ケ所村ラプソディー』を上映し、そのあとやっぱりこのあとは『ミツバチ―』の上映会をやりたいねということになりました。この3作品が、鎌仲監督の、核をめぐる三部作と呼ばれています。山口県上関の祝島で約30年間、海と山と共にある暮らしの中で原発建設と戦う島民たちや、スウェーデンで持続可能なエネルギー、持続可能な社会を目指す人々の話。135分の大作です。僕は何度か観ていますが、2回目以降はいつも同じシーンで涙が出ます。
 鎌仲監督の作品は、自然への敬意と、人々の暮らしへの敬意が、とても強く感じられます。そこに出てくる人々は、本当にかっこいい。これは原発事故の前に公開され、まさに上映会が全国で行われている最中に、原発事故が起こりました。監督はその後は、特に子どもたちを被ばくから守るために、映画を作り、行動しています。エネルギーをどうするのか、などとは違う次元で現在は、放射能を体内に取り込んでしまう状況が目の前にある、という直接の問題があります。それは、特に子供たちは、何としても避けなければいけないものだけど、国も自治体も、多くの個人も、避ける姿勢はありません。2年前の最新作『小さき声のカノン』は、原発事故後、子供たちを守る為に必死に選択し、行動するお母さんたちの物語。必見です。DVDも買えます。今やれること、やるべきこと、メッセージが明確で、心の奥に響きます。健

ひとつぶ便り 294号

いつもありがとうございます。まとめてアップ中です。2本目。ちなみに全部で6本たまっているので今日ぜんぶアップしようと思います。
では、11月24日のお便りです。ジャガイモ結構いろんなところに買ってもらってますが依然としてたくさんあります。ほしい方はご連絡くださいませ。

ひとつぶ便り 294号(2017年11月24日便)
 いつもありがとうございます。20日から21日にかけての夜、雪が降って、少し積もりました。その日のうちにだいぶ溶けはしましたが、朝の景色は真っ白でした。葉菜ちゃん(8歳)と花野ちゃん(5歳)は「雪だー!!」と喜んで、朝の時間に余裕のある花野ちゃんは早速遊んでいました。はるちゃん(1歳9か月)は不思議そうにしながらも、楽しそうでした。どんどん寒くなっていく中で、「冬だなぁ」と思うことは何度もあって、今シーズンも何度も既にそう思っていますが、雪が降るとまたなんとも象徴的で、また改めて「冬だなぁ」と思いました。ここ最近は昼間晴れていてもすごく寒かったりして、また一段季節が進んだ感じがします。まだ、ここからいちばん厳しい季節へは何段階か先がありますが。畑の野菜はだいぶ少なくなってきてきました。一日中、畑の土が凍っている日もあります。そういえば、18日にやっと今年のジャガイモを掘り終わりました!大体、7月か8月に掘ってしまうものだろうから、こんな時期までやっている農家はほとんど無いと思います。なのでこんなことを書くこと自体恥ずかしいことなのかもしれませんが、まぁ掘り終わってとても嬉しいです。うちのジャガイモは全て、手で掘っています。今年はかなり草取りをがんばれて、収量が過去最高です。予想外に採れすぎたので、現在在庫がありすぎて困っているほどです(笑)。もし多めに、もしくはもっとかなり大量にほしい方がいらっしゃいましたら、お伝えください。自分たちの食料としても、これだけ採れてくれて大変ありがたいです。去年は色々とうまく育ちませんでしたがジャガイモもそうでした。僕らは農業に関してもともと全く素人なので、大きな間違いをしていたり、大きな失敗をすることもたくさんあります。むしろ他の農家さんから見ればやっていることのほとんどが失敗、みたいな感じかもしれません。それに加えて農業は天候にも大きく左右されるし、僕らのように多品目でやっていると、一つ一つの野菜に対する管理は甘くなりがちだし、知識や技術の蓄積もどうしても遅くなると思います。さらには、その9年の間に子供を3人授かっているので、僕らの暮らしはその人たちとの暮らしでもあり、2人で畑ばかり見ているわけにもいきません。そんな僕らなので、採れて当たり前、という感覚は全くないし、農園を始めて9回目のシーズンの終わりが近づいてきて、色々な進歩はもちろんありましたが、今もど素人です。自然と、周りの人や友人たち、買って支えてくれている皆さん、たくさんのものや人に支えられて、なんとかやっています。田畑からの収穫のすべてが、心よりありがたいです。
 僕らは自分たちの未熟さがあるので余計に安定していない部分が大きいですが、たとえそこの技術や知識や労働が伴っていたとしても、田畑の上はやはり不安定なものだと思います。立派に育っても、全て獣に食べられることだってあるし、極端な大雨とか干ばつなどがあれば無事では済まないし、場合によっては洪水で畑ごと流されたり、土砂で埋まったりすることだってあるわけです。毎年、そんなニュースがこの国のどこかであるし、世界中で昔も今も、そして未来にもあることだと思います。当たり前の収穫などどこにもないわけで、だから当たり前の食べ物なんてこの世界にはないということです。僕らはいつでもどこでも食べ物が買えて、水はいつでも蛇口から出てきて使えますが、それは実際は様々な面で、とても不安定な要素を抱えているし、当たり前ではなく本当に「ありがたい」ものだと思います。 健

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。