ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

突然ですがピタパンを焼いてみましょうのコーナー。

最近はもっぱらカンパーニュを焼いておりますが、今日の朝はピタを焼きました。会津にいた頃に教わったもので、時々焼きます。発酵パンを焼くようになったのは結構最近なので、それよりピタパン歴のが遥かに長い。美味しいし、オーブン使って焼くよりもフライパンと直火で焼くほうがエネルギー効率もかなりよさげ。とにかくまぁ平パンもとても好き。

酵母入れて発酵させた生地でもいいんだけど無発酵でもいいから、どこでも誰でも焼けるものです。粉と塩と水さえあれば。ということで作り方(笑)。

ピタパン(6枚分+0歳児用ミニサイズ1枚)

小麦粉(今日は全粒粉) 300g
水 180g(粉に対して60%ぐらいが扱いやすくて好み)
塩 5g(1.5~2%ぐらいがいいかしら。でもそんな正確に測れる秤がないので適当)

こねる。表面がつるっとするぐらいまで。10分もこねれば充分かと。で、分割して丸める。分割は細長く伸ばして大体同じ量になるように包丁で切るけどサイズは結構まちまちになるので小さいのは娘に、大きいのは大人が、みたいな感じです。


のばす。生地がくっついちゃうようだったら麺棒に打ち粉とか。あ、ちなみに麺棒じゃなくてうちではすりこぎ使用
(笑)。
P1030290.jpg

まずフライパン(うちのは鉄で油はひかない状態)で焼きます。弱火で、蓋をしてちょっと(30秒~1分くらいかしら)焼いたら手で生地持ってひっくり返してもう片面も焼きます。
P1030286.jpg

で、コンロに直接乗っけます。すると、プクッと膨らんできます。生地を薄くのばしすぎたり、フライパンで焼きすぎたりすると、膨らまないことが多いです。その場合は具を間に挟めないけど、上に乗っけたらいいだけの話なのであまり気にしなくていいです。そのときはピタパンではなくチャパティーと言えばたぶん大丈夫。何でも大丈夫。
また、弱火のままだとなかなか膨らまない場合はちょっと火力を上げるとプクッといったりします。あ、あと途中でここでも裏返すといいと思います。片面焼いてたら途中まで膨らんで、裏返したら全部膨らむ、ってことがあります。
P1030289.jpg

これで完成。冷めるとしぼみますが、ポケットはちゃんと残ります。半分に切って、ポケットを開いて、好みの具を入れてお召し上がりくださいませ。今日はリーフレタスとタケノコ味噌(タケノコとネギの粗みじんを炒めたものと味噌を合わせたもの)。和洋中、甘いもの、なんでも合うと思います。材料、粉と塩と水だけだし。
P1030293.jpg


発酵なくてもオーブン無くても焼けるパンです。もともと料理もそれほどしないしパン焼きなんて考えたこともなかった7年前ぐらいの僕とパンの距離を縮めてくれたパンです。そうやってパンづくり、というものをちょっと遠くに感じている人がもっとそれを身近に感じられるようになってくれたらいいなと、なんとなく思って、こんな記事を書いてみました。今日も、読んでくれてありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/149-aa37a347
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad