ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 211号

今日もお越しいただきありがとうございます。毎日暑いですね。

先週のひとつぶ便りでっす。

ひとつぶ便り 211号(2015年7月10日便)
 いつもありがとうございます。今、静かな夜です。今日もほぼ一日雨でした。よく降りますね。僕らの住むこの地域は基本的によく晴れるところで、例年、梅雨もそれほど降らないで結構晴れている印象ですが、今年はよく降ります。降らなくても曇っていることも多く、気温も低め。涼しい日が多いです。過ごしやすい。人間は過ごしやすいですがそれは夏野菜たちにとってはやや低温ということ。また雨が多い分、草は伸びやすかったり病気がでやすかったりしますが、夏の実ものたちはそれなりに順調に育っているように思います。これで晴れた暑い日があると、一気に大きくなったり色づいたりしそうです。予報だともう少し涼しい日が続きそうですが。晴れが続けば雨のありがたみがわかるし、雨が続けば太陽のありがたみがわかります。今は晴れが欲しい!
 雨の日は雨の日で土手草を刈ったりハウスの仕事をしたり鉢上げをしたり、色々とやることはあります。迫るたくさんの作業になかなか追いついていませんが、それぞれのことを結構楽しくやっています。

今週の野菜セット
 雨の中でも色々と野菜たちはがんばってくれています。今がんばってくれている、と書きましたが野菜たちは僕らの為に、誰かに食べられる為にがんばっているわけではありませんね。生きる為。命をつないでいく為に、彼らはいつでも淀みなく全力。何が起こっても、その時々、最善な方法を選択して見事に生き抜いています。例えば僕らがブロッコリーを収穫しても、茎が残っていればまた脇芽が出て、放っておけば花を咲かせて種をつけます。どんな野菜であれ、人に収穫されようとと鹿に食べられようと、残った茎とか根で再び花をつける為にがんばり、なんとか種をつけようとします。ひたむきとか、そんな言葉では足りない、その生き抜こうとする姿勢の美しさ。心が熱くなります。命をつなぐその営みのどこかを、僕らはいただいています。ありがとう。
 
 ブロッコリーが絶好調でたくさん入ります。この時期はすぐに花が咲いてしまうので、お早目にお召し上がりください。茹でて置いておけばいつの間にかなくなる美味しさです(笑)。僕らが点在して借りている畑のうち、2年目から使っている畑でとれたもの。最初の頃に比べてだいぶバランスがとれた、とても良い土になってきたと思います。何でも育てやすいです。
 夏の実ものはまだズッキーニくらいしかありませんが、ナスやトマトなども現在順調に成長中です。晴れたらどかーんととれるのではないかと思いますがまた次回以降、お楽しみに。

つわり近況
 3人目を妊娠中のゆっこさんはただいまつわり真っ最中。かなり辛そうです。なかなか動くこともできず、食べられるものもかなり限定されています。何が食べられるのか、それを毎日探っていますがなかなか正解にたどりつけていない時も多い。背中から腰にかけてのマッサージはなかなか有効。腎臓のあたりが特に効くみたいで、毎日よく押してます。それを見た花野(かや)ちゃん(3歳)が時々ゆっこさんの背中に乗って足で踏み踏みしています。この前だいぶ長い時間やっていたようで、だいぶ楽になったと言っていました。グッジョブ。葉菜(はな)ちゃん(6歳)も花野ちゃんも、とても優しいなと思います。花野ちゃんは「○○やってあげた」と、恩着せがましいところがあるのもまた好きです(笑)。
ゆっこさんの今回のつわりは今まででいちばん、食べるものがわかりにくい感じがします。日によって、週によって、食べたいものが変わってきたりもします。安定して食べられるものが未だ見つからないような感じ。お米、パン、麺類もほぼダメで、お腹にたまるものがなかなか食べられないというのが最近の状況。今、最も食べたいのは桃みたいですが、果物は農薬がすごいし、それが原因かはわかりませんがそのへんで手に入るものを食べるとちょっと呼吸が苦しくなったりするようです。「大豆ミート」も割と流行っています。今回は、化学調味料とか添加物とか残留農薬などに、割と敏感に反応するようで、同じものを食べるにしても添加物があるかないかでは全く反応が違うようです。そういうのが多く含まれているものは、その時は食べられても後で必ずダメージを受けています。うちはもともと、食べ物を買うことは極端に少ない家庭だと思いますが、今はそれだとゆっこさんの食べるものがありません。こんな状況だと、どこでも食料が買えるのことがとてもありがたいことだと思いますが、同時に、近くのスーパーなどでは有機のもの、無添加のものなどが選べもしないこの状況が、おかしいのではと感じます。例えば東京であれば、自然食品店は割とどこにでもあって、そういうところで買うことも可能ですが、僕らの住んでいる場所ではそういうお店はほとんどありません。ゆっこさんはこの前、食べるものを求めてお隣の山梨まで足を運んでいました。車で40分ほど。もう少し、まともなものが近くで買えたらいいのになと思います。農薬がかかっていない野菜、添加物の入っていない加工食品、それは何か特別なものではないはず。むしろ、ど真ん中の、まともなものだと思います。そういうものが、選べもしないのがこの国、この社会です。
僕らはこうして有機農業をしていますが、農家全体からすればものすごく少数。だから世の中的には「特殊な農業」という扱いですが、むしろ多数派である、現在の多くの農家さんたちのやっていることの方がよっぽど特殊だと思います。たいていの場所において、多数だから正しいとか、多数だから「ふつう」だとかいうことになっていますが、それは誤りです。物事が正しいか正しくないかは、数とは関係ありません。
辛そうなつわりが続くゆっこさんですが、早く楽になったらいいなと思います。現在妊娠10週目。赤ちゃんは2~3センチくらい。小さいけど、確かに生きてるんですね。こんなつわりをもたらす程に。とにかく元気に育っていって欲しいなと思います。

子どもたちのこと
そんなわけでゆっこさんがほとんど動けないのでいつにも増して姉妹2人でよく遊んでいます。ケンカもよくしています。2人ともお絵かきがとても好きで、スケッチブックはすぐにいっぱいになるし広告の裏紙などもすぐなくなります。何度でも書いて消せる「せんせい」も多用しています。楽しそうです。2人とも素敵な絵を書きます。最近は雨で行けない日もありますが、夜の散歩も続いています。特に花野ちゃんが誘います。本当は昼間から行きたいようですが、大人の都合に配慮してくれているようです。
 家族4人(お腹の中にもう1人いますが)、当たり前のように「家族」していますが、改めて見てみればすごいことだなと思います。この家族で一緒にいられること、心より嬉しいです。もっともっと、自分自身とこの家族の平和を、実現していきたいです。今この場所で、できることがあります。    健
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/243-fb666c77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad