ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 270号

いつもありがとうございます。2週間アップしてませんでしたが僕はそこそこ元気にやってます。
1歳4か月の、はるちゃんがなかなかしつこい風邪で、熱が上がったり下がったりの繰り返しですが、
まぁ元気は元気だし、熱もピークは超えてる感じはあります。食べ物と飲み物に困っていないだけで、どれだけありがたいことなのかと思います。たぶん、大人にせよ子供にせよ、衛生状態、栄養状態が悪かったなら、あっけなく死んでいくのでしょう。そこが、確保されていることが本当にありがたいし、そこが確保されていない多くの国々を犠牲にしてそれを成り立たせているという事実が、色濃くあることを、忘れてはいけないと思います。

では先々週のひとつぶ便りをアップします。

ひとつぶ便り 270号(2017年6月9日便)
 いつもありがとうございます。このところ、だいぶ涼しい日が続いて、朝晩はもちろんのこと、日陰は昼間でも寒いくらいの気温でした。体調を崩すこともなく、家族5人、元気にやっております。
葉物たちの、とうがだいぶ立ってきて、花が咲いてしまっているものもあります。そのため今回は葉っぱとしてではなく菜花としてお送りするものもあります。寒さに当たって、暖かくなると花芽がついてくるものが多いのですが、春のこの時期はどうしたってそういう気候から逃げられはしないので、自然の営みとして野菜たちも花をつけ、そして種を残そうとします。そもそも僕らは野菜たちが、命を未来へつないでいくための活動の、どこかの部分を食べている、いただいているわけですが、花のついた野菜たちもとても美味しいので、お楽しみください。
 
 6月の3,4日に、田植えを終わらせました!うるち米は主にうちで食べるもの。もち米は、また年末にお餅をついて皆さんにもお届けする予定です。
うちにある田植えの機械は、田んぼの中を歩きながら2条ずつ植えていくものです。去年、いつもお世話になっている農機具屋さんにあった中古のものを安く手にいれたものですが、去年に引き続き今回も、しっかり動いてくれました。田植え機は、一年に一度、この時期しか使わない機械なので、ほとんどの期間、倉庫で眠っています。この時期になって、またちゃんと動くのか、毎年結構心配だったりします。小さな機械でも、機械の力は絶大で、あるかないかでは全然スピードも作業効率も違います。機械は人が一人動くことよりも遥かに多くのエネルギーを使うわけで、なるべく頼りたくない気持ちもありますが、馬とか牛と共に農業をしているわけでもなく、少し昔の時代のように、村全体で農業をしているような環境でもないので、機械の力にありがたく、頼っています。まぁしかし、大型トラクターに一日中乗り続けるような現代の一般的な農業からすると、僕らはものすごく手作業の多い農業をしています。今回の田植えも、一日目は機械で植えて、機械で植え終わったあとはひたすら手で追い植えです。育苗の具合や田んぼの状態などにより、機械で植わっていないところがあるので、そこに余った苗を手で植えていきます。結構抜けているところがあるし、一本だけ植わっているところに足していったりもするので、ふつうに手植えしている気分になります(笑)。二日目は一日中追い植えしていました。この追い植え、補植とも言う作業ですが、大体の場所であれば、植わっていないところは他の稲がその分太陽も当たるし分げつして広がっていくので必要のない作業だそうです。でも特に寒いところは例外で、あまり一株が分げつして大きくならないので、とにかく数を植えた方がいいみたいです。
2日で20時間ぐらい田んぼにいたんじゃないかと思いますが、そうやって朝から晩まで働いても、天候などの具合で収穫にも収入にもならない可能性もあるし、お米にせよ野菜にせよ、まともにとれても儲かるわけではありません。お金のことだけ考えるなら、とてもやっていられるものではありませんが、作業そのものが楽しいのだから、幸せであるのだから、既にそこで何よりも大切な、得難きものを得ています。田んぼにいて、風が吹いて、水面が波立って、あぁなんか最高、って思いました。      健
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/302-1ec8970a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad