ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 167号

どうもどうも~。今日もお越し頂きありがとうございます。だいぶ日がのびましたね。7時過ぎても明るい。

ときに今パン焼き中。自家産ゆきちから(強力)が終了したので自家産ナンブ(中力)で焼いてますが、今日のやつはなんかワイルド。かっこいい膨らみ具合だぜ。ゆきちからとナンブのブレンドもなかなかよろしかったけどナンブだけもなかなかよろしい。小麦の品種でほんと、違うんだなぁと最近実感。去年から長らくゆきちからのみで焼いてたけど、グルテン強すぎて食感がややもちっとし過ぎることが最近わかった。オーブンの性能のせいか発酵具合のせいか、そのへんだと思ってたところが品種の問題って部分も大きそうだと。他の種類のとブレンドして使ったほうがいいかも。
ところでパンの前に焼いてた酵母入りクッキーがとても美味しい。これいいわ。

ところで最近マフィン研究中。僕が1シーズンを過ごした会津、山都町の食工房というパンとお菓子のお店(すごくお世話になりました)があって、今は野菜セットとパンとお菓子セットの物々交換ってことを月に一回やってもらっているのですが、その食工房の「しまりす君の朝ごはん」というマフィンがすごい美味しい。子どもたちも大好き。ちなみに砂糖とか卵とか牛乳が使われていないメニュー。食工房のパンもお菓子も色々種類がありますが、どれも妥協がない。「これ一応作っとくか」みたいなメニューがひとつもなく、どれも想像力と独創性と高い技術に支えられていてほんとすごい!って思うんですが、
「しまりす君」もその一つ。
というのがあって、マフィンってのもいいな。というか葉菜ちゃん(長女)が喜ぶなと思い、手を出してみています。色々改善の余地があるけどとりあえず美味しいものは焼けますわ。葉菜ちゃんもたいそう満足しておられる。材料が全然違って参考になるレシピがうちにあまり無かったのでかなりてきとうに作っていますがまぁ大体でなんとかなる系のお菓子ですね。大体でなんとかならない系のおやつは作ったことがないのでよくわかりませんが、そういうのもたくさんありますよね。

今年の小麦は今穂が揃って、青々としたきれいな畑をつくっています。うちは7月末くらいに刈ります。たくさんとれるといいな。

では、ひとつぶ便り!

ひとつぶ便り 167号(2014年5月30日便)
 いつもありがとうございます。今回のお野菜便が初めての方は、今シーズンもよろしくお願いします!この時期恒例の葉ものばかりのセットですが、色々工夫して美味しく食べていただけると幸いです。
 昨日(27日)、今日(28日)と昼間かなり蒸し暑く、夜もそれなりに暑く、夏っぽい空気です。まだまだ食卓は葉っぱばかりの春仕様ですが、空気はやっと変わってきました。夏近し。と、その前に梅雨がありますね。

最近の農作業
 5月の前半はかなり日照り気味の日が続いていましたが、先週の水曜日に雨が降ってからは雲が多かったり雨も降ったりで、畑は潤っています。乾いていたら湿って欲しいと思うし、あまり湿っていれば乾いて欲しいと思います(笑)。雨が降れば野菜がぐんと大きくなりますが、雑草たちはそれに増してぐーんっ!!と大きくなります。おまけに気温はこれからどんどん上がってくるわけで、草との格闘はこれからが本番でございます。草刈りとか草取りとか、農作業の中でもかなり好きな方で、ずっとやっていてもいいぐらいなのですが、他の作業もいくらでもあるのでそればかりやっているわけにもいかず、結局後手後手にまわっていくのがいつものパターン。今年はもうちょっと最初のうちに抑えられたらいいなと思って主に「けずったろう」という農具で今がんばっています。まぁ、遅れて伸びてきちゃったら、手でとりまくるぜ!
 今月20日を過ぎても朝はかなり肌寒い日が続いていましたが、日曜日くらいからやっと朝も暖かくなってきて、いよいよ霜も降りなさそう。というわけで、寒さに弱いナスやピーマン、ズッキーニ、かぼちゃなど、育苗ハウスの中で育てていた苗を露地の畑へどんどん植え付けています。がんばろうねお互い!という気持ち。
 家の前にある育苗ハウスはこれからミニトマトハウスの模様替え。3月に作った落ち葉の踏み込み温床を早急に片付け、ハウスいっぱいミニトマトを植え付けます。急務!あと、早く花豆を播かなければいけなかったり、草も伸びてきたのであちこち刈らなければいけないし!田植えもまだです。八千穂の田んぼもどんどん稲が植わってきていて、うちも早く植えたいところですが、今年は苗がなかなか大きくならないので6月2週目ぐらいまで待とうかな、という感じ。色々と差し迫った作業がありますが、天候と、都合と、気分と、色々なものと相談しつつ、一つ一つ大切にやっていきます。

ある畑の話
 僕らが農園を始めて5年が経ち、今年6年目。就農2年目から使っている、家からは少し遠い、深い山の中の畑(8枚借りています)があるのですが、そこの土が年々良くなっているのを感じます。オオブタクサという、3メートルぐらいの高さになる草が生えまくるので、草の管理はものすごく大変な畑ですが、すごく、いい感じになってきました。かなりの山奥、鹿の巣のようなところで、日当たりもそれほどよくなく、石はとても多く、土手は広く、全く条件のいい場所ではないので(笑)、周りの田畑は誰もやっていません。僕らは農園を始めたばかりの頃、まとまって借りられる伝が無かった為、役場の紹介でそこを借りました。もともと、前に住んでいた家からもそれほど近くはなかったのですが、今の家に引っ越してまた少し遠くなり、返すという選択肢もありますが、どんどん土はよくなるし愛着も湧いています。今、すごく頼りになる畑。また、周りが誰もやっていない、というのは僕ら有機農家にとっては農薬の心配もなく非常に好条件。さらに、そのあたりの水源の、いちばん奥、つまりいちばん水源に近い場所なので、水も最高にきれい。毎年年末などにお届けしているお餅便のもち米は、その水で、そこの田で育ったお米です。今年も、もち米の田んぼを1枚やるのと、その他の畑でなす、ピーマン、ジャガイモ、かぼちゃ、トマトなどなど、色々植えています。あ、あと、あまり人が通らないところなので、すごく気が楽だったりします。一人で踊っていても問題なし!(笑)車の音もないし、電線もなくて、景色もなかなか素敵。良かったら是非遊びにおいでください。

表現すること
 ところで、絵を描くとか、歌を歌うとか、楽器を弾くとか、踊るとか、その他色々、「芸術」と言われるような何かを使って自分の気持ちとか思いとか感情とか、色々なものを表現することの持っている力の大きさを強く感じる今日この頃。去年から、時々アフリカン・ダンスを教わる機会があって、畑とかでもよく踊ったりしています(上に書いたような車や人のほとんど通らないところで(笑))。踊って、思うことはダンスにはダンスでしか表現できないものがあるということ。
例えば自分の気持ちとか感情とかを、普段の言葉が表現できているのは、ごくごく一部。とはもともと思っていたけど、その範囲が自分の思っていた以上に小さかった、という感じ。そして、誰にでもできるような、芸術と呼べるほどのレベルではない芸術たちでも、その表現できなかった部分を深く表現できたりします。凄いことだなって思います。と、今この内容についてもっと色々と書きたいことがあるのですが、僕の持っている言葉ではなかなか表現しきれないのが非常にもどかしい。踊りか、歌か、ピアノか、絵か、そういったものなら、もっと表現できるかな。言葉の芸術も色々ありますね。詩とか俳句とか。
努力や経験をひたすら積み上げた上にある芸術は、最高にいいなぁ!!と思うけど、そこまで努力も経験も無くて技術なんて全然無くても、その人が楽しいと思う芸術的な方法でどんどん表現していくことの素晴らしさを感じます。言葉自体を磨くこともしていかなきゃと思いますが、それ以外の方法での表現に、この頃意欲が湧いています。楽しい。健


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/197-0b93b29e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad