ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 169号

今日もお越しいただきありがとうございます。静かな夜です。
ここのところ晴れてますね。梅雨明けかな?(笑)

もう眠いので投稿して寝ようかな。おやすみなさい。


ひとつぶ便り 169号(2014年6月13日便)

 いつもありがとうございます。梅雨ですね。なんだか、梅雨といえばここ数年は梅雨入りしても雨が降らなかったり、梅雨明けしてから毎日降ったり、とかいう印象が強いのですが、今年は今のところ梅雨らしい梅雨。毎日よく降ります。
 
最近の農作業
 雨の日は、露地の畑は濡れて、踏むと固まってしまうので収穫以外ではあまり入りません。なので、こういうときはハウスの中の作業とか、土手草を刈り払い機で刈るとか、そういう仕事が主になってきます。ハウスの中に5月中ごろに植えたトマト、5月末に植えたミニトマトのいずれも、最初の芽かきと誘引のひもつけ(パイプハウスのパイプを利用して、ひもでトマトの枝を上に引っ張る)作業がまだだったので、この雨を機に一通りやりました。トマトたち、元気に育っています。
 あと、9日に田植えをしました!二条植えの機械を先輩有機農家に借りて、やりました。苗が小さかったので、田んぼの水がちょっと深くなっているところ(がんばって平らにしてるけど全然平らではない(笑))は水没しそうになったり実際水没したり、というところもありますが、機械の調子は順調で、作業も順調に進みました。しかし!3枚ある田んぼの3枚目のあと半分、というところで突然機械に不具合。自分で見てもよく分からず、機械を借りた先輩に聞いたけど分からない、ということで農機具屋さんに持ち込みました。だけど、機械がなかなかマイナーなメーカー(現在は食品メーカーで、農機具はやってないらしい)なのでそこでもすぐには分からず、色々見てもらったけど結局その場で分からず、農機具屋さんの田植え機を借りてきて、一通り終わらせました。実は去年と同じパターン。まぁ、植わってよかった。
僕らのようなあまりお金を持っていない農家たちは、農機具屋さんで探してもらったり、近所の人のいらなくなったのをもらったりして中古の機械を使ってることも多い。何年もやっていると、色々と不具合が出るのもよくあることなので、もはやおり込み済み、みたいなところもあります。自分で知識と技術をつけて、機械に強い人たちもいますが、僕はあんまりなので、大体農機具屋さん頼み。農機具屋さんさまさまです。具合の悪い機械を軽トラに載せて持ち込めるときは持ち込むけど、それができない時もあり、そういう時は田んぼや畑までとんできてもくれます。ありがたや。当然お金はとられますが、かなり良心的にやってくれていると思います。僕ら農家にとって、無くてはならない存在です。

 そんなこんなで機械での田植えは9日に終わりましたが、10日は追い植え。苗の出来が均等じゃないとか田んぼが平らじゃないとか、諸々の事情により機械でうまく植わらない部分がどうしてもでてきます。それを手で植えなおすのが、追い植え。うちの場合は欠株(植わらなかった株)が多分、特に多いので、かなりの部分を手で植えているイメージ。始めから手植えでいいんじゃないか、というのは言い過ぎですが、まぁすごく、手植え気分が味わえます。面積もそんなに広くはないのでそれほど大変ではなく、楽しい作業です。

今週の野菜セット
 今週も相変わらず葉っぱもの祭りです。我が家はシーズンになれば、毎日家族4人で物凄い量の野菜を食べています。食べ過ぎで身体に悪いんではないかと思うぐらい食べています(笑)。ぜいたく。ありがたい。野菜でお腹いっぱいになる季節になってきました。野菜のとれない冬は、基本的にご飯と味噌汁と、ジャガイモとか白菜、大根、ごぼう、人参などのもつ野菜と、漬物とか冷凍した保存食とかそういう食卓で、それはそれで好きですが、野菜がとれるようになってくると、やっぱり嬉しいなと思います。僕らは、醤油とか塩とか酢などの調味料以外は基本的に自分たちの畑か田んぼでとれたものを食べています。味噌は自家製。季節ごと、移り変わる食卓を楽しんでいます。そんな楽しさも、野菜セットと一緒に届いたらいいなと思います。
 ちなみにここ1年くらいは、朝食は毎日パン(カンパーニュ)。大体2日に一回、僕が焼いています。原材料は自分たちの畑の小麦の粉、湧き水、海水塩、のみ。酵母も小麦と水だけから起こしたもので、このパンも「畑でとれたもの」からできています。

 例えば食べ物について考えるとき僕とゆっこさんは、農薬の危険性とか食品の安全性とか、そういう話もとても気になるところですがその前に、そこにある社会的な「構造」が気になります。権力やお金を持っている人たちを肥やし、貧しい人たちから吸い取る、そういう「構造」が。僕が何も考えずに物を食べるなら、いとも簡単にそこに荷担できます。世界や日本の搾取に。差別に。暴力に。戦争に。そしてそれは、もちろん食べ物だけの話ではなく、全ての買い物について言えること。日々の全ての行動について、言えること。
 トラクター、軽トラ、そして輸送の際に大量の石油を使い、ハウスのビニールとか、そういうものも使うし、小さい会社の固定種を多く使う一方で大企業の種も使うし、こうしてパソコンも使うし、僕らの農業も生活もそういう「構造」から自由なところにはありませんが、少しでもそこへの荷担を減らせるように、自覚的、意識的に日々を生きていきたいと思っています。
 僕個人の幸せも、家族の幸せも、社会の幸せも、僕が今、この瞬間、この場所を、大切に生きられるかどうかにかかっているのだと思います。何日か田んぼを歩き回ってほどよく疲れた体でパソコンに向かっている、今を。僕ら一人一人は世界とつながっている、という表現では足りない気がします。僕ら一人一人は、世界そのもの。        健

スポンサーサイト

コメント

そう! ワンネス^^

2回目の 初めまして! です。
先程 ファックスで注文しました相木村の
ものです。
突然ですが ひとつぶ便り169号の今週の
野菜セットを読んで 何故か ウルグアイの
世界一貧乏な大統領と言われるムヒカ大統領
のリオ会議でのスピーチを思い出してしまい
ました。 ご存知でしょうか!?
もし 興味を惹かれたのであれば 検索すれば
すぐ 出てきます。

「僕ら一人一人は世界そのもの」
本当にそうですね!

それでは お野菜届けられるのを待っています。 (*^ω^*)

  

ありがとうございます。

メッセージ、ありがとうございます。そしてこの度はご注文ありがとうございます。

ムヒカ大統領の名前はこれまで何度も見ていますが、演説の全文訳は今読みました。すごいですね。この場所で、これを言えるということも、自分自身が必要最低限の生活物資しか持たないことも。人間が幸せになるために必要なものは、お金とか権力ではありませんよね。幸せになるために必要な能力は、「幸せになるための能力」だけだと思います。そして、それを育てる方法は、きっとたくさんあると思います。

では、こちらもお会いできるのを楽しみにしています。

  • 2014/06/29(日) 00:50:04 |
  • URL |
  • こみけん #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/199-a603768a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad