ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 238号

お越しいただきありがとうございます。
色々と植えなきゃいけない苗あり、播かなきゃいけない種あり、田植えもまだ、ということで色々とやってます。今日はカボチャとかピーマンの定植。午前中は苗間にしていた田んぼの最後の代かきをしたんだった。今年の田植えは6月入ってからやることになったなぁ。
草もどんどん刈らなきゃなー!という時期です。今年は0歳児が生活の中にいることもあるし、作業はあんまり間に合ってもいませんが、体も心も基本的にそれほど強くもないのでそれに合わせてやっております。

では先週のひとつぶ便りです。愛の話!

ひとつぶ便り 238号(2016年5月27日便)
 いつもありがとうございます。毎日暑いですね。僕らの暮らしているところは標高1000メートル近いので、夜はそれでも肌寒くなりますが、昼間はとても暑い。湿度は低く、カラっとした暑さが特徴です。  
うちの田植えはまだですが、だいぶ僕らの住む地域の田んぼにも、稲が植わってきました。週末は多くの農家が田植えをしています。うちもそろそろやりたいところですが田んぼの代かきなどの準備もまだ全部できていないので、もう少し先になりそうです。
 トマトやナス、カボチャ、ズッキーニなど夏野菜たちを順次植えていっています。田んぼの準備、畑の準備、色々とやることが集中している時期です。一つ一つしっかりやっていきたいなと思います。春先に播いた露地の葉ものたちもだいぶ大きくなってきました。農作業は夏野菜のことや秋に収穫するお米のことが多いですが、野菜セットはまだまだ葉もの祭りです。よろしくお願いします。

 この春は、2月に三女・はるちゃんの誕生、3月、4月は長女・葉菜(はな)ちゃん卒園と入学といった大きなイベントがありましたが、次女・花野(かや)ちゃんは年少の年ではありますが、まだもう一年家で見たいなと思って、幼稚園入園ということもなく、特にこういった大きな出来事がありません。はるちゃんは無条件にかわいがられ「おめでとう」と言われるし、葉菜ちゃんは入学祝で色々もらうし、「おめでとう」も多く言われる中、自分は?という感じが少し前にはありました。「花野ちゃんは花野ちゃんのときに」と説明しようと、今感じる寂しさのようなものは、簡単に消化できるようなものではないと思います。何かの出来事は、何かを、例えば愛や感謝を伝えるのにすごく適した機会であったりしますが、そういう事がなくてもきちんとこちらの愛を伝えていきたいし、感じて欲しいなと強く思います。そこに愛があるのなら、何もかも大丈夫だという気がします。「ありがとう」「おめでとう」「大好きだよ」「あなたがいてくれて嬉しい」、そういうことは日常、惜しみなく言っていっていいことだと思います。
そういう言葉を伝えること、抱きしめること、贈り物をすること、100%一緒にいること、要求に応えること、など愛を伝える手段、感じ取るポイントは色々ありますが、その人それぞれに違うようです。チャップマンというアメリカの結婚カウンセラーの方が、「お互いに愛があるのにうまくいかない」というような夫婦の状況を臨床の中で探っていった結果、たどり着いたのが、5つの愛の伝達手段。言葉、スキンシップ、贈り物、一緒にいる時間、サービス(して欲しいことをしてもらう)。その5つの中で、特に感じやすい1つか2つがあって、他のものではあまり感じられないというわけです。これは親子でも、兄弟姉妹でも違うもので、例えば上の子には言葉によってとてもうまくいった愛の伝達が、同じことをしても下の子には全く伝わっていなかった、というようなこともあるようです。自分が言葉で感じやすいからパートナーに言葉で愛を伝えていても、そのパートナーが贈り物で愛を感じる場合、「あの人は何もプレゼントしてくれないから私を愛していないんだ」と、いうことになったりする、という話。
 これに照らすと僕自身は「言葉」で感じるところが強い。好きなら好きと言葉で伝えてもらうのがいちばん効きます。ゆっこさんは「時間」っぽいです。葉菜ちゃんはスキンシップが大好きだから、もっと事あるごとに抱きしめればいいかもしれません。というように、うちの家族もそれぞれ違います。子どもの場合はどこかで変化する場合もあるらしいし、勘違いして的外れなことをする、みたいなことがあるだろうからあまりこれに頼り過ぎてはいけないし、慎重に見ていかなくてはいけませんが、自分とは異なる方法で愛を感じる人がいる、というのは確実に知っておいたほうがいいことだと思います。

愛の話
 娘たちのこと、自分たちのこと、社会のこと、色々考えたときに、最近は必ず「愛」にたどり着きます。愛ってすごく大切だなと思います。とかいきなり書いたら何言ってんのという話ですが、ほんと大切だなと思います。そもそも僕らは愛という言葉をだいぶ使い慣れていないので、急にそんな言葉を使われたら「気持ち悪い」と感じる人すらいるかもしれませんが、きちんと見ればそんなことはないと思います。例えば愛について、愛とは何か、学校でも真っ向から教わることはないと思います。でも、人生においてたぶん、いちばん重要なもの。読み書きそろばんや、体を鍛えることもとても重要なことですが、それぞれの中の愛を育てること、何より大切なことのはず。
 「慈悲」という言葉があって、これはもともと仏教用語ですが、英語だとこれにLoveとかCompassionという言葉があてられます。これで言うと「慈悲」=「愛」です。「慈悲」という言葉は、愛と言う言葉を理解するのにとても役立ちます。仏教では、「何かを所有したい」「独占したい」といった欲望、Desireも「渇愛」とか「愛」と呼ばれることがありますが、今回したいのはその話ではなく、「慈悲」の方の愛です。「慈悲」は「慈」と「悲」の組み合わせの熟語ですが、それぞれ、ざっくり言うならば「慈」は「幸せになってほしい」と思う気持ち。「悲」は「苦しみに共感する」気持ちや「苦しみがなくなってほしい」と思う気持ち。これ、自分の中には全くない、なんて人はいないと思います。今までの経験から、例えば子どもに対してだけ、動物に対してだけ、自分の好きな人に対してだけ、などなどかなり範囲を限定されてしまっている場合も多いと思うのですが、全くそれが無い、と言う人はいないと思います。できれば今確認してみてください。自分の心や体の中の、どれが慈悲であるか。愛であるか。「幸せになってほしい」「苦しくなくなってほしい」と思う相手がいると思います。それは、自分自身かもしれません。とにかく愛は、誰のもとにもあります。それを大切に育てていなければ、その種は弱っているかもしれないけど、いくら弱っていても無くなることはありません。愛を持っていない人など見たことありません。
 愛を育てていくこと、大切だと思います。どうやったら育つのか、このお便りの前半に書いたような、色々な手段を通して愛を伝えること、受け取ることが基本になるのかなと思います。愛を受け取っただけ、それを糧に自分の中の愛の種は育つと思うし、愛を伝えることもまた伝える側にとって、愛の種を育てることになります。「無償の愛」という言葉がありますが、そういう愛が、「無償」であることは決してありません。愛を誰かに与えるとき、自分にもまた与えないでいられるはずがないのです。忘れていることも多いかもしれないけど、誰もが知っていることではないのでしょうか。自分の中のこの感情の、気持ちよさと美しさを。この感情を抱いたときに自分の中に癒しと変容の力を。
 僕はおよそ、これまで愛をより育ててきたような人間ではありません。特に男の人の中では育っていないようなこともない気はしますが、もっともっともっと、育てていきたい。その方法は、僕が経験の中で知っているだけでもまだまだ色々あります。愛の話は次回も続けてまた書こうと思います。    健
スポンサーサイト

ひとつぶ便り 237号

お越しいただきありがとうございます。
今回のお便りは、読んだお客さんの一人から、「不快な思いをした」という旨のメッセージをもらって、これアップするのもやめておこうかと思いましたが、読み返したら僕の文章としては特に異常なわけではなくいたって平常運転で、これをアップしないとすれば他の全ても消さなきゃいけないということになるので、アップすることにしました。つまり平常運転で多くの人を不快にさせることが有り得る、ということなんですよね。反省するところ多いです。
例えば現在の社会で良いとされるものを悪い、と書くことがばかりなのだから、基本的に過激だし、読んでいる人が快いことばかりであるはずはないのですが、もっと自分の内面での処理の仕方を改善すれば、だいぶ表現も変わるんだろうし、伝わり方も違うんだろうなと思います。ただ不快にさせて、拒絶されて、というのでは、それこそ何やってるんだかわからないし。今すぐやれることがあるし、やっていこうと思います。

では先週のひとつぶ便りです。今シーズン、2本目。

ひとつぶ便り 237号(2016年5月20日便)
 いつもありがとうございます。今シーズンもよろしくお願いします!
 去年から今年にかけての冬がまずかなり暖かい気候でしたが、この春に入ってもその傾向は変わっていないようです。既に真夏のように感じる日があります。皆さんのところもさぞかし暑い日が多いことと思います。桜の開花時期など、農家が気にする自然の中の暦がありますが、今年はそういうのも1週間~2週間くらい早い感じ。かといって、自分たちのペースをそこまで早められるわけでもなく、ぼちぼちやっています。この時期は、野菜の種まき、植え付けなど畑の作業も目白押しだし、田んぼの準備(畦塗り、代かきなど)、稲の苗づくりなど田んぼの作業も色々とあります。かなり、作業の多い時期ではありますが、2月に産まれた、はるちゃんの体と心を最優先に、子どもたち、自分たちのことも大切にしながら日々暮らしています。
 ひとつぶ農園は始まってから7年が経ち、8年目に入りました。この社会で生きていくのに必要なスキルを、夫婦揃って最低限しか持っていないような僕らですが、皆さんや周りの支えがあってなんとかやっています。僕らは数ある農家、有機農家の中でも技術、経営力、持っているお金、全て最低の部類でしょうが、幸福度においてはあまり負けないような気がします。いや勝ち負けとかじゃありませんが。自分たちや周りのために、色々な能力、例えばお金を稼ぐ能力は持っているに越したことはないですが、幸せになる力は、それとはまた別の話だと思います。「自分は大丈夫だ」と思えるのは、何かを持っているからではなく、何かの能力を持っているからではなく、ただそう思えるから思える、ということ。日々、自分たちのダメさを思い知りますが、僕ら夫婦が目指している方向は間違っていない気がしています。

 今シーズンも野菜セットの出荷が始まりました。最初は葉物がどっさりの内容ですが、どうぞお楽しみください。新鮮な野菜のなかった冬を越え、野菜のある春がやってくるのはすごく、嬉しいです。

近況など

 近況報告を書こうと思うと、今年は色々と変化がある春なので、何から書いていいかという感じですが、まずは、2月7日に新しい命、はるちゃんがやってきました。先週の通信でお産の様子について詳しく書きましたが、僕らの住む家から1時間ほどのところにある院内助産所(病院の敷地内の別の建てものです)で、僕や長女・葉菜ちゃん(当時6歳)と花野ちゃん(3歳)が見守る中、無事生まれてきました!今回も素敵なお産でした。母子共に健康。
 そういえば、もう遠い過去のような気がしてほぼ忘れてますが(笑)、去年はつわりがすごかったんでしたね。ゆっこさん。お産直前までお米をほとんど受け付けない体でしたが、産んだ直後からもう大丈夫。その日のうちにおにぎりをたくさん食べていました。つわりってなんなんでしょうね。全くないという人もいれば、産む前まで吐き続けるような人も。色々なお母さんたちの話を聞いていると、これに関しては普段の食生活に気をつけているから、とかはあまり関係ないような気がします。
 それはともかく、はるちゃんはすくすく成長中です。はるちゃんが産まれたので我が家は葉菜(はな)ちゃん(7歳)、花野(かや)ちゃん(3歳。6月で4歳)、はるちゃん、の3姉妹になりました。まぁ何しろ赤ちゃんはかわいいですねぇ。1人目より2人目、2人目より3人目の方が放っておかれるという話も聞きますが、うちは3人目がいちばん手厚い感じです。泣く前の兆候とか、それは子どもが多くなればなるほどわかるようになるわけで、今までの経験のおかげで、はるちゃんに関してはだいぶそういうものが感じ取れるようになっています。はるちゃんは「あー」「うー」「あぐー」「ほげー」とか色々な音を駆使して僕らに伝えてきます。よく喋ります。泣かないとわかってくれないのであれば泣くしかないけど、その前にも結構伝えようとしているものなんですね。
 基本的にゆっこさんが家か家の周りにいて、はるちゃんを見ていますが、ゆっこさんの方が得意な鉢上げなどの作業の場合、僕が抱っこしてゆっこさんが作業にいく、みたいなときもあります。2人で農作業、というのはまず基本的にできません。葉菜ちゃんは最近、抱っこもできるようになってたまに抱っこしてくれるし、花野ちゃんはだいぶ荒っぽいですがよく可愛がっています。

 長女、葉菜ちゃんは今月7歳になりました。今年から小学生です。毎日通っています。葉菜ちゃんの通う小学校は、3つの小学校が合併してできた、開校2年目の新しいところです。今年の1年生は1クラス26~27人で3クラスあります。今までこの八千穂地域の子どもたちが通っていた小学校よりもかなり遠くなったため、通学のためのバスがありますが、僕らの住む地域は朝7時にバスが出発します。その時間に間に合うように朝起きて、家を出なければならず、帰りもバスの事情からというのもあって、1年生なのに毎日5時間まで授業があります。行きはバス停まで車で送っていきますが、歩くのもいいことだと思うので、返りは40分くらいかけてバス停から歩いて帰ってきます。で、家に帰ってくるのが大体午後4時20分頃。すごい拘束時間。これが、なぜか強制力のあるものとして、当たり前にある社会、どうかしているのではないかと思います。もっと大切なこといっぱいあるのでは?と思います。
 入学式のとき、葉菜ちゃんたち一年生はまず、教室で「ありがとうございました」と、入学式で言う練習をしていました。言わされる練習を、させられていました。その光景を見て、あまりの気持ち悪さに、ゆっこさんは涙していました。もちろん先生たち一人一人に何ら悪気はないだろうし、それに疑問を持つ親も、僕らの他にはたぶん、誰もいないのではないかと思います。それもまた悲しいことですが、これがこの社会の間違ったあり方だと思います。「お前たちに選ぶ権利はない」「子どもは大人に従え」と、はっきりと教えられているわけです。あと、心にもないことを言っていい、ということを教えてもいる。全体のために自分の心と身体を犠牲にして生きる、それが大切だと言われる社会において、このようなことに疑問を持つこと自体が間違っている、と、いうことになるのでしょうが、それぞれが自分を大切にできない国、社会、家族、そういうのはことごとく、不幸な者しか生みません。今の日本は、そういう国ではないのですか?
 葉菜ちゃんは何かを覚えるのは大好きだし、それなりに楽しく通っていて慣れてもきましたが、慣れていいのか、という気もしてしまいます。最初だから、というのもありますが、実際ものすごいストレスの中で通っています。どうすればいいのかわからないところが多いですが、親である僕らができることはたくさんあるし、何よりまず、丁寧に日々を生きていくことが、より重要になると感じます。    健

ひとつぶ便り 236号

お久しぶりです!今シーズンも野菜セットの出荷が始まりました!というわけで久々の更新です。
この「ひとつぶ便り」は、毎週の野菜セットの出荷に入れている通信です。ここのブログに上げているのはそのバックナンバー。野菜セットは金曜日着で毎週やっているので、土曜くらいにブログに載せられたらいいなと思います。無理はしないのでなかなか載らないときもあると思います。

では今シーズン最初のひとつぶ便り!出産のときの話で紙が埋まったので内容はほぼそれだけでございます。


ひとつぶ便り 236号(2016年5月13日便)
 お久しぶりです!こうしてまた皆さんにお野菜を送れることを本当に嬉しく思います。僕らの住むこの場所は冬がとても長く、野菜をお届けできない期間がだいぶ長くなってしまいますが、この時期、連絡をして、楽しみに待っていたと言われることがすごく、励みになります。ありがとうございます。生かしてもらっています。
 例年どおり、最初は葉もの野菜中心のセットになります。僕らは基本的に野菜は自分たちで育てたものを食べていて、冬の間は保存しておいたジャガイモ、大根、漬物や、夏野菜を冷凍しておいたものなどが僕たちの食料です。お米、小麦も自分たちの分くらいは育てています。夏の華やかな食卓に比べ、冬は落ち着いた食卓。そして春になり、ふきのとう、うど、たらの芽など、山菜が出始めます。春の、本当に一時期しか食べられない味です。それで、あぁやっと春がきたなと感じ、そのあと、3月頃播いた葉物野菜たちが育ってきます。これがまた本当に嬉しいのです。今は一年中、どんな野菜も手に入れようと思えば簡単に手に入る時代ですが、こうして季節を感じながらものを食べる喜びは、代えがたいものがあります。時々勘違いされますが、生活においてやせ我慢とかはしていません(笑)。こういうのが楽しいから、こういう暮らしをしています。

3姉妹になりました!
 さて、2月の7日、3人目の子が産まれました!東御市民病院の院内助産所、「助産所とうみ」にて、午前5時30分頃、無事出てきました!女の子だったので、3姉妹です。名前は「はる」に。春の陽射し、春の空気、暖かさ、真冬の中で感じるそういうものを、僕としてはイメージしていました。ゆっこさんはゆっこさんでこの名前も候補にしていて、自然と夫婦で一致した感じでした。
 
 家族4人で、はるちゃん、当時はまだ「おなかちゃん」と呼ばれていたベイビーを迎えるとても素敵なお産でした。振り返っておきます。
 予定日は2月3日でした。「3人目だし早めに出てくるかな」と思っていて、1月産まれになるのではないかと思っていましたが、なかなか出てきませんでした。前駆陣痛のようなものは1月後半からはだいぶあって、1月29日の深夜、結構強めのやつがきたので車を飛ばして助産所へ(一時間強かかります)。しかし着いた頃には痛みがおさまり、助産師さんに診てもらってもまだのようだ、とのことで帰宅。この日はちなみにこのあたりでは数年に一度ある、「雨氷」という比較的珍しい天候の日。何かの具合で0℃以下になって落ちてきた雨が、地面や樹木、建物などに当たった衝撃で、急激に凍るという、なかなか厄介なものです。氷がすごく重く、よく樹々が折られます。路面は凍るし、窓ガラスは凍るし、恐ろしいものです。ちょうどそんな天気の夜に、妊婦を含む家族全員を載せて車を走らせるのはすごく緊張しました。ゆっくりゆっくり行きました。帰る頃は雪で、それはそれで怖かったですが、何事もなく帰れてよかったです。帰ったらちょうど酒蔵に出勤する時間で、それも大変でした(笑)。
 予定日の2月3日を過ぎましたがまだ出てきません。予定日から一週間過ぎると助産所では産めず、病院での誘発分娩になるということで、その期限が2月10日。どんなかたちで出てくるにせよ、命の尊さに違いなんてありませんが、望むお産のかたちがあるから僕らはこの助産所を選んでいるし、次女、花野(かや)ちゃんはここで産まれて、そのときも本当にいいお産だったので、またここでお産ができればいいなと、強く思っていました。
 
そして6日、朝、おしるしがあり、昼間もだいぶお腹が張っていて、ちょっといつもと様子が違いました。昼、助産所で診てもらう日だったので行って、まだ産まれるとかいう段階ではなかったので帰宅。そして日付が7日に変わった頃、いよいよ陣痛がやってきました!この日は天気もよく、道には雪もなく、道路もすいていて、順調に助産所に到着。助産所に着いたのは午前3時頃。長女、葉菜(はな)ちゃん(このとき6歳)と花野ちゃん(3歳)は車で寝ながら行きましたが着いたら割としっかり起きました。今回も花野ちゃんのときと同じく和室を選んで、畳に布団、という中でのお産です。部屋はいくつかあるのですが、花野ちゃんのときと同じ部屋でした。子どもたちも何度も一緒に行っているので、助産所は勝手知ったるところで、自分でそれぞれ本棚から本を物色し、おもちゃコーナーからぬいぐるみとおもちゃを持ち、お産部屋へ。
 で、助産師さんが2人ついてくれて、いよいよお産が始まりました。が、ゆっこさんがひぃひぃ言っているすぐ近くで葉菜ちゃんと花野ちゃんと僕は結構余裕ぶっこいていて(笑)、子どもたちが助産所の本棚から持ってきた『機関車トーマス大図鑑』を見ながら「へー、こんなのいるんだー」とかやっていました。その後破水があったりして、僕も手を握らせたりする台としてゆっこさんを応援しにいきましたが、子ども2人は依然としてトーマスなどに夢中。深夜なので普段は寝ている時間なのですが、元気で、とても余裕。自分の家だと言わんばかりのくつろぎぶり。花野ちゃんが産まれる時、当時3歳だった葉菜ちゃんはやたらとハイテンションで走り回ったり踊りまくって、そしてゆっこさんの飲む水を飲みまくっていましたが、今回は姉妹でふつうにくつろぐ展開。どうなるのかなと思っていましたが、こうなるものですか。ゆっこさんが必死でいきんでいても、子どもたちにとってたいしたことはないようです(笑)。
 お産はある程度ゆっくりだったようですが、すごく順調な印象でした。3回見た中で、いきみ方などがいちばん上手に見えました。無理なく、自然な陣痛の波に乗り、はるちゃんとしっかり力を合わせて進んでいった感じ。まぁ、このへんは僕は外から見ている人なのでわかりっこないところですが。助産所とうみでは、自由な体勢で産ませてくれます。フリースタイルバース、とか言われるやつ。分娩台には乗りません。で、花野ちゃんのときはクッションに背中をもたれる形で産みましたが、今回はゆっこさんは四つん這いでした。なんだかこのとき、これがいいと思ったようです。そして助産所到着から2時間半くらい過ぎた5時27分、出てきました!この時は子どもたちは助産師さんが声をかけてくれたのでしっかりいい位置で見ていて、2人とも口をあんぐり開けて、驚いた顔をしていました。2人とも同じような顔していました。赤ちゃん、へその緒、胎盤、そういうものを見ても、子どもたちは全然平気でした。すごく自然に、お産というものを受け入れていました。はるちゃんの産声を聞いた瞬間、僕は涙がこみ上げてきました。感動や喜びはもちろんあったけど、ここで涙が出たのは「共感」のようなものだった気がします。
 本当に本当に、すごく多くの素敵な縁が、奇跡が重なって、こんな素敵な場面に出会うことができました。ありがとう。というわけで5人家族になりました。また、よろしくお願いします!      健

FC2Ad