ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 210号

今日もお越しいただきありがとうございます。
連れ合いはめっちゃつわり中。最近食べられるものは大豆ミートとかゼリーとか。あとカステラとかもいいみたい。ご飯もパンも麺類も基本的にダメですが、たまにパスタはいけるようです。今10週目に入るくらいなので、辛いピークはそろそろ終わるのか?といったところ。どうなるかはわかりませんが、一般に12週ぐらいまでがきついとされているようです。

では先週のひとつぶ便りです。

ひとつぶ便り 210号(2015年7月3日便)
 いつもありがとうございます。昨日(30日)の夜から今日の夕方まで雨が降っていました。ここのところよく晴れていましたが、風は冷たい日が多く、農作業をするにはなかなかいい気候。夏野菜たちにとってはもう少し暑い方が良さそうですが。今日の雨上がりからは暖かい風が吹いています。今日は昼間より夕方の方が暖かい、みたいな感じでした。
 このお便りを書くのはほとんどが夜です。今日も静かな夜。僕らの住む柳沢集落は12戸くらいしか家がない、佐久穂町の中でも最も小さい規模の集落。街道沿いにあるわけではなく、どこかへ通り抜けるにも便利な場所ではないので、夜はほとんど車も通りません。本当に静か。こうしてパソコンを開いていると忘れがちですが、静かで素敵なこの夜を、もっと感じていたいなと思います。それを感じながら、ものも書きたいです。昼間、畑にいると、その時はその時なりの、様々な気持ちが湧いてきます。こんな風景を伝えられたらな、とか思ったりもします。でもこうして夜になって家にいれば、畑の臨場感はなくなっているのがわかります。その時の感覚はその時しか味わえないものだなと、思います。畑のことを書くにせよ、無理に臨場感を出そうとするよりも、今この静かな夜に心を留めて、丁寧に書いていきたいなと思います。

今週の野菜セット
 先週からズッキーニがとれ始め、毎日コンスタントにとれています。和洋中、どんな料理にも合う、幅広く使える野菜なので、お好みで色々試してみるといいかと思いますが、まずはフライパンで油で焼いて、塩、というのがおススメです。うちも色々やりますが、これで始まりこれに帰ってきます。
 カリフラワーは今回初登場!カリフラワーは毎年とても評判がよく、ひとつぶ農園の「看板」の一つとも言えるようなイメージ。とても美味しいです。僕ら家族みんなも大好きです。
 季節と共に、だいぶ野菜の内容も移り変わってきました。葉ものばかりだった春から、少しずつ根菜とかキャベツ、ブロッコリー、そして実ものがとれるようになってくる。こうやって季節と共に食卓が変わっていくのは、楽しいです。嬉しいです。

花野ちゃん3歳!!
 6月最後の日は花野ちゃんの誕生日!3歳になりました。おめでとう!ありがとう!
 花野ちゃんはよくにこにこ笑っています。素敵な表情をするなぁといつも思います。すっごいかわいい(笑)。先週もお伝えした通り、ゆっこさんが3人目を妊娠し、最近つわりがひどいため、お昼は僕と花野ちゃんと2人で食べることが多い(葉菜ちゃんは幼稚園)。一緒に過ごす時間も増えて、色々と成長も実感します。今持っている素敵なものを、ずっと持ち続けていてほしいなと思います。
 最近、子どもたちと夜のお散歩が流行っています。ここ5日ぐらい毎日、夕食後の7時半くらいから30分前後、近くの道路を散歩しています。そもそも僕が近くの畑の鹿よけの電気柵のスイッチを入れ忘れ、車で行くのもなんだし(大人の足で徒歩2分)歩いて行こうと思って、子ども達も誘ってみたらとても乗り気だったので一緒にそこまで歩いて帰ってきた、というのが始まり。その日は夕焼けがきれいでした。次の日も「今日も行く!」ということになり、出発。しかし葉菜ちゃんはこの日は眠かったらしく、出てすぐに家に戻りました。花野ちゃんも帰るか訊いたら帰らないということだったので、2人でそのまま散歩しました。僕の両親が来るとよくこの辺りを子ども達と散歩してくれるのですが、そのおかげで花野ちゃんも慣れたもので、「牛さん見に行く!」とか「ヤギさん見に行く!」とか言って、リードしてくれました。この日は結局ヤギさんを見に行くコースを回りました。僕らの住む柳沢集落は、酪農をやっている家があったり、個人的にヤギを飼っている家が2軒あったりします。人間より牛のが多い集落です。
この日のお散歩の最中、ふと自分と親のことを思いました。子どもたちを散歩によく連れだしてくれるのは父なので、特に自分と父のことを。花野ちゃんと手をつないで歩きながら、ほとんど記憶にないけど自分や兄もこうして歩いたんだろうな、と。嬉しい気持ちがありました。あとなんというか、これは親からの経験を僕が花野ちゃんに伝えた、というより、親が花野ちゃんに教えて、それを僕が花野ちゃんから伝えられて思い出す、という順番で、ちょっとおもしろいなとおもいました。
その次の日は、葉菜ちゃんも一緒に回りました。月の光や街頭のつくる影の観察に3人とも楽しくなり、影で遊びながら散歩しました。一周してもまだ行きたがったので、延長して違うところへも行きました。で、その次の日は花野ちゃんの誕生日。この日も行き、今日も行きました。ちょっと車は怖いですがまず数が少ないし、白い服を着て懐中電灯を持って、道の端を歩いていればさほど危険も無さそう。一歩一歩、大事に踏みしめながら歩くのは、本当に楽しい。子ども達が行きたいという日は、今後もぜひ行こうと思います。

大切にしたいもの。本当のこと。
 葉菜ちゃんが生まれて6年、花野ちゃんが生まれて3年が経ちました。ゆっこさんと葉菜ちゃんと暮らすようになった後の自分の成長と変化は、ものすごいものだと感じます。禅僧ティク・ナット・ハンとマインドフルネス(「気づき」)との出会いとか、信頼できる何人もの友達との出会いは、僕の世界をどんどん広く、深くしてくれています。僕が生まれて今月で31年。ここ数年の変化も、それまでのすべての経験あればこそ。それもまた、自分の両親を始め、人、もの、自然、全てがもらったもの。本当に、ありがたいなと思います。もちろん欠点もものすごくたくさんあるけど、それも含めてこんなに楽しい人生が目の前にあることの喜びを感じています。まず両親に、ありがとう。全てのものに、ありがとう。
 世の中には、日常には、色々な言葉が飛び交いますが、どれが本物でどれがウソか、わかるようになってきました。例えば種のことで言うなら「種をまいたら芽が出る」というのが本当のこと。「種をまかなくても芽が出る」というのがウソ。これでいう、ウソの方が当然のようにまかり通っているのが現在の日本の社会だと思っています。子ども達に、自分に、本当のことに触れてほしいなと思います。知ってほしいなと思います。それは、「色々な考え方がある」などという次元の話ではありません。こうしたら、こうなる。こうしなければ、こうならない。というのは、明確な事実。直接体験して知り得た、そういう事実に沿っていけばいいのだと思います。幸せはいつでも今、この場所にあります。         健
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/242-5949b274
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad