ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 204号


ひとつぶ便り204号(2015年5月15日便)

 いつもありがとうございます。今回からの方、今シーズンもよろしくお願いします!
 このところ、雨と晴れのバランスが良い感じです。まとめて雨、で土が湿りすぎ、まとめて晴れて乾きすぎ、というようなことも多いので、こうバランスよく来てくれると本当にありがたいです。農作業もやりやすい。15日には僕らの住んでいるこの標高900~1000くらいのあたりでもカッコウが鳴きました。霜が降りない目安とされるのがカッコウの初鳴き。100%確実というわけではないでしょうが、信頼性は高い印象。佐久地域の霜が降りない目安とされる小満は21日でいずれもうすぐだし、週間予報などを見ても気温が急激に下がる日は無さそうなので、ナスやズッキーニ、カボチャ、トマト等々、霜に当たればやられてしまうものたちをどんどん植えつけています。例えばナスやトマトは3月下旬に種を播き、育苗ハウスの中に作った踏み込み温床(落ち葉と米糠を発酵させて熱を出す昔ながらの方法)の上で大切に育ててきたものです。「苗はいい」というのが織座農園(僕らの元研修先)のキャッチコピーで(笑)、そこで3年学んだゆっこさんも苗づくりはたぶん上手。地元の人にも褒められることもしばしば。苗はいいんです。逆に畑に出てからの技術はいまいちで、僕らもその傾向は受け継いでしまっています。まぁ少しずつですがかなり改善もしてきたし、これからもしていきます。基本的なことでやれる工夫すら、未だ膨大にある気がします。精進します。
 予報になかったけど今夜(20日)、雨だ!なんか雷もビカビカ。昼間は真夏並に暑くて、昨日植えたナスが少しかわいそうだったので、この雨もとてもありがたいです。今日も良い天気。

今週の野菜セット
 育苗ハウスの一部で作っている葉ものたちだけでなく、露地のものも少しずつ育ってきました!今回はラディッシュやチンゲン菜が初物。露地に播いたものたちは4月中旬からだいぶ雨が降らなかったのでなかなか大きくならない感じでしたが、このところ雨にも恵まれているので大きくなってきました。
 ハウスの小松菜や水菜、ベストな状態をやや過ぎていたりしますが、まだまだ美味しいので是非お召し上がりください。この時期は葉ものばかりの葉もの祭りです。
 
娘たちのこと
6歳になった葉菜(はな)ちゃんと、6月に3歳になる(まだ2歳)の花野(かや)ちゃん。最近はよく畑にも一緒に行きます。今日(20日)は僕だけ別の畑で作業していたのでゆっこさんと娘たちの3人が一緒に畑へ。ひょうたんの種を播いたり、ズッキーニの種を播いたり、子どもたち2人もかなり手伝ってくれたようです。彼女たちがやれそうな仕事は一応誘ってみて、気が向いた時は手伝ってもらう感じです。強制はしたくありませんが、畑のある生活の楽しさは、しっかり味わってほしいなと思います。
2人は家でも外でも、仲良く遊ぶのとケンカするのとを短い間隔で繰り返すようなことをしていますが、とにかく2人で一緒にいます。2人で遊んでいてくれるので、親としては去年とかと比べてかなり楽です。畑とか田んぼではカエルを探したり捕まえたり、花を愛でたり摘んだりして遊んでいます。まぁ「早く帰ろうよ~」とすぐに言いだすことも多いですが…。そんなタイミングで丁度おやつだったりすると、また農作業の時間が稼げます(笑)。

葉菜ちゃんはだいぶ長かった「アナと雪の女王」ブームが冷めてきて、最近はラプンツェルの方が好きらしいです。同じディズニーですが、順番的に古い方に遡りましたね。そんなわけで葉菜ちゃん専用風呂敷を何枚もつなげて、ラプンツェルの長い髪を作っています。この前まではエルサのドレスとして使っていました。風呂敷万能。素晴らしい。何か特定のキャラクターグッズとか本とか、そういうのはブームが終わればその人の中で全く価値の無いものになるけど、風呂敷は色んなニーズに対応できる上、子どもが飽きたら大人も使えるし、場所もとらないし、ってなんで風呂敷の宣伝みたいなことをしているのかわかりませんが(笑)、おもちゃとかって、こういうものがいいなと思います。人の想像力一つで何にでもなるようなものが。積木とかもそういうものかと思います。
例えば映像は刺激的だから、一度そういうものに触れたらまた見たくなるのは自然なことかと思いますが、「感覚の刺激こそが幸せ」のように考えるのは間違いだと思うし、そう思って刺激ばかり求めるのは実は苦しいことだと思います。実際、「快感=幸せ」というふうに思っている人が世の中にすごく多い気もするし、そう思う人が子どもたちにそれを教えようとするのもまた自然な流れですが、間違いだと思います。幸せは、今この場所にあります。いつ、どこで、何をしていようとも、それは感じられるものです。子ども達に必要な「物」はそう多くないかと。何かを持つのなら、いいものを選びたいです。自分たちで選べるようになって欲しいとも思います。目先の刺激やコストパフォーマンスではなく、真に使う人のことを考えられているようなおもちゃや道具、深められた技術によって作られた何か、例えばそういうものは、素敵だなと思うし、美しいと思うし、そういうのがいいものだと思います。

原宿行ってきました。
 農作業が色々集中していて大変忙しい時期なんですが、今月10日、ちょっと一人で原宿に行ってきました。「Wake Up!」という若者中心の一日瞑想会ってのがあったので、それに参加してきました。前にも何度か書いていますが、僕はティク・ナット・ハンという禅僧・詩人が大好きで、彼の本を参考に、仏教や、仏教が伝えるマインドフルネスの実践をしています。今年は来日ツアーが予定されていたのですが本人(88歳)は体調を崩して来られず、その高弟たちがたくさん来日していました。今回の瞑想会もその一環。Wake Upという若者中心のこうした集まりは、イギリスとかアメリカではポピュラーらしい。
 ティク・ナット・ハンや彼のコミュニティが実践しているものは、仏教がベースですが仏教自体がそもそも宗教的な何かではないので、キリスト教の人もイスラム教の人も、共同体の一員としてふつうにいるようです。マインドフルネスというのは、「今ここ」を生きる実践。呼吸をしていることに、食べているときは食べていることに、歩いている時は歩いていることに、座っている時は座っていることに気づく実践、自覚する実践。というわけで、瞑想会といっても特別なことをするわけではなく、みんなで座ったり、食べたり、横になってくつろいだり、というのをより意識的に行う、というようなこと。新しい友達もできて、日々の実践への更なる意欲をもらえました。呼吸に気づき、微笑む。おススメですよ。  健

スポンサーサイト

ひとつぶ便り 203号

今日もお越しいただきありがとうございます。そしてカッコウは鳴き、霜はいよいよ降りなくなったろうか、というところで寒さに弱いものたちも畑に植えつけ始めました。今日はナス。

出荷始まってます。ご注文もお待ちしております!
では、先週のひとつぶ便り。

ひとつぶ便り 203号(2015年5月15日便)

 いつもありがとうございます。今週からお送りする方、今シーズンもよろしくお願いします!
4月の後半からはやたら暑く、雨も降らず、朝の冷え込みもあまりなく、このあたりではまだまだ霜が降りる時期なのに、全然降りていませんでした。が、11日の朝はかなり冷え込んで、結構強めの霜が降りました。久し振りに朝ストーブを焚きました。野菜たちは、寒さに弱いものたちには不織布を掛けてあったり、まだ育苗ハウスの中でぬくぬくしていたりなので、特に被害はありません。最近の新聞記事で知りましたが「八十八夜の別れ霜」に続き、「九十九夜の泣き霜」って言うらしいです。霜の降りない目安として、八十八夜(5月2日)の方はかなり有名だと思いますが、それで油断しててやられる、っていうのが九十九夜(5月13日)の方だそうで。しかしまぁ僕らの住む佐久地域は寒いところなので、霜の降りない目安は二十四節季の「小満」の頃と言われます。5月21日頃。実際、桜の咲く時期も東京と比べて2週間から20日ぐらいの違いがあります。なかなか寒い地域なのです。霜が降りない目安として、日付の他には「カッコウが鳴いたら」というのも良く聞きます。実際カッコウに任せておけば大体、大丈夫かと思います(笑)。まだ鳴きません。

最近の農作業
 ナス、ピーマン、トマト等々の夏の実もの野菜や、キャベツやブロッコリー等の苗のお世話は毎日の仕事。主にゆっこさんがやっております。これから霜の心配が無くなれば、その実ものたちを一斉に畑に植えつけていくので、その畑の準備を進めています。僕は結構トラクターに乗ってる日も多いです。草をバラバラにしたり、耕したり。近場の畑ばかりではないので、移動に結構時間がとられたりします。稲の苗の管理とか、田んぼの準備もやっています。今は代掻きの時期。田植えも周りの農家さんはぼちぼち始めていますが、うちはもうちょっと先。うちはなぜか今年、稲の苗の発芽が悪くて悲鳴をあげています。ひぃぃぃ!
 草もどんどん伸びてくる時期になってきたので刈払機で草刈りもちょっとずつしたり、既に種を播いたり植えたりしている野菜の周りの草はホーとか三角ホ~とか「削っ太郎」(商品名)とか色んな農具でとったりもしています。冬が長く、夏が短いため、田んぼ、畑の準備はこの時期に集中してきます。毎年大変なこの時期です。まぁ、ここ数年は気持ち的にはなぜか余裕でやっています(笑)。

今週の野菜セット
 今週も葉っぱもの中心のセットです。最近は少し涼しいのですが、先週くらいまで真夏のように暑かったので、ハウスの中の葉もの野菜たちはだいぶ大きくなったり、トウが立ち始めていたりで、正直ベストコンディションをやや過ぎている感があるものもありますが、とても美味しいことは間違いないのでどうぞお好みの方法でお召し上がりください!
 大量の葉ものと、冬を乗り越えた漬け物などが、今の僕らの食卓です。

葉菜ちゃん6歳
 上の子、葉菜(はな)ちゃんが6歳になりました!現在幼稚園の年長さん。毎日森のようちえんに通い、元気に遊んでいるようです。幼稚園に行く前や帰ってきたあと、休みの日などはよく下の子、花野ちゃん(かや・2歳)と家の中でも外でもよく遊んでいます。遊んだり、ケンカしたりしています(笑)。最近は畑も結構一緒に行ったりして、2人ともたまに手伝ってくれたりします。カエルを探したり、花を摘んだり、軽トラに登ったり、色々なことをして遊んでいます。割とすぐ帰りたいとも言いだしますが。
 6歳のプレゼントに、自転車を贈ったので、家の近くの、見通しが良く車があまり通らず、平らな(←珍しい)道で練習しています。まだ乗れませんが、すぐ乗れるようになるのでしょう。上達早いですね。ところでまだバランスが不安定な葉菜ちゃんを見ていて、何かこれ覚えがあるなと思って、自分が自転車乗り始めた頃のことかな、と思ったのですがどうやらそうではなく、思い出したのはスノーボードの経験。怖がれば怖がるほどに重心が転びやすい場所に行ってしまう感じが、見ていてすごく分かる気がしました。自転車に乗れることってすごいことだとわかります。そして、これ、もうちょっと前には「立つ」とか「歩く」、ということでやっていた経験だと思います。どこに重心を置き、いかに転ばずに、前に進むか。今、世の中で歩ける全ての人が体験したことのある初めの一歩。それを日々研究し、鍛えあげたその日々があるから今があるわけですが、この新しいことを会得していく喜びって、たまらなく楽しいものだと思います。赤ちゃんから子どもと呼ばれるようになる頃までに、既に獲得している能力(例えば立つとか歩くとか、基本的なコミュニケーション能力)は、大人になってもずっと使っているものですが、これは小さい頃、脳の機能が最高な時に、来る日も来る日も積み重ねた経験と努力あってのもの。そこの部分に触れられる時、何かすごくムズムズするような、楽しい気持ちになります。あの頃の吸収する能力はもう無いけど、そんなふうに今も、積み重ねていきたいなと思います。

 とまぁ話逸れました。葉菜ちゃんは6歳。周りに色んなものがあふれているこの世の中で、「良いもの」に触れて欲しいなと最近よく思います。言葉で定義するの、難しいですが、どういうものが「良いもの」っていうのはわかるようになってきた気がします。何か、自信があります(笑)。例えば「お金を稼ぐ」ということが主な目的で作られた何かより、その人が好きで、楽しんで作られた何かの方が、遥かに美しいと思うのです。「こうしなければいけない」という動機で作られているものより、「こうしたい」という思いから作られているものの方が、美しいと思うのです。美しいものに触れて欲しいと思います。本当のことに触れて欲しいと思います。嘘も、デタラメなことも、世の中に蔓延しているけど、そういうものではなく、本当のことに、そういう言葉に、そういう何かに、触れて欲しいなと思います。
大地に種を播いて、太陽とか雨とか、土の中の生き物とか人間とか、全ての自然が関わって、植物が育ちます。これは本当のことです。でも大地に種を播いて、水もなく、何の助けも無く、植物は育つことができる、というのならこれは嘘です。自分で確認せずに、(植物のことではこんなこと言わないけど)あらゆる分野でこういうレベルの嘘を言う人がたくさんいて、そういう嘘が蔓延しているのがこの世界、社会だと思います。子ども達には、本当のことに触れて、それがどういうものか、見分けられるようになって欲しいなと思います。僕もそういうものに、人に、たくさん出会いたいし、自分がそういう存在でいられたらなと強く思います。葉菜ちゃんいつもありがとう!おめでとう!これからもよろしく!  健

ひとつぶ便り 202号

お久し振りです。今日もお越しいただきありがとうございます。日曜は原宿の神宮橋で瞑想したりしてきたんですが、そのへんのことはまた次のに書こうかな。

今シーズンもお野菜セットが始まったので、それに同梱される「ひとつぶ便り」も再開ってわけです。またよろしくお願いします。

季節外れの台風は暴風と恵みの雨をもたらしてくれました。畑はだいぶ潤いました。土はほんとものすごく乾いていたのでこれでやっと丁度いいぐらいの湿り気です。ありがたし。では先週のひとつぶ便りです。

ひとつぶ便り 202号(2015年5月8日便)
 お久しぶりです!2015~2016シーズンの初出荷です。また皆さんに食べて頂けて嬉しいです。ありがとうございます。今シーズンもよろしくお願いします!
 毎日暑いですね。僕らの住んでいるところは標高も高く、冷涼な気候が特徴ですが、4月後半からやたら暑い。夏みたい、というのがあまり大げさじゃありません。日差しが強くて、なかなか体力を奪われます。夜は涼しいですが。
1月末に出荷が終わり、それから今までをちょっと振り返ってみると、2月はまぁ普通に寒かったですが、特に寒い年の冬の気温にはなりませんでした。去年、歴史的な大雪が降り、交通がマヒしたりパイプハウスがつぶされた農家がたくさんあったり、それはもう大変だったので、今年もあるんじゃないかと誰も彼も、少しでもいい勢いで雪が降り始めるとビクビクしていましたが、今年はそこまでの雪は降りませんでした。冬全体としても雪は少なかった印象です。僕は毎日酒蔵で働いていました。吟醸などの細かい仕込みが1月で一段落して、2月はまた量の多いお酒の仕込み。機械や蒸す釜も大きくなるので、大きい仕込みの方が作業は楽です。ゆっこさんと子ども達は、2月は毎年2週間ほどゆっこさんの実家に帰省します。この間、一時的に一人暮らし。寒い八千穂の寒い冬は、酒蔵から帰ってくると家が冷え切っているので結構辛いです(笑)。その他家事とか色々、一人暮らしの人たちへの敬意とか、家族のありがたさを感じる2週間。まぁ、こういう時は友達の家に夕飯食べさせてもらいにいったり、一人暮らしもエンジョイはしていますが、そういえば普段からエンジョイしていないこともないので、やっぱり一人暮らしは僕には大変だな、という結論です(笑)。
3月の気候は今年は比較的暖かく、雪も少なかったです。僕は3月も最後まで酒蔵で働きにいっていましたが、農作業の方もスタート。まずは苗づくりですが、去年の11月に家の前の育苗ハウスのビニールが風で裂けて、全てはがした状態だったので、ハウスの新しいビニール張りから始まりました。その他色々な準備は、ゆっこさんがやったり僕が半日で帰れた時に進めたりしました。また、家のすぐ近くの大きなカラマツが伐られることになって、伐採するのが森林組合のたまたま知り合いの人たちだったので「いるか?」と訊かれたので、いる!ということでもらいました。枝を払ったとても太い木の幹をどーんと家の前の畑に置いていってくれました。チェーンソーで刻もうにも、うちのチェーンソーの刃の長さよりも直径がかなり長く(50~60センチほど)、こんなに太いのは扱ったことがなかったので一目見てできるかどうか不安になりましたが、やってみたら意外とできて、少し自信と技術が身に付きました。5時に酒蔵から帰って、3月はその時間、だいぶ日が伸びて明るくなってきているので、その時間にちょこちょこと刻み、割って、薪づくりをしていました。
3月はよく晴れて、それはもう農作業日和という日が多く、トラクターで耕すのにも適した土の状態でしたが、酒蔵の勤務もあったしまだだな、と思っていたら4月の初めからやたらと雨の日が多く、ひたすら降られて耕すどころではない土の状態になっていました。4月にこんなに降った記憶はありません。先輩農家が「梅雨より降ってる」と言っていました。こちらの梅雨は空梅雨も多くて、毎年それほど降らないことが多いのです。僕らの住んでいる佐久地域は全国有数の日照率を誇る場所。一年通じて、こんなに雨続きということが珍しい。まぁそんなわけでなかなか外での作業ができず、苗の方も最初に播いたレタスなどの発芽が悪く、鉢上げするものがあまりない、というような状況だったのでやることが少なく、僕はせっせとトラクターのオイル交換や爪の交換などにいそしんでいました。オイル交換も爪の交換も、自分でやるのは今回が初めてでしたが、こういうのを自分でやる、と言うといつもお世話になっている農機具屋さんは丁寧に教えてくれて、道具まで貸してくれたりして、非常に助かります。ありがたい。どっちみち、機械のことで色々な部分、お世話にならざるを得ないところはあるので、自分でできる部分は自分でやりたいなと思うところ。忙しい農機具屋さんにもその方が良さそうだし。
4月前半は雨ばかりで、「これは次は日照りがくるんじゃないだろうか」と思っていたら本当にそうで、4月後半から現在まで雨がほとんど降らず、かつ気温が夏のような日照りの毎日。畑もカラカラに乾いていて苦戦気味の野菜も多い感じです。まとめて雨、まとめて日照り、ではなく分散して来てほしいものです。まぁ、まとめてくるのはよくあるパターンな気がします。

アースデイin佐久 2015
4月は他に、アースデイというお祭りを毎年やっていて、今年も実行委員として参加しました。今年はひとつぶ農園としての出店はせず、ゆっこさんと子ども達は遊びにきて、楽しんでいました。僕はサブニュマという西アフリカの太鼓とダンスの集まりで、ステージにも参加。たくさん踊ってきました!楽しかった!アースデイは「地球環境を考える一日」ですが、佐久アースデイとして毎年サブテーマを決めます。今年は「やりたいことをやってるよ」。やるべきこと、やらなくてはいけないこと、だとしてやっていることも日常に多いと思いますが、みんなやりたいことをやっていないからおかしなことになるんじゃないか、って話が出て、その辺から実行委員で話し合っていたら、自分たちは何かしら道を見つけてたり、やりたいことをやっている話ばかりが出てくるので、じゃあそれを見せればいいってことじゃないかってことで、「やりたいことをやってるよ」に決定。これは最終的に僕の出した言葉ですが、熱の乗っているものです。僕ら夫婦もまた農業も、暮らしも、やりたいことをやっています。佐久のアースデイというこのイベントの実行委員は本当に「任意」の人々で、やりたいからやっている人たち。その集まり。参加も不参加も自由です。今年で13回目で、だいぶ大きなイベントになって、大変なことも色々ともちろんありますが、実行委員会は事前の準備も当日も、やりたいことを楽しんでやっています。
 
今週の野菜セット
 例年通り葉もの中心のセットからスタートです。今回は、家の前の畑にある小さなハウスの中で育てたものたちが主。このハウスはこの時期はナスやトマト、キャベツ、他色々な野菜たちの育苗に使っていて、葉ものはその苗たちの隙間で育てています。昨年、このハウスの中にたくさん草やわらなどを入れたので、土もだいぶ良くなってきた感じ。去年よりも健康な土に育っているように見えます。嬉しい。
 生活、農業、子ども達のこと、個人的なこと、目の前には大切にしたいものが色々とありますが、そのどれも、もっと深めていきたいなと思う今日この頃。日々のこと全て、その広さも深さも、自分の想像していた範囲を遥かに超えていることがわかってきました。今シーズンも、よろしくお願いします! 健

FC2Ad