ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 182号



ひとつぶ便り 182号(2014年9月12日便)
 いつもありがとうございます。このところなかなかすっきり晴れる日がありません。僕らの住む佐久地域は全国的に見てもかなり日照率が高い場所だそうで、実際毎年良く晴れている印象ですが、今年は雨が多く、雨が降っていなくても一日曇っていることも多く感じます。涼しい毎日。もう少し、残暑が欲しいところ!毎週書いていますが、野菜の育ちは非常にゆっくりだったり雨でダメになってしまったりで、すごく、うまくいっていません。ひー。残ったものたちを大事にしつつ、種のまき直しもしたり、まぁやれることをやっています。こういう天候だと、いつも以上に技術の無さを強く感じます。
 上の子、葉菜ちゃん(はな・5歳)が通う幼稚園の子ども達の間で溶連菌という菌による感染症やら、風邪やらが流行っています。肌寒かったり、ちょっと暑かったり、色々な天候の日がある時期なので、体調も崩しやすいですね。葉菜ちゃんもどうやら溶連菌感染症にかかったらしく、6日の夜に39度くらいの高熱。その時はお腹も痛かったようで、かなり苦しんでいましたが、次の日7日はだいぶ元気に。まだかなり熱はあり、食欲もやや落ちていましたが、前日とは比べられないくらい元気。8日は熱もだいぶ下がりましたが幼稚園は休んで、9日は熱も下がってかなり元気になりましたが、まだ幼稚園はお休みです。ゆっこさんが基本的に家にいてずっと看ているので、葉菜ちゃんとしてはかなり嬉しいんじゃないかなと思います。10日からまた元気に登園しています。
 8日夜くらいから、今度は下の子、花野ちゃん(かや・2歳2か月)にうつったようで、9日はかなり熱が上がりました。39度近く。当然だるそうな感じでしたが、いつも通り陽気に歌ったり遊んだりしていました。11日現在熱も下がり、元気!ちなみに僕もちょっと喉が痛いのと、妙なだるさを感じます。熱は上がっていませんが、葉菜ちゃんからもらった菌かな?皆さんもお体に気を付けてくださいませ。

今週の野菜セット
 例年ならどんどん採れている野菜たちですが、今年は細々と採れている中からお届けします。人参は僕らとしては過去最高(苦手作物なので基準は低い(笑))の立派さに育ちました。お楽しみください。
 形が悪かったり、虫食いがひどすぎたり、っていうものは僕たちが食べることになりますが、そういう野菜はたくさん出るので、全体的に採れないからといって、僕らの食卓は実は問題なく豪華です。ありがたや。

お月見
 8日は、中秋の名月。ということで、我が家でもお月見パーティーをしました。この時は葉菜ちゃんはだいぶ食欲が戻ってきていて、パーティーも満喫していました。
 いつもご飯を食べる部屋とは違う、外が良く見える部屋にテーブルをセッティングし、月を眺めながら、ゆっこさんの作ったご馳走を食べました。小豆のお団子と、お月様のようなカボチャのお団子(おはぎみたいなの)や、トウモロコシの輪切りとか黄色いズッキーニの輪切りで月を表現したり、スープの中の人参がウサギ型に切ってあったり、という月にちなんだご馳走。美味しかったです。ありがとう!
 電気の明りを消して、ろうそくを灯してのパーティー。肝心の満月は、薄い雲と厚い雲に、ちょっと見えたり隠れたりを繰り返しながら、空を昇っていました。8日は一日曇りだったので、見られないかなと思っていましたが、きれいな月が見られてよかった。出たり、隠れたり、色々な表情のある月だったので、それはそれで楽しめました。葉菜ちゃんも花野ちゃんも、「お月様でたー!!」とか言ったり歌ったりしながら、満月を楽しんでいました。時々こうして、空を眺めながら食事をするのもいいなと思いました。月に一度、満月が昇るわけだしそういう時にでも。僕らのこの家は、周りに街灯がないわけではないのですが、家に隠れたり建物に隠れたりで、ちょうど家の南側には街灯の光が届きません。だから、星や月を見る環境としては最高!こんな月のきれいな時は、南側の窓からは月明かりだけが入ってくるわけです。その素晴らしさをみんなで感じました。
 9日も、葉菜ちゃんの希望で同じ部屋で連日のお月見パーティー。十六夜(いざよい)ですね。この日の空の方が晴れていて、明るい月を見られました。月ってすごく、素敵な光ですね。すごく、すっきりした、澄んだ光って感じがします。なんとも言えないきれいさ。

ズボン作ってみました。

 最近よく踊りにいったり家とかでもよく踊っている、アフリカン・ダンスの練習用のズボンが欲しかったのと、服を作ることに興味もちょっと湧いていたので、ちょっと勇気を出して作ってみました。布は前回の練習会のときに買ってきたもの。ネットで簡単そうな作り方のものを探して、それで作ってみました。型紙いらず。僕は全く何も知らない素人かつ、そんなに器用な方でもないのでちゃんとできるのか不安はありましたが、時間はかかりましたがそれほど目立ったトラブルもなく完成にこぎつけられました。使っているうちに問題出るかもしれませんが(笑)、とりあえず完成品も問題無さそうでいい感じ。6日と7日の夜、子ども達が寝る時間くらいからが作業時間でした。ゆっこさんも子ども達と一緒に寝ていたので色々訊くこともできず、結構自力でがんばった感があります(笑)。ミシンとか、すごく久しぶり(たぶん中学校以来)でしたが、なかなか楽しかった。一つ作ればもっと色々作ってみたい気持ちもありますが、うちはもともと服を極端に買わないので(子どもも大人もほとんどもらいもの(笑))、「今まで買っていた代わりに作る」とかいうことにはなりません。なので、布を買ってまで服を作る動機づけがあまりできないので、雑巾縫うとか、小物をときどき作るとかしようかなと思います。
 
 人が暮らしの中でやってきたこと、衣・食・住における色々なことは、どれも難しいはずがない、と思っています。慣れれば、ほとんどの人ができること。それが難しいことだったら、続いてきたはずがないと思うから。例えば僕は2日に一回ぐらいのペースでパンを焼きますが、これも慣れればすごく簡単なこと。きっと、フランスとかドイツとかの、農村の一般家庭で作り続けられていたような方法。特別な設備も材料も道具もいりません。生地は小麦粉と水と塩と(酵母も同じ材料)、手とボウルがあればできるし、今はオーブンがあるからそれで焼いているけど、フライパンでだって焼けます。服を作ることもきっと同じようなこと。布と、針と、糸があればできること。やったことのないことは、すごく難しく見えたりするけど、生活に必要な全てのことは、時間と手間を惜しまなければ本来誰でもできるものだと思います。その時間と手間がかけられない世の中になっちゃっていますが。何かを育てて食べ、何かを育てて服を作り、何かを育てて家を作る。今の僕にはどれもまともにできないけど、そういう力を少しでも身に着けていけたらいいなと思います。生きるのに必要なもの作ることに、楽しさと喜びを感じます。 健
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/214-dd9de563
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad