ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 228号

今日もお越しいただきありがとうございます。更新サボってたのでまとめてアップ、3つめ。
先週のひとつぶ便りです。これは更新遅れてません(笑)。

ひとつぶ便り 228号(2015年11月6日便)

いつもありがとうございます。11月に入り、1日、4日と、朝は強い霜が降りました。朝は畑が真っ白です。車の窓ガラスも凍り付いています。昼間はまだまだ気温が上がってくれるし、朝の冷え込みもマイナスに行くか行かないか、といったあたりでまだまだ序の口。1月、2月頃にもなればマイナス10℃はざらだし、15℃が連日、という年もあります。本当に、寒い地域です。人にも動物にも植物にも厳しい場所ですが、それでもどうにか、それぞれが冬を越していきます。植物の多くは枯れるし、動物たちは冬眠したりして、それぞれの活動は夏とは全く違った形になりますが、冬は冬で、生命の力強さを感じます。
 冬の、この見えないけど確かにそこにある命たちを感じるのが好きです。「ひとつぶ農園」という名前の中に、「冬」のイメージもあります。一粒の種は、命の始まりの姿とも言えるし、終わりの姿とも言えます。自分の中で、どちらかというと「始まり」のイメージが強かった「種」というものの、「終わり」の方のイメージを、含ませておきたかった。うまく言えませんがそんな思いがありました。種から芽が出て、育ち、花を咲かせ、種をつけ、枯れる。また種から芽が出る…。よくよく見ていくならば、どこからも始まってはいないし、終わってもいません。
また、直接的に種をつないでいく、子孫を遺していくことだけを指して、命の流れを見ることはできません。種を残さないとしても、子どもを産まないとしても、命の大きな流れがそこで断たれるわけでもないし、その流れから外れるわけではありません。畑の命たちを見ていくなら、直接子孫を遺すかどうかは、そうたいした問題ではない気がしてきます。枯れた植物たち、死んだ動物たちは、そこで何らかの働きが終わったものですが、それはまた新たな始まりとも言えます。生きていたときにはできなかったことが、死んだときできるようになります。例えば植物の残さは他の植物の栄養となっていくし、動物の死骸もまた土に還り、他の命の糧となっていきます。個体、液体、気体、様々な形になって、また他の何かの一部になったりします。
当然人間もまた、そういう命の流れの中にいるし、他の命、命以外のものからできています。奇跡などと言う言葉では足りないくらいの奇跡が、ここにあると感じます。

今週の野菜セット
 寒さに当たり、主に葉ものたちが甘みと柔らかさを増しています。野菜の味がよくわかる、シンプルな食べ方がおススメです。お鍋も美味しい季節です。
 今年は(うちとしては)大根が立派に育っています。「秋づまり大根」という品種。交配種ではない、在来種、固定種と呼ばれる品種です。お尻の方がとんがらず、丸まった形になるのを「つまり」というようで、秋のつまり大根というそのままの名前です。煮物などに向く大根です。秋は春に比べて大根、カブなど作りやすく、この時期のものは全て固定種のものを育てています。うちの農園は他の品目もF1ではない、固定種のものを多く育てていますが、自分で種採りをするのは技術的にも手間的にも難しい部分が大きくて、自家採種はトマトやカボチャなど、やりやすいものだけやっています。他のものに関しては、昔ながらの固定種を扱っている小さい種屋さんから主に買っています。種を選ぶのは有機農家の楽しみの一つだと思いますが、僕らは特に固定種の種を選んでいる時にわくわくします。
 大霜がきて、畑の草もだいぶ枯れ、夏野菜たちは全て枯れましたが、秋野菜たちはまだまだいける!という感じです。昼間は暖かいので一週間も経てばだいぶ大きくもなります。野菜たちは全力で、ひたむきに今日も生きています。

お酒造り始まっています。
 そういえば先週、先々週とほとんど書いていなかったのですが、酒蔵(黒澤酒造)の冬期勤務が始まっています。先月の19日から毎日行っています。出荷の為に水、木曜日の半日休ませてもらい、当面やっていく予定です。野菜セットもまだまだ続きますのでよろしくお願いします。冬期の人員が僕以外の2人が替わりましたが他の通年雇用の方たちは替わらず、ある程度馴染んだメンバーとまたお酒づくりが始まりました。僕は「釜場」と言われる、主にお米を洗ったり蒸したりするところを任されています。日本酒はお米のお酒。原材料のほとんどはお米と水です。僕の勤めている酒蔵は、中規模といったところかと思いますが、多い時は一日2トンものお米を機械で洗ったり、蒸したりします。とにかくすごい量のお米を扱います。どうか日本酒や、他のどんなお酒を飲むときも、大切にお飲みください。アルコールや肉を生産する為に使われる穀物は膨大で、先進国の人間がアルコールや肉の消費を半分にすれば、世界から飢餓が無くなる、と言う話もあります。
 あまり意識しないことも多いかと思いますが、どんなお酒も何らかの農産物からできています。お米の浸漬や蒸し具合、麹の出来具合、もろみの管理、色々な工程とそれぞれの技術があって、お酒はできていきますが、何よりの基本はやっぱり原材料だと思います。日本酒ならば、お米。そこで、多くの部分が決まると思います。ちなみに黒澤酒造は全量長野県産米で、契約栽培でもかなりやっています。このあたりは標高も高いし一枚一枚の田んぼが小さいので、お米を大量に作るには向きませんが、会社の近くでの自社栽培も年々拡大しているようです。

かさじぞう

 ところで「かさじぞう」の話、大好きです。この前葉菜ちゃんたちが図書館で紙芝居を借りてきましたが、やっぱりいい話だなと思います。とりわけ大好きなシーンが、おじいさんが売りに行った布(糸っていう本もある)が売れず、交換したかさは全てお地蔵さんに被せて帰ってきたあとの、おばあさんが全く残念がりもせず「いいことをなさった」というところ。かさじぞうは、おじいさんの布とかさを交換するかさ売りの人とかも含めて全体を通じて優しい感じがするのだけど、このおばあさんの暖かさがたまりません。で、このあと二人は食べるお米もなく、漬物ぐらいしか食べるものがないという状況で、それでも2人ですごく幸せそうにそれを食べて、眠りにつきます。このあたりが大好き。だからこの2人はたとえお地蔵さんたちが何も持ってこなくとも幸せだったし、いい正月を迎えたのだと思います。このあたりの暖かさは他の昔話でなかなか感じたことのないものです。かさじぞう、素敵です。
 この話なら安心して読める、この作家さんの話なら安心して読める、というのがあります。そういうお話に出会えることが嬉しいです。そういう話を、子ども達と読みたいです。            健
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/260-a9efd2c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad