ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ農園 今日の献立(5月30日夜)

昨日で今シーズン3回目の出荷!その後の夕食の写真でござる。


玄米含めてほぼひとつぶ農園産。葉物の季節です。標高が高い(畑は1000メートル前後)のこの土地では、まだ収穫できるのは葉っぱばかり。毎日大量に、美味しく食べてます。ありがたくいただいております。基本的に葉っぱを大きなお鍋で湯がいて、何かと和えたりっていうのが主ですね昨日は。料理人はパートナーのゆっこ氏です。料理をする人は最大限の感謝をされてしかるべきですが、それは大地とお日様と世界の全てにも向けられるべき感謝ですね。ありがとう。ありがとう。「いただきます」って言葉も素敵だなと思います。

ちなみに調味料は海の精の塩と醤油(生しぼり)とか、有機オリーブオイルとか。きゃらぶきには有機三州みりんとてんさい糖(これは有機じゃない)も入っております。

では内容を軽く説明。
玄米ご飯(自家産)
こかぶとその葉っぱのスープ(味は味噌と塩)(味噌も自家製だけど材料は知り合いの有機農家さん)
春菊の唐辛子醤油和え(娘があまり春菊好きではないので辛い味付けで大人用)
ほうれん草と人参のナムル(人参はもらったもの。味は塩とオリーブオイル)
きゃらぶき(畑の脇に自生している野蕗の佃煮)
こかぶとラディッシュ蒸し(圧力鍋使用)(そのままで食べる。添えてあるのはセロリのベビーリーフ)
小松菜のおひたし(味は醤油。のせてあるのは料理の決め手っていう三種削り節)

って感じです。どれも美味しかった!ちなみに都会の一般家庭ではおそらくお目にかからないくらいの大量の葉っぱの量ですが、家族みんなで、一食で平らげます。
スポンサーサイト

テーマ:家庭料理 - ジャンル:ブログ

パンと本


最近はよくパンを焼きます。ちょっと前までひとつぶ農園産の小麦粉でやってたけど、今きらしているので現在は佐久の方が栽培した有機小麦の粉で焼いています。原材料は粉と水と塩。酵母は、もらった「白神・こだま酵母」をかけついで使っていましたが、昨日焼いたのは自分のところで粉と水から育てた酵母です。美味しいです。
ピース851パン2013年5月28日

本を見ながら作ったりしてるけど、例えば発酵に頭がいってるときは発酵のとこしか頭に入らなかったりする。あと、何のことを言ってるのかわからなくて勝手に読み飛ばしたりしてる場合もある。ちゃんと読めば全部書いてあって、そのとおりにやればうまくいくにも関わらず、「読んでいても読めない」みたいなことが常に起こってる。実際にやってみて、また読むっていうのを繰り返すのがすごく大事だなと思う。パンに限らないです。

パンだけじゃなくって、自分の置かれてる状況とか自分の持っている能力次第で、本の内容はどんどん変わっていくんですよね。自分の中で発見があって、本を見返してみると、「あ、ここに書いてあるじゃん」ってこともよくあります。いい本に出会えれば、一生付き合えると思います。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

05/26のツイートまとめ

Komiken_

今日はうちの両親が練馬から手伝いにきてくれてだいぶ農作業もはかどりました!育苗ハウスの中の踏み込み温床などを一斉撤去したのちミニトマト定植。わっしょーい。雨まだかな~。
05-26 22:35

ひとつぶ便り(129号)

では今週のひとつぶ便りを載せます。今回は葉っぱもののことを書いた方がいいなぁという反省が。もちろん色々な作業があって葉物野菜も育つんだけど、実ものに比べると期間も手間も少なめで、さらに今は基本的に収穫だけの作業なので、あまり意識がいかないという事情。まだ入ってないトマトのことよりセットに入っている野菜のことをもっと書いた方がよいですねきっと。次回は、もう少し書こうっと。

ひとつぶ便り 129号(2013年5月24日便)

 いつもありがとうございます。今シーズン2度目の出荷ですが、今回のお届けが最初の方もたくさんいらっしゃいますね。今シーズンもよろしくお願いします!このところ暑い日が続いています。今日(21日)も炎天下!最低気温はこちらの方がかなり低いですが、最高気温は東京などとそれ程変わらないかと思います。このあたりの地域は一年を通して空気がかなり乾燥しているので、体感的には湿度の高いところと比べてだいぶ楽だと思いますが、それでも一日外にいるとそれだけで消耗します。今も、眠くて眠くてどうしようもなく、横になって少し寝たらだいぶ目が覚めました。日が暮れるのもだいぶ遅くなって、「まだ明るいから」と畑で仕事をしていると、あっという間に7時。という感じ。田んぼや畑や雨やお日様の都合に動かされる毎日。なかなか、いいものです。

ここ一週間の農作業
 この時期は、3月から順次、育苗ハウスで育てている野菜の苗たちをどんどん植え付けます。先週の出荷のあとは、まずパイプハウスの中にトマト、ミニトマトの定植、畑になすの定植、といったことをしています。トマトは苗の段階からトマト特有の匂いがします。この匂いを嗅ぐと、会津でひたすらミニトマトを育てていたとき(研修)のことを思い出したりします。ピーマンやかぼちゃなどは畑に植えられるのをまだかまだかと待っているところ!今日は彼らが植えられる予定の畑をトラクターで耕していました。
ちなみに、トマト、ナス、ピーマンなどはまずトレー(育苗箱)に播種→小さいポットに一本一本鉢上げ→大きいポットに鉢増し→畑に定植、というような流れです。播種は3月後半。収穫まで、まだまだこれから色々お世話があります。僕らは目の前の作業をしているだけですが、こうして作業全体を考えてみると、なかなか大変なことをしている気がします(笑)。
それとこの間、とうもろこしの種まきなどもやっています。他にも色々。田んぼの準備も着々と進めています。

田んぼのこと
 少し、田んぼのことを書きます。僕らは主に自家用のうるち米と、年末に皆さんにお届けするお餅便の為のもち米を育てています。どうしても目先の野菜の管理に追われてお米は後回しになりがちだし、わからない、うまくいかないことも多いのですが、それでも毎年やっています。畑に関してもそんなところがありますが、「全く何もわからない」ところから「何がわからないかちょっとわかる」くらいになってきたかと思います。僕らはどちらも農家出身ではないし、例えば地元の人たちや農業者には「常識」だと思っているような事柄も、もともと全然知らないわけです。今日もやりましたが、田んぼの「代掻き(しろかき)」という作業があります。農に携わるまで、僕は言葉すら知りませんでした。今は僕の中でも「常識」のレベルなので、「代掻きも知らないの?」ぐらいなものですが(笑)。「代掻き」は、トラクターや耕運機(もしくは足で踏んだり)で水を乗せた田んぼの表面をかき混ぜて、平らにして、トロトロの層を作って、他の底から水が漏れないようにする作業で、特に粘土系ではないこの辺りの土ではとても重要なのだと思います。やらないと田んぼに水がたまりません。やらなければ全て地面か畦(畦塗りかシートを張る作業が必要)から漏れていきます。水がたまらず、例えばずっと水路から水を入れ続けるとなると、水温が全く上がらず、ただでさえ水温の上がりにくい(標高1000メートル前後の)この地域では、お米はとてもできません。「田んぼ」と一口に言っても、人が何もしなければ田んぼにはなりません。稲を田んぼに植える前の、畦塗りや代掻きといった作業が、田んぼを田んぼたらしめるために必要なわけです。毎年やらないと意味がなく、毎年やります。
 僕らの住んでいるのは山間地で、畑も田んぼも何年か放っておけば、たちまち草が生え木が生えてきて、森に還っていってしまいます。今ある畑も田んぼは、人が拓き、毎年何かを作ったり草を刈ったり耕したりすることで、つないできたものです。尊さを感じます。耕作放棄地はたくさん見かけますが、本当に、もったいないことです。

子どもたちのこと
 最近、次女花野(かや)ちゃん(もうすぐ11ヶ月)は立つのが上手になり、何かにつかまらなくても立っている姿をよく見ます。楽しそう。そしてお姉ちゃんの葉菜(はな)ちゃん(今月4歳)もこのくらいの時そうでしたが、何か意味はわからないけど雄弁に語っています。葉菜ちゃんは現在も意味のわからないことを喋ります(笑)。わざと意味不明なことを言うのが好きみたいです。もちろん言葉を話す能力、聞く能力はどんどん高まっていて、ふつうに会話していて楽しいです。
 葉菜ちゃんは、そういう名前にも関わらず(笑)、一時期葉ものの野菜をあまり食べませんでしたが、最近は美味しそうによく食べています。ちなみに葉ものが多いこの時期、皆さんにお届けするセットより遥かに多い葉っぱがうちにあるので、一汁三菜ぐらいで三菜全部葉っぱ(野菜の種類、料理のバリエーションは色々)で味噌汁かスープにも葉もの、みたいな食卓です。そういえば、「主菜」と言えば肉や魚を指すのが一般的になっていますが、うちでは野菜。「副菜」も野菜。そもそも「菜」なのだから、それが本来な気がしますけど。緑の食卓を堪能する毎日です。

