ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 271号

いつもありがとうございます。先々週、先週のお便りを続けてアップしています。これは先週のやつ。
花野ちゃんの通う幼稚園でも風邪が流行っているようで、うちでは、はるちゃんが発熱中ですが、葉菜ちゃんは今回はとにかく無敵。花野ちゃんはすっかり元気になり、ゆっこ氏はよくなってきたかな。僕はまぁ多少咳が出るときがありますが、概ね元気です。

今日は花野ちゃんと2人、ポレポレツアーというのに行ってきましたが、今年も本当によかったです。生きるってどういうことか、愛ってどういうものか、そういうのをまざまざと見せつけてくれるライブ&トークイベントです。
エネルギーの為に人が殺し合い、奪い合っています。資源開発のために、誰のものでもない土地を僕ら先進国の人間が奪ったり、奪い合ったり、破壊したりしています。アフリカ大陸は、その犠牲の最前線なのだと思います。食べ物がない、住むところがない、その中でも命を輝かせて生きる人々の姿、それは本当に美しいものだけど、なんでそんなにその人たちが苦しんでいるのか、その原因の多くの部分を日本人もまた担っています。
お便りの中で書いた小出さんの話とも、深くつながっています。「原発がダメなら自然エネルギーで」なんて話ではありません。エネルギーを大量消費する社会は、大量の犠牲者を生みます。そういう社会のあり方を、根本から変えなくてはいけない、という話です。
という話を、夜、電気を使いながら書いていることについても、同じことが言えるのですが。

では先週のひとつぶ便りです。


ひとつぶ便り 271号(2017年6月16日便)
 いつもありがとうございます。今日(14日)はだいぶ暑くなりましたが、ここ一週間もだいぶ涼しい日が多かったです。皆さんいかがお過ごしでしょうか。我が家は、はるちゃん(1歳4か月)が発熱中、花野ちゃん(年中)は熱はすぐ下がったもののお腹の調子がいまいち、僕とゆっこさんは喉の調子がいまいち、といった状況です。葉菜ちゃん(小2)は問題なさそうで、元気です。
 長野県も梅雨に入ったそうですが、まとまった雨がなかなか降らないので、畑は乾き気味です。今夜は予報にない雨が降ってきていて、ありがたいです。春から育ててきた苗たち色々、だいぶ畑に植わってきて、現在は毎日主に、畑や土手に生えてくる草たちに対応しています。今日は、今年初めてやっている、ひまわりの畑の草取りを1日していました。そのひまわり畑は、近くに住む親しい友人と一緒にやっていて、ちゃんとできたら油をとる予定です。草の種類も生え方もそれぞれの畑で全然違って、草の種類や大きさによって、使う農具も変わります。鍬、レーキ、ホー、三角ホー、けずっ太郎などなど、木などの柄に、金属の何かがついた農具たちを使うのが、とても好きです。僕らはビニールマルチを使わないので、特にそういうものの出番が多い農業だと思います。草の小さいうち、もしくは見えないうちに、タイミングよく除草の作業に入れれば、ある程度広い畑であっても、棒一本でかなりの草が抑えられます。根は土を耕し、生えていれば保湿にもなるなど、草が生えることのメリットもたくさんあるし、敵だとか憎いと思ったことはありませんが、作物の根の張る範囲や葉の茂る範囲に生えていては問題だし、どんどん猛スピードで生えてくるので、全力で向き合う必要があります。草と向き合う作業が僕はもしかしたら農作業の中でいちばん好きで、あらゆる作業の中でどれかだけやっていていいというのなら、除草を選ぶだろうなと思います。もっと、技と理解を深めたいなと日々思います。

 ところで、先月末に佐久市にて、元京都大学原子炉実験所の助教、小出裕章さんの講演会があったので、家族5人で出かけてきました。小出さんは、原子力に夢を見てその世界に入ったものの、すぐにそのデタラメさと危険性に気付いて、福島第一原発の事故の起こる何十年も前から、専門家の立場から反対の声を上げ続けてきた方です。今は長野県の松本市に住んでいます。また現在は、「若い世代に来てほしい」という小出さんの意向があり、実行委員の中心に若い人がいることが、講演会をやる条件のようです。それもあって託児の体制やワークショップも充実していて、子どもたちは3人ともそちらで楽しんでいました。いつも、TPPとか戦争や原発関連のこういう集まりに行くと同世代にほとんど会わないし会っても必ず知り合い、みたいな感じなのですが、今回は子供連れの若いお母さんも多く、知り合いばかりではありませんでした。そんな人たちがこの地域で500人以上集まることは、すごいことだと思います。
 講演の内容自体は、既に本などで読んだことや、数年前にやった講演会の内容とほぼ同様だったのでほとんど知っていることでしたが、その、「同じことを言い続ける」ことの、絶大な力を感じました。もっとこの生活の中でやれることがある。やめられることがある。そういう気持ちが、心の底から湧いてきました。誠実であること。それは何よりもかっこいいし美しい。小出さんを見ると、思います。  健

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/303-923fbb81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad