ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 200号

今日もお越しいただきありがとうございます。先週のひとつぶ便りです。今回200号。最初の頃は手書きでやってたなぁそういえば。

ひとつぶ便り 200号(2015年1月23日便)
いつもありがとうございます。ひとつぶ便りは今回で200号!ちなみに100号の時は確かちょうど花野ちゃんが誕生したときでした。2年と半年前のこと。今、僕の中でうまくいかないこと、下手くそなこと、色々とあるのはもちろんですが、ちょっと振り返ってみると、向かっている方向は間違っていないことを確認できて嬉しくなります。大切なのは今この瞬間を生ききること。微笑んで。
 15日、17日と結構まとまった雪が降り、18日はマイナス15℃まで冷え込み、冬真っ盛り!これを書いている今日は大寒。朝の冷え込みはマイナス5℃くらいで大したことはありませんでしたが、夕方から夜にかけてはだいぶ冷え込んできました。でも今シーズンは家の中が前の冬以前よりだいぶ暖かい感じがします。去年の9月に台所の改装をしたことと、割と乾いているいい薪をストーブに使えていることが大きいようです。建て替えをする家からもらったシステムキッチンに合わせて台所を改装したわけですが、台所が隣の部屋と一つになり、広くなって使いやすくなったのはもちろんのこと、床も断熱材を入れて杉の無垢材の板張りにしてもらった為、暖かさが前とは全然違います。違うとは工事の時にも聞いていたけど実際に体感するとすごいものだなと思います。だいぶ前に新聞で読みましたが、室内の温度の低さにおいて、長野県は全国一位というデータがあるそうです。ものすごく寒い割に、家がそこまで寒さに対応していない、という感じ。最近の住宅は気密性ばっちりでとても暖かいらしいですが、僕らのように少し古い家に住んでいると、家の中が寒いんです。僕らのような新規就農の、外から来た農家たちは空き家などを見つけたり紹介してもらったりして住むわけですが、そういうところは基本的に寒く、「うちは朝味噌汁が凍ってた」みたいな寒さ自慢で盛り上がったりします。このあたりでは一昔前、つい40年くらい前は、ストーブのような部屋を暖めるものは無く、こたつだけの家が多かったようです。ちなみにその新聞記事にはこたつの保有率が長野県は全国一位、というのも挙げられていました。うちは使っていませんが。
 という感じでうちも寒かったし今もまぁ寒いですが、今年は少し暖かい。うちは薪ストーブを使っているので、手に入る薪の質によってだいぶ暖かさも変わってきます。いい薪が調達できないと、生の木を燃やさなくてはいけなかったりもするので、そんな木を燃やしていたら部屋は全く暖まりません。今年は家の近くで割といい木を拾ってくることができたり、少し買ってき薪がよく乾いていてよく燃えて、それなりに暖かい日を過ごせています。チェーンソーも少しは慣れてきたので、薪づくりもそれだけスムーズになってきました。まさかりを使っての薪割りも、なかなか奥が深いです。楽しんでやっています。ちなみにうちのストーブは僕らの住む東信地域で作られ、売られているカラマツストーブというものですが、もともとカラマツの森の荒れた状態を危惧して作られたもの。カラマツの間伐をして、その間伐材を有効利用できる手段、例えばストーブで燃やす、ということができればいいのでは、ということで、広葉樹よりも遥かに高温で燃える針葉樹に耐えるような設計で作られているようです。うちは縁あってこのストーブを購入して、僕ら夫婦が暮らし始めた6年前くらいから愛用しています。上で料理もできるしお餅やトーストも焼けるので、便利。で、間伐材ということで割り箸のことが浮かびました。最近はファミレスなども割り箸でない、使い捨てではない箸を使っているところも多いようで、それを「エコ」とかアピールしていますが、合成洗剤をガンガン使って洗う箸が果たして環境に優しいと言えるのでしょうか。その場合、国産の間伐材の割り箸ならそちらの方が環境負荷が少ないのでは?と思ったりします。木の一回使い切りの箸は江戸時代にも使われていたとか。使い終わったら煮炊きなどの焚き付けに使ったわけです。僕らもストーブの焚き付けは、使い終わった割り箸(大量にもらえるルートがあります)を使っています。とてもよく燃えます。自然の中で、もっと自然に、自然として豊かに生きる為に、考えることがたくさんあると思います。そしてそれを考え、実践することは楽しいことだと思います。
 
今週のセット
 お餅と加工品中心のセットです。僕は酒蔵の勤務が忙しくて土日も午後いっぱいかかる日もあって、5日から休み無しで働いています。そんなわけで1月のお餅作りと出荷作業は全てゆっこさんがやっていて僕はノータッチです。食べるのが専門(笑)。今回のセットが今シーズン最終になる方もいますが、本当に今シーズンもありがとうございました。おかげさまで生きています。よかったらまた5月末くらいから、よろしくお願いします。

ムーミン

 最近僕とゆっこさんがはまっているのがムーミンシリーズ。僕もゆっこさんもこれまでほとんど触れたことのなかったものなのですが、ゆっこさんが図書館で気まぐれに借りてきて、娘たちに読んで聞かせていたら、これがとても素敵!驚きました。トーベ・ヤンソンさんの描く「ムーミン」と呼ばれる種族のとある家族とその仲間たちのお話ですが、登場するそれぞれのキャラクターの自由さと個性と、その関わり合いが読んでいてとても気持ちがいいです。それぞれがそれぞれを、何のことはなくごく自然に、ただ認め合っている、こんな社会がいいなと思います。どのキャラクターも本当に魅力的。
 講談社の『ムーミン童話全集』というのを読んでいますが、①と②は読み終えました。今③を家族みんなで読み進めているところ。僕らが読めば葉菜ちゃんたちも楽しく聞いているようですが、どちらかというと僕ら夫婦が熱心に読んでいます(笑)。子ども達に読みたい、自分たちが読みたい、と強く思うような話にはなかなか巡り合いません。グリムとかアンデルセンとか有名どころの童話とか、日本の昔話とかも、魅力を感じるものが少ない。葉菜ちゃんのいつかの誕生日に買った『今日のおはなしなあに』という本があって、これは春・夏・秋・冬、それぞれの本に一日一話の話が載っているのですが、この中でこの話いいな!と思うものにはなかなか巡り合いません。ちなみにその中でこれが好きだ、というのは「かさじぞう」。あとかなり簡略版だけどトルストイの作品は惹かれるものがあります。というように魅力を感じる作品は365以上の作品を並べられても本当に数えるほど。葉菜ちゃんや花野ちゃんに本当に読んでほしいとか、聞いてほしいと思う作品があまり無いということ。そんな中で、ムーミンシリーズは是非読んでほしい。自分で読めるようになってからも、是非触れて欲しいと思う物語です。こんな作品との出会いは本当に嬉しい。大切なことはみんなが一つになることではなく、みんながそれぞれ違う、ということを理解することだと思います。そしてそれは、不可能なことではないと思います。それを、ムーミン谷の仲間たちも教えてくれます。 健
スポンサーサイト

コメント

エリックご無沙汰ですww
200号すごいね。
いつも読み逃げだけれど
お子さんたちの成長の様子、自分の孫のようにみてます。
早く春が来て、土に触れる暮らしになるといいね。
お体にきをつけてがんばってください!!

  • 2015/02/18(水) 11:57:42 |
  • URL |
  • オリオリ #ehuBx04E
  • [ 編集 ]

ご無沙汰です!読んでくれてるんですね。ありがとう。励みになります。
種まきが始まるまでもうすぐです。酒の仕込みも終盤。がんばります!

  • 2015/02/19(木) 23:33:59 |
  • URL |
  • こみけん #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/232-8afe94e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad