ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 201号

今日もお越しいただきありがとうございます。今シーズン(というかもう昨シーズンと言うほうがいいのかもしれませんが)最後のひとつぶ便りのアップをしておりませんでした。書いたのは1月末。今日は2月最後の日。だいぶ春めいてきましたね。もうすぐ種まきだー!

というわけで2014-2015シーズン最後のひとつぶ便りです。どうぞ。

ひとつぶ便り 201号(2015年1月30日便)
 いつもありがとうございます。昨年5月に始まった今シーズンのお届けもいよいよ最後となりました。今シーズンも最後まで食べて頂いてありがとうございました。また3月から種を播き、育て、5月末にはお届けできるようがんばります。その時はまた、よろしくお願いします。
 去年を振り返ると夏、雨がやたらと多くて涼しくて、野菜が例年に比べてだいぶ採れませんでした。天候のせいにするのは簡単ですが、ちゃんと採れていた友人もいたし、技術とか、農家としての力の無さも感じました。土がまだまだ育っていない畑もあります。色々と改善できることがあります。技術も土も、健全に育てていきたいです。畑の上での技術も、営業能力も、まぁ色々と全然ダメなんですが、おかげさまで楽しんでやっています。目の前のものがちゃんと見えれば見えるほど、その楽しさは増すものと思います。だから今年は去年より、もっと楽しませてもらいます。日々、楽しくやっている、ということが、伝わればいいな、というのもこのお便りを書いている思いの一つです。

 1月末から2月の後半くらいまでがこのあたりもいちばん寒いですが、今のところ比較的暖かい(といってもマイナスですが)日が多い気がします。朝、マイナス10℃前後まで下がる日ももちろん多いですが一方で0℃前後の日があったりして、上下動がとても激しいです。この前、最低気温の3日間の動きが0℃→15℃→0℃って時がありました。なかなか・・・。去年の1、2月はすごく寒かった印象があります。15℃連発って時がありました。そして去年の2月と言えば歴史的な大雪。今年はどうでしょう。
 というかこれを書いている28日夜、外はかなり冷え込んでいます。星がきれい。家の中は薪ストーブのおかげで結構暖かいです。ありがたい。背中の方でストーブが燃えています。

今回のセット
 最後の便も、お餅と加工品をお送りします。僕は毎日酒蔵に出勤しているため、12月と1月の出荷作業はゆっこさんが1人でやっています。今回の餅づくりもゆっこさんがやりました。その日娘たちは、丁度うちの両親が来ていたのでたくさん遊んでもらって楽しんでいたようです。今回のお餅も、漬け物など加工品の全て、ゆっこさんが仕込んだものですが、当然ながら僕もその原材料のお米や野菜を作ることに深く関わっています。日常の料理、パン、お菓子、漬け物などを食べる時、多くの人がそれを料理した人、加工した人へ、ほとんどの感謝を向ける気がします。原材料を作った農民たちは、意識すらされないことも多いように思います。僕が昔そうだったから。そこに感謝を向けることができるだけで、だいぶ世界は広がる気がします。そしてもっと踏み込んで意識を広げていけるなら、そこにある全ての自然の存在を、感じることができます。どんなものも、自然から離れて存在しているものはありません。今僕の目の前にあるパソコンも同様。でもやはり、食べ物はそういうものよりも遥かに自然を感じやすいものだと思います。自然と自分のつながり、というか自分は自然そのものだということを感じられるのは、嬉しいことです。楽しいことです。

子ども達のこと
 朝、僕が出勤する時間には子ども達はたいてい寝ているので、僕が子ども達に接するのは今は主に夕方から夜。夏場より一緒にいる時間が短いかと思ったらそうでもないか。夏場、農業をしている時は昼が長く、それだけ働いているので5時ちょっと過ぎには間違いなく家に帰れる今の方が、むしろ一緒にいる時間が長いかもしれません。
 葉菜ちゃん(はな・5歳)は平日は幼稚園に通っています。靴もスキーウェアも、海外のちゃんとしたメーカーのものを着用し、防寒体制ばっちりで元気に遊んでいるようです。前日の天候等により、雪が積もったり凍ったりであまりにも路面の状況が良くない場合、ゆっこさんが車の運転をためらうため幼稚園を休むこともしばしば。まぁ最近は妹の花野ちゃん(かや・2歳もうすぐ7か月)と楽しく遊べるし、ゆっこさんも夏ほど忙しくないので一緒に遊べるし、それはそれでいいなと思います。そんな時は近くの山にみんなで歩いて行って、そりすべりをしたりして遊んでいるみたいです。僕が酒蔵から帰ってくると濡れた長靴や手袋がストーブの脇で干されていたりします。
 葉菜ちゃんは少し前から片づけがとても上手になり、遊んだ後やご飯の前など、きれいに片づけをしてくれます。僕より葉菜ちゃんの方が間違いなく片づけ上手だし、色々なものの場所も彼女の方が良く知っています。ご飯の準備などもよく手伝ってくれます。繊細で、気を遣う性格。僕が気を遣わせてしまうことが多々あるのは反省するところ。家の中にいる時はお絵かきやお手紙を書いたりするのが好き。素敵な色使いをしているなと思います。絵本を読むのも大好きです。あと昨年12月だったか、葉菜ちゃんは絵本を一冊、描きました。タイトルは「みみみちゃん」。字も絵も葉菜ちゃん作。内容は僕にはわかりきれない部分がありますが、「あさひがのぼります」「ともだち」「いっぱい」という素敵な言葉で終わる内容。絵も色々ときれいでかわいいし、すごくほのぼのした気持ちになる絵本で、僕は大好きです。
 
 繊細で何かあれば嘆く感じの葉菜ちゃんとはだいぶ異なり、花野ちゃんは怒りんぼうで自分の主張をなんとしても通そうとする強い意志を感じます。葉菜ちゃん、花野ちゃん、それぞれ全く違います。それぞれ、素敵です。花野ちゃんは最近「怒り」に敏感で、言葉のニュアンスに少しでもその感情が入っていると「花野ちゃんうるさいの嫌いなんだよ」と言います。声のボリュームが大きくなくても、こちらの言葉に「怒り」が少しでも含まれていれば、そう言います。少しずつ色々と、伝える能力、受け取る能力を発達させていくものなのだと思いますが、生まれて2年半くらいでもうかなりの部分を身に着けているのかも、と思います。「三つ子の魂百まで」と言いますが、この頭の能力がもっともノリにのっている時期に作ったものは、一生使っていける素晴らしいものなのかもしれません。
 
 僕自身が、子ども達にとっての良い環境の一つでありたいなと思います。今はそうでは無い部分も大きい。もっと素敵な人間に、優しいものになりたいなと思っています。平和に、平和そのものになりたいなと思っています。微笑むこと。息をしていることに気づくこと。今ここを生きること。もっと、実践していこうと思います。今!
 改めて、今シーズン、本当にありがとうございました。いつも僕らを支えてくれる皆さんと、全ての自然と、自分たち、全てのものに、ありがとうございます。今後とも、よろしくお願いします。   健

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/233-b5aa0b82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad