FC2ブログ

ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 279号

いつもありがとうございます。とにかく、雨ですね。よく降るなぁ。

先週のお便り、アップします。
今日は8月15日。僕は今日も自分の中の戦いを終わらせられないままですが、その努力は少しずつでもしていこうと思っています。戦争とか平和とかについて、書きたいこととか書くべきではないかと思うことは色々とありますが、なかなか書けないでいたりします。渾身の文章、書きたいなぁ。渾身の生き方をしていないと、書けないでしょうね。

では先週のひとつぶ便りです。

ひとつぶ便り 279号(2017年8月11日便)
 いつもありがとうございます。台風は、僕らのところには予報ほど雨を降らせていきませんでした。雨ばかりで、1か月前くらいに干した小麦が未だに脱穀できていませんが、台風が大雨を降らせていかなくて良かったなと思います。雨、風、大変な地域もあったことと思います。僕が佐久穂町に来てから9年くらい経ちますが、ここは台風の被害を受けにくいところ、という印象があります。山のおかげなのか、過去に直撃しているのにたいしたことがない、という時もありました。
 さて、雨続きで、畑の周りも中も、草がすごいです。外から見ると、畑なのかなんなのかわからないようなところもありますが、実際草をとりに入ってみると野菜の株元だけはちゃんときれいだったりして、何週間か前かに僕かゆっこさんが草に応じたのがしっかりわかります。過去の自分たちのがんばりに感謝できる瞬間があって、嬉しくなります。この時期は毎年大体バテていて、春と比べてだいぶ動きが鈍いですが、まぁ毎日畑で何かやっています。自分の心と体のケアは、もっと丁寧にした方がいいなと思います。葉菜ちゃん(小2)、花野ちゃん(幼稚園年中)は共に夏休みです。4日からゆっこさんのお母さんが兵庫から来ていて(ゆっこさんのお父さんは近くの集落に家を買って住んでいます)、どこかへ連れて行ってもらったり、そちらの家に泊まったり、よく遊んでもらって楽しそうです。はるちゃん(1歳6か月)は、とにかくまぁ食いしん坊でよく食べています。もともとの体型もありますが、いつもお腹がポンポンです。最近は簡単な絵本が大好きで、何冊かを飽きずに楽しんでいます。松谷みよ子さんの『いないいないばあ』は特にお気に入り。本棚に入っていると、「いないばぁ」と言って要求してきます。はるちゃんのあらゆる行動が本当におもしろいです。子ども、すごい存在だなと日々思います。親がいるから子どもがいる、というのもあるけど、子どもがいるから人はお母さんやお父さんになるんですよね。

 今年も8月がやってきました。「戦争を終わらせるために原爆が落とされた」と、多くのアメリカ人や日本人が思っていますが、実際はそうではなく、あれは人体実験だったということ。アメリカは当時、被爆した人たちの治療はせず、調査だけをして、その調査結果を日本側にも被爆者本人たちにも一切伝えない。未だに、それは正しく伝わってはいません。伝わっていたなら、今、政府にしろ行政にしろ民間にしろ、フクシマの事故への対応が全然違うだろうに。あれだけ嘘はつけないだろうに。
 平和の反対は、戦争という状態もあるけど、差別、搾取、貧困、そういうものもまたその位置にあるものだし、それがまた戦争に直接的につながっているものでもあると思います。産業革命とか、その前からも色々と、人間たちは進歩してきたと思っている人が多いですが、結局それは人が人を差別し、搾取し、犠牲にすることを前提にしているもので、今ある科学技術のほとんどが、文化的でも文明的でもありません。例えば木など自然の中のものを使い、先人からの知識や技術の積み重ね、多彩な発想と工夫で作り上げられた道具、そういう誰からも何も奪わない進歩こそ、本当の進歩だと思います。どこかの土地や人から奪い、苦しめている張本人の僕ら日本人もまた、苦しんでいます。差別は、搾取は、戦争は、誰も幸せにしません。世界の平和のため、僕が今すぐにやれることも、やめられることもたくさんあります。健
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/311-34106376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad