ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

08/23のツイートまとめ

Komiken_

@chidarin 辛いときは辛いと思ったり言ったりしてその気持ちを受け入れたのち、笑うのが好みです。
08-23 21:48

→「生産者を守りつつ汚染をなるべく体内に摂り入れない」ってことは可能なんじゃないかと思う。
08-23 02:12

→だから、健康の観点から言えば大人も摂るべきじゃないと思う。ただ小出さんの「生産者の為にも少なからず責任のある大人が食べてください」っていう小出さんの主張は筋が通ってるものでもあると思う。一方、よほど汚染がひどくなければ、一部のものを除いて食べ物に汚染は移行しないから→
08-23 02:10

→放射能の被害による症状は「ガンで死亡」だけじゃないから、例えば60歳以上は「たくさん放射線を浴びてもガンにならない」って事実は「60歳以上は放射能に対して感受性がない」ってのとイコールじゃない。どんな被害があるか、実際はわからない。証明のしようもないんだけど。
08-23 02:08

放射能の感受性について、これは小出さんの影響が大きいんじゃないかと思うんだけど、「子供は気をつけなければいけないけど、大人は大丈夫」って思ってる人がすごく多いんじゃないかと思います。でも、小出さんはその感受性を「ガンで死亡」の場合からのみ考えているようだから、疑問。→
08-23 02:02

スポンサーサイト

08/20のツイートまとめ

Komiken_

@kirsche818 そういう問題あるよねぇ。今度こっち、すぐ近くに「森の幼稚園」ってのができる。長女そこへ行く予定。弁当持参だから(それも大変だが)給食の心配はないけど。
08-20 00:10

08/17のツイートまとめ

Komiken_

→今は、深く関わる二人の小さい娘がいるから、自分が彼女たちの「良い環境」になれるように全力を尽くしたいと思う。僕は全然まだまだ、未熟だけど。というか未熟だから、がんばらなくっちゃね。
08-17 22:07

→幼少期の環境を整えることが、たぶん手っ取り早いし最重要だと思うけど、大人になってから「傷」を癒して例えば攻撃的な人格から平和的な人格へ変わることは不可能じゃない。って自分の体験から思う。→
08-17 22:04

→僕の場合もそれなりに苦しい心の構造を持っていたけど、まずパートナーとの出会いは大きかったし、ティク・ナット・ハンの本との出会いがあって、仏教におけるマインドフルネスの実践と出会えた。未だ、色々な不自由さはあるけど、格段に自由になったし、幸せにもなった。→
08-17 22:02

→幼少期に大きな傷のようなものをかかえてしまった場合、それを癒すのはすごく難しいし、厄介なものだと思うけど、出会いに恵まれればきっとなんとかなる。→
08-17 21:59

→だから、「平和」な存在になる為には、幼少期の環境ってのはすごく重要だと思う。逆に言うとそれがいちばん手っ取り早い気がする。→
08-17 21:57

→親がそばにいなかったり、ペットだったら人間がきちんと近くで世話しなかったりすると、攻撃的な性格になりがちなんじゃないかと思う。
08-17 21:55

「平和」ってのは曖昧でつかみにくい言葉でもあると思うんだけど、ひとつ、個人の平和ってのは生まれてから子供のときに、安全だと感じるとか、守られていると感じるとか、大切にされている、愛されていると感じることによって育まれるんじゃないかと思う。動物とかも、環境が厳しかったり、→
08-17 21:54

08/01のツイートまとめ

Komiken_

@kerokero100show ですよね!(笑)それぞれの選手の努力云々はもちろん尊いと思うけど、いくら才能があって努力したとしても、お金が無ければメダルは獲れないってのが、現実ですね。
08-01 23:12

バタフライで銅メダル獲った松田選手の記事で、「トップアスリートは遠征費用とかで年間2000万円くらい必要」とか書いてあったけど、それお金少ない国の選手は世界のトップアスリートになれないじゃん。
08-01 22:27

スポーツ見るのは大好きだけど、オリンピックとか大きな大会の持つ環境負荷やらお金の問題やら、負の側面も見逃せないぜ。
08-01 22:25

メダル数=GDP順の現在。
08-01 22:24

FC2Ad