 お野菜便のお客さんは随時募集しています。送料込み2000円程度のお試しパックも始めたので、周りにお野菜好きの方がいらしたら、是非お勧めください。         健

ご連絡は0267-88-4582(電話とファックス)
info○1-tsubu.com(メール。○を@に)
名前と住所と電話番号と希望の時間帯さえ教えていただければ、こちらは送れます。毎週金曜日着で送っているので、いつでもお気軽に声をおかけください。ちなみに支払い方法は、野菜セットに同封しておく振込用紙で郵便局で支払っていただきます。まぁほんと、お気軽にどうぞ!

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

05/19のツイートまとめ

Komiken_

お客さん用に毎週入れている通信を順次公開していくことにしまーす。今シーズンは一昨日(5月16日)(着は17日)から出荷開始!ひとつぶ便り、128号です。http://t.co/1FVurAhxOV
05-19 00:01

05/18のツイートまとめ

Komiken_

最近っていうか長らく全然書いていなかったブログだけど、ヤフーブログのデザインがなんかひどいことになってて(広告の場所)、てっきりそれは記事を書いていないせいかと思って調べてたらそうではないようなので、ブログ引っ越すことに決めました。http://t.co/mlfWxzSIKo
05-18 21:32

ひとつぶ便り 128号

お客さん向けに、「ひとつぶ便り」を毎週発行しています。これからはバックナンバーを公開していこうと思います。一部変更したり訂正したり削除したりもするかな。では、今回の128号(2013年5月17日便)を載せます。今回は今シーズン最初の便ということもあってA4に3枚になりました。昨シーズンまでは概ね1枚にしていましたが、もっと畑のこととか野菜のこととか書きたいなと思いまして、今シーズンは自分の中で枚数に制限を持たせないことにします。ちなみに野菜セットの内訳、レシピ等はパートナーのゆっこちゃんの担当で、イラスト入り、手書きの素敵な通信を書いています。そちらもお見せしたいところですが、スキャンするのが一手間なので気が向いたら載せます。


 
ひとつぶ便り 128号(2013年5月17日便)

 お久しぶりです!今シーズンもよろしくお願いします。例年通り、葉っぱものだらけのお野菜便からスタートします。大変なこともあるかもしれませんが、緑の食卓を堪能してくれたら嬉しいです。
 さて、では少し近況報告など。

家のこと、畑のこと、天候のこと
 前にもお伝えしていますが、昨年末に古民家を購入し引っ越しました。この家で迎える初めての春です。前に住んでいたところより日当たりが格段によく、標高は前より高いのにも関わらず暖かいです。引越しと同時に冬の間もこつこつと建てていたパイプハウスは3月、家の前に完成して、現在そこで育苗をしています。家の前に育苗ハウスがあるというのはすごく便利でありがたい。昨年まで育苗に使っていたハウスは日当たりもいまいちで、隙間だらけ(笑)だったので、育苗の環境はかなりよくなりました。現在、なす、ピーマン、トマト、かぼちゃ、ズッキーニなど夏の実物野菜も着々と大きくなっています。なすやトマトなどは近々畑に定植する予定ですが、まだ霜の心配のあるこの土地です。
 5月に入って、先週くらいまでは朝やたらと冷えていて、時々霜も降りていました。霜注意報は毎日発令。「八十八夜の別れ霜」といって、これは5月2日(立春から88日)頃が霜の降りない目安、という意味の格言ですが、このあたりでは全く当てはまりません。代わりにこのあたりでは二十四節気の「小満(5月21日)」を霜の降りない目安とするようです。ともあれようやく今週からは暖かくなっています。今年は1月、2月は寒く、3月はやたらと暖かく(スキー場で最後まで雪がもつのかという心配がでました)、4月半ばに桜が咲き(普段より2週間ほど早い)、しかし20日に大雪が降り、強い霜も降り、5月はまた寒く、というなかなか激しい天気の変化にさらされています。しかしまぁ、強い霜などで多少の被害はありつつもなんとか野菜たちは育ってくれています。僕らも毎日働いています。生きています。
 最近の農作業としては、トラクターで畑を耕し、畑に直接種や豆をまいたり、ジャガイモを植え付けたり、ハウスの中でトレーや冷床に種をまいて苗を育てたり、稲の苗作りや田んぼの準備もしています。他にも色々とやっています。標高約1000メートルの高冷地であるこの土地では、冬がとても長く夏はとても短いので、この春に作業がぎゅっと集中します。特に僕らは他品目ということもあり色々と、同時進行でやっていきます。なかなかうまくやれている気はしませんが、何がどううまくやれていないのか、少しはわかるようになったのかも、と今思いました。ひとつぶ農園、5年目です。


家族のこと
 家族4人、元気に仲良くやっています。
長女・葉菜(はな)は今月8日に4歳になりました。相変わらず、愉快で素敵です。色々と自分でできることも増えてきて、畑で水やりとか、料理とか、手伝いもしてくれます。花野ちゃんの面倒も見てくれたりします。まぁしかし、何かができるようになるというのはとても素晴らしいことですが、そこで、「何かができるから自分の存在が肯定される」というような考えは、持たないでほしいなと思っています。「すごいね」ということより「愛してる」ということを伝えたいのです。絶対的に「愛されている」という実感の土台の上に、色々な能力を伸ばしていってほしいなと思います。僕はもっと、自分の中にある優しさやら洞察力やらを全開にして、子どもたちや色々な人やものに接していきたいです。
 次女・花野(かや)は10ヵ月。寝返りが打てるようになってからも寝返りもあまり打たず、どっしりして穏やかでマイペースな印象だったのですが、つかまり立ちやはいはいをし始めたらとたんにやる気顔になりました。やる気満々な感じ。最近のハイハイは明らかに走っています。そして花野ちゃんは、不満があると、泣くのではなく、怒ります(笑)。葉菜ちゃんは、今もですが何か嫌なことがあると「嘆く」感じで、「怒る」という表現はあまり合いません。姉妹で色々と全然違っておもしろいです。ときどきもめていることもありますが、姉妹仲良くやっています。葉菜ちゃんは平日は毎日2時半まで幼稚園に通い、花野ちゃんはよく近くに住む義父、祐二さんの家に預けます。花野ちゃんは祐二さんを大好きで、信頼しきっているようです。この時期、葉菜ちゃんはずっとおっぱいを飲んでいるような感じでしたが花野ちゃんはあまり飲みたがりません。食欲は旺盛かな。とにかくかわいいです。とても。
 ゆっこさんは去年のようにお腹が大きくないのでわしわし働いています。いや去年も割りとわしわし働いてましたね。まぁ親子も夫婦もすこぶる仲良くやっております。
 僕は、3月いっぱいまではスキー場で働いていて、その休みの日に農作業という感じの日々でした。今年は2月は長年いる人も驚くほどの積雪量があったにも関わらず、3月は何しろ暖かかったのであっという間に雪は解けていきました。そして営業が終了する月末にはあちこち水溜りや土が見える始末・・・。と、スキー場としては嘆かわしい状況は、畑の雪解けが早くて農家としては嬉しい、という状況なわけでした。
 個人的なことでは最近パンをよく焼いています。うちの畑で採れた小麦の粉で、焼いています。昨年末にガスレンジの上に置くタイプのオーブン(天火オーブンとか呼ばれるようです)を入手したので、発酵パンも焼けるようになりました。天然酵母は「白神こだま酵母」というのをかけついで使っています。それと別に今、粉と水から酵母を起こしてみています。小麦粉と水を混ぜて、何日かに一度粉と水を足して、というふうに一ヶ月くらい育てていく方法。だいぶ、いい香りがして気泡が入り始めています。この前試しにその酵母で焼いてみましたが、一応膨らんだけど、まだちょっと力が足りなそう。もうちょっと育ててから使った方がいいかなという感じ。とても楽しんで焼いていますが、「お米が足りなそうだから小麦をもっと食べよう」という動機も大きいところ(笑)。趣味ではなく生活の一部です。だから、余計に楽しいかもしれません。何より自分たちの育てた小麦でパンが焼けるのは嬉しいことです。色々とヘタクソだったり発酵の時間がとれなかったりであまり格好のいいパンにならないことが多いですが素材の良さか、味は格別に美味しい。食感もなかなかよくて、花野ちゃんも喜んで食べています。

お客さん募集中!
 ところで・・・皆さんに支えられて僕らは生きていますが、僕らが暮らしていくのに充分なお金が、まだ稼げていないのが現状です。新規就農者に対する補助金などで、なんとか凌いでいる感じ。そして野菜は余り気味。というわけで、お客さんは随時、募集しています。今週のように葉ものばかりだったり、金銭面の問題だったり、なかなか他の人には勧めにくい、みたいなこともあるかもしれませんが、お試しセットは送料込みで2000円程度からご用意できます。興味のありそうな方が周りにいらしたら、是非声をかけて頂けると嬉しいです。単発で、例えば誰かに贈り物として送りたい、などというのも可能ですので、お気軽にご利用ください。
また、対応できることばかりではないかもしれませんが、もっとこうしてみたら?という点を、どんなことでも教えていただけると幸いです。メール(info◎1-tsubu.com)(←◎を@に変えてください)でも電話(0267-88-4582)でも、FAX(同)でも何でもいいので。
 今シーズンもがんばります。よろしくお願いします。

テーマ:農業 - ジャンル:ブログ

引っ越しました(現実)

引っ越しましたといえば、昨年末に同じ町というか旧八千穂村内で引っ越しました(購入で)。家の前と横に畑もついてきてそこに育苗ハウスを建てて、家の前で育苗できるようになったので、育苗環境が今までと比べてすごく快適です。

野菜の苗作り、稲の苗作り、畑の準備、田んぼの準備、種まき、とにかくまぁこの時期は色々と作業が集中していて、一昨日から出荷も始まったので、てんやわんやです。
ところで「忙しい」の「忙」というのは「心を亡くす」を書くわけですが、ちょっとおもしろいなと思います。心に重点を置いた表現。「忙」という字を見ると、「いそがしい」というのは作業的な問題、身体的な問題ではなく、心がどういう状態かなのかってことなのかと思うのです。どれだけ大変な状況でも、心を亡くさないように、つまり「忙しく」ならないようにしたいなと思います。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

引っ越しました。

ブログ、ヤフーでやってましたが(しばらく全く書いてませんでしたが・・・)、なにやら広告が上の方にやたらとうるさく表示される仕様になったそうで、FC2に引っ越してきました。記事書いてなかったからそういうふうになっていて、書けば広告が消えるものなのかと思っていたらそうではなく、毎日書いてる人のブログでも上段にでかでかと広告が。もともと広告がうるさくなかったからヤフー使ってたのに、その点でメリット消滅。あと、ヤフーは商用不可ってことなので、農園のブログとしては向きませんね。

と、いうことで、ひとつぶ農園のブログ、こちらに引っ越しです。よろしくお願いします。

05/17のツイートまとめ

Komiken_

@yunaraki 喜んでいただけて嬉しいです。葉物祭りですが・・・(笑)。ありがとうございます!
05-17 22:27

05/15のツイートまとめ

Komiken_

っていうのは全然関係ないんだけど出荷始まります。まだ葉ものだらけのセットなので、葉っぱがあれば生きていけるとか、むかし青虫だったことがあるとか言う人は必ずご連絡ください。金曜着です。最初は送料込みで3000円くらいかしら。
05-15 23:24

そのとき、交渉に行った将棋指しの升田氏(とても強い人)は「まずビールを一杯よこせ」と言ったのち、「将棋の盤上では誰も死なない」とか、「チェスでは自分(キング)の命が危なくなれば女(クイーン)に隠れてでも逃げるじゃないか」とか色々言って結局将棋はルール変更なしでOKになったってお話
05-15 23:20

そして、戦後、GHQに「将棋は取った駒を使う(チェスは使えない)が、それは捕虜の虐待ではないか」とかイチャモンつけられて、将棋のルール変えられそうになったという話を思い出した。、
05-15 23:16

女王といえばチェスのクイーンは最強の駒。将棋でいちばん動きの大きい飛車と角の動きを合わせた動き。つまり将棋には存在しない派手な動きができるわけですな。キングのしょぼい動きと比べると、ちょっとウケる。
05-15 23:08

近頃アシナガバチとかの女王バチさんたちが家を鋭意建設中ですね。孤独に冬を越し、家を建て、子どもを産み、そして死んでいく彼女たちを「女王」というのはだいぶ違和感ある。いや、でも最大限の敬意を示した名前なんだろうか。英語でも女王バチっていうのかな。それだとまた、違ってくるね。
05-15 23:03

FC2Ad