ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 140号

どうも~。今日もお越しいただきありがとうございます。
色々と、他にも書きたいことがあるものの、とうもろこしのことに文字数をとられました今回は。8月だし、もっと平和のこととか書きたいですわ。次回は「平和」のお題でがっつり書こうかな。

やっと戻り梅雨が終わったようで、とても暑いです。今日は夜もそれなりに暑いです。まぁ、昼間も、動いたら汗だらだらだけど、何もしなくても汗だらだらなわけではないので、例えば故郷練馬とかと比べれば遥かに快適。温度も少し低く、湿度はかなり低いこの地域。冬は寒すぎるけど、夏はとても過ごしやすいです。ザ・避暑地。

では今週のひとつぶ便りです。

ひとつぶ便り 140号(2013年8月9日便)
 いつもありがとうございます。戻ってきた梅雨はまだまだ続いています。ほんと、雨ばかりです。昨日(6日)、トウモロコシの植わっている畑に行ったら、第一弾で播いたものが全て、動物(ハクビシンかな?)に食べられたあとでした。ショック・・・!!その食べあとの無残なことといったら・・・。もともと鹿用の電気柵を張ってある畑ですが、トウモロコシは小動物(ハクビシン、タヌキ等)に大人気なので、さらに低い電気柵を張っています。が、この雨続きで草が伸びて柵に多くついてしまった(漏電します)のと、太陽光発電なので太陽があまりに出なければバッテリーの残量が減るわけです。漏電プラス日照不足で電圧がだいぶ下がって、侵入を許してしまったようです。一度入ってしまうとあまり効かなくなるという話もあり、第2弾以降も採れるかどうか微妙です。草刈りに入るのが数日遅かったようです。トウモロコシを楽しみにしていた方々、すみません。僕らも非常に残念で悲しい。ネットをしてもくぐられたり登られたりで必ず侵入されるし、それならもう作れない、と諦めていたトウモロコシですが、去年、種会社のカタログの表紙を見た葉菜ちゃん(当時2歳8ヶ月くらい)が「食べたい!」と言い出したので、低い電気柵を購入し、作付けしました。去年はうまくいって自分たちもたくさん食べられたし皆さんにも色々なところにも出荷したのですが!まだ生き残っている第2弾以降のトウモロコシ、なんとか、お届けしたいです。そして、葉菜ちゃんにも食べて欲しい。トウモロコシがやられたことを告げられた葉菜ちゃんは、悲しみのあまり泣き叫んでいましたが、友達が分けてくれたり知人にもらったりで、美味しいトウモロコシにありつけています。とりあえず、よかったね。もらった方々、ありがとうございます。
 僕らのような山間地の農業は、空気がきれいだったり水がきれいだったり、気温が冷涼だったり、野菜にとって色々いい条件もありますが、一方で一枚一枚の田畑が小さかったり形がいびつだったり、このように動物が出やすかったり、大変な部分も多々あります。これだけ盛大に食べられたのは久々ですが、今年はネズミにも色々食べられたりしているし、電気柵を張る以前は鹿にもよく食べられました。まぁ、よくあることとも言えます。上の文章は昨日書いたものですが、もう過去のことなので今はもう全然違う気分。今は落ち込みはほとんどなし。やれることをやります。次の、採れるといいな。

 さて昨日(↑で)、まだ梅雨っぽい天気が続いているとか書きましたが、今日(7日)は久々にすかっと晴れました。このあと晴れが続きそうだし、梅雨明け(2度目(笑))でしょうか!同じくらい気温が上がったとしても、太陽が出ているか出ていないかではまた色々全然違います。それは僕らの心身の健康にも多大な影響があると思いますが、野菜や草など植物たちはもっと顕著に、日の光の影響を受けています。日照り続きは困るけど、曇り続きの後の太陽は、それは嬉しいものですね。

今週の野菜セット
 先週やその前に引き続き、夏野菜オールスター揃い踏み!我が家の食卓も豪華です。色とりどりの茄子や、ピーマン、トマト、ミニトマト、いずれも現在一般に売られている一代交配種(F1)の種から育ったものではありません。F1の種は、交配して一代目なので、その代は同じ性質ものができますが、そこから種をとると、次の代はすごく荒れます。やたらと小さいのが出たり、不味いのが出たり。メンデルの法則とか、そういう話になってきますが、面倒なのでやめといて、まぁとにかく種が採りにくいというのが一点。そして、もともとは「雑種強勢」(特に遠いものと遠いもの、例えば外国の品種と日本の品種の掛け合わせは病気に強かったり、味が良かったり、というものができやすいと言われます)を目的に交配が行われていたものですが、今は「全く同じ形、大きさに作る」という目的で、「雄性不稔」という非常に不健全な技術が使われ、問題になっています。「野口のタネ」の野口勲さんの説明はとても分かりやすいので、興味のある方は著書などご覧ください。
ひとつぶ農園でもF1品種はやむを得ず使っていますが、なるべく固定種や在来種の種を使うようにしています。仲間の有機農家の中でも固定種の扱いはかなり多い方だと思います。種採りもしていますが、種採りしない場合でも、固定種の種を買って使っています。在来種などの種選びは本当に楽しいんです。今回の茄子を見て頂ければちょっとわかるかと思いますが、もともと例えば「茄子」と一口で言い表せないほど、全国各地に色とりどり、形も様々なものがあります。まさに多種多様。一つの形、同じ色、同じ形、それは今の流通のあり方に合ったものなのだと思いますが、色々と、失っているものがあると思います。美味しさとか、多様性とか、楽しさとか。僕らは目いっぱい楽しませてもらいます。
ズッキーニはモザイク病(今年、初めて見ました)というのにやられ、表面にデコボコが出てしまっていますが、味には影響なく、人体に悪影響も無いそうなので、何とぞお召し上がりください。よろしくお願いします。

娘たちのこと
2週間前、葉菜ちゃんが発熱、1週間前に今度は花野ちゃん(1歳)も発熱(40度超)。花野ちゃんはまだ全快では無さそうですが熱は3日ほどで下がって今は元気です。「ようれん菌」によるもの、という情報が幼稚園の親の中で回っていたのですがそれは誤りだったということがわかり、正確には「強い夏風邪」だそうです。うちの2人とも元気になったし、幼稚園の葉菜ちゃんの友達も良くなったみたいなので、よかったよかった。今回のように花野ちゃんが弱っていたりすると、葉菜ちゃんが色々と心配して何か自分の食べ物(好きなもの)を分けてあげたりする姿が素敵です。 健

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/162-f2470eb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad