ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 277号

いつもありがとうございます。基本ずっと雨、です。疲れもあるし、心身共に少し落ち気味です。

先週のお便り、アップしました。成長そのものが悪い、といっているのではなく、否定や蔑みを土台にした成長が、いけないものだと思うという話です。ありふれすぎてて気づいてもいない、そういう類の苦しみが、そこにもたくさんあると思います。

ひとつぶ便り 277号(2017年7月28日便)

 いつもありがとうございます。今年の関東甲信の梅雨明けは7月19日という発表があって、その少し前から実際晴れが続いていましたが、ここ一週間はずっと雨模様で、梅雨が戻ってきた感じです。その梅雨明け少し前はすごく気温が高く雨が少ない状態で畑がだいぶ乾いていたので、恵みの雨という部分もありますが、せっかく刈って、はざ掛けしてある小麦が全然乾かないのと、鹿よけの電気柵(ソーラーで充電)の充電が減ってくるのがちょっと困ります。これだけ日照がないのも珍しいかなと思います。晴れ続きだと、どんな作業でもできるので優先順位づけに迷うところがありますが、雨が降ると畑の中は収穫以外では基本的に入らないし、ハウスの中とか土手草刈りとか、やることが限られてくるので、それはそれでやりやすい部分もあります。気分も晴れ続きより少し落ち着きます。まぁでもそろそろ晴れてほしいです。とか言っていると今度は晴れ続きで雨がほしいです、とかいう感じになったりするし、なかなかちょうどいい天気というのはありませんね。今やれることをやります。

 葉菜ちゃん(小2)、花野ちゃん(幼稚園年中)が共に26日が1学期最終日で、夏休みに入りました。好評いただいている「はなちゃん便り」は、葉菜ちゃん本人が「夏休みは休む」と言っていたのでしばらくお休みのようです。ちなみにあれはもともとこちらから書いてと言ったわけではなく、自分で書きだしたものです。いつもは学校から4時くらいに帰ってきて、書いています。葉菜ちゃんは絵を描くとか、文章を書くとか、そういうことは好きだし、得意でもあるのかなと思います。たまに学校の宿題で出るのか、日記を書いていることがありますが、この前読ませてもらったら文章がとてもおもしろかったです。なんというか、軽妙な語り口。どこで覚えたのそんな言い回し、みたいなものがいろいろ出てきて、なんてのは実際に読まないとわからないのでぜひ皆さんにも見てもらいたい気分です(笑)。大人にせよ子どもにせよ、学校のテストの点数に表れないような、体育の何かの測定の結果に表れないような、いろいろなすごいものをそれぞれが持っていると思います。音楽とか絵とか詩とか文章などの表現する活動は、そもそも誰かと比べることはできない気がするし、評価とか、恥ずかしいという意識とか、そういうものからもっと自由であったなら、もっともっと、素晴らしいものが世にあふれかえると思います。
例えば子どもの絵を見ていると、本当に誰の絵も最高だと思うし、大人には絶対に書けない良さが詰まっていますが、その感性をそのまま持ち続けるのが非常に難しい社会環境である気がします。うまくなれ、強くなれ、成長しろ、というメッセージが、世の中にあふれていると思います。その裏には多くの場合、ヘタな自分、弱い自分、未熟な自分への見下しと否定があります。そうである限り、成長すればするほど、苦しくなります。成長すればするほど、自分の一部を強く否定するのだから。ありのままを認め、受け入れ、理解し、愛する、なんて言葉で書くのは簡単だけど、それはとても難しいし、難しいけど全力で取り組むべきことだと思います。例えば弱さを否定することより、弱さを受け入れることの方が、遥かに勇気がいることです。前進すること、行動することより、立ち止まること、行動しないことの方が遥かに勇気がいることだったりもします。そういう勇気を持ちたい。自分のために、家族や誰かのために。健
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/309-5d86df93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad