FC2ブログ

ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 280号

いつもありがとうございます。
先々週のお便りをまだアップしていなかったので、します。
やっとこ晴れてきて、ありがたいです。

ひとつぶ便り 280号(2017年8月18日便)

 いつもありがとうございます。とにかく雨、雨、雨です。すごいなぁ。13,14日あたりは、その数日前までバッチリ晴れるという予報でしたが、見事に雨。はざ掛けをして干してあって、なかなか脱穀できない小麦でしたが、ある程度は11日に強行してやりました。その日も結局強い夕立が降ってきたので中断して、そのあとは雨続きなので今も中断してある状態ですが、あともう少しというところまではできて、とりあえずよかったなと思います。雨続きで、野菜たちが大きくなるのや色づきも遅いし、雨に弱いものは病気にもなりやすいし、種まきもできないし、お日様が恋しいです。明日(17日)は出荷の作業ですが、どうやら久々に晴れる予報で、期待しちゃいます。晴れてー!日が暮れるのが夏至の頃よりはだいぶ早くなってきました。そして、お盆を過ぎるとこのあたりは秋の風が吹き始めます。8月前半、晴れなかった分、ただでさえ短い夏が、さらに短い感じです。まぁ、毎年、色々ですね。

 さて、8月。戦争とか平和について、より意識する季節ですね。過去に平和を願い、行動した全ての人たち、今平和を願い行動する全ての人たちに、深く感謝と敬意と共感を覚えます。ありがとう。
今年の5月末、元京大原子炉実験所助教の小出裕章さんの講演があり、家族で出かけました。そこで、小出さんは「その国が使用しているエネルギー」と「その国の平均寿命」の関係を表すグラフを見せてくれました。エネルギーを多く使っている国ほど平均寿命が高く、使えない国は低い、ということがそこに表れていました。エネルギーを膨大に使っている世界の一部の国の中に当然、日本も入っています。グラフの見方、数字の見方はとても難しいものだから、それをどう見るか、考えるかはまた色々です。このグラフだけ見てそれは言えないことだから、小出さんもそこでは言及していませんでしたが、僕らのようなエネルギーを大量に使っている国の人たちが、エネルギーをあまり使えないような国から搾取し、寿命を削っている、ということもあると思います。
これが、その講演会の次の月に上田であった、ポレポレツアー(アフリカ最大と言われるスラムで孤児たちのための学校の運営などをしている早川千晶さんや、ケニアで伝統音楽修行を行った太鼓奏者の大西匡哉さんのチャリティートーク&ライブ)で聞いた話と、つながります。アフリカ大陸は、石油も、金や銀、ダイアモンドも、レアメタル(スマートフォンやパソコンに使われる希少金属)も埋まっています。それを巡って日本を含む「先進国」が争っています。実際に紛争の地に立ち、争わされるのは現地の、貧しい少年たち。資源開発のための高速道路や新幹線のために、住んでいる家をブルドーザーでつぶされるのは、そういう少年や少女たち。そもそもその人々がなぜ貧しいのかと言えば、そうやって資源を巡って土地や生活や文化を奪われたからです。国境線を勝手に引かれたからです。僕ら、「先進国」の人間に。
どこかの誰かを苦しめ、奪って、この日本の暮らしも、僕の暮らしも成り立っています。誰かの寿命を奪って、自分たちの寿命を延ばしています。では誰かの幸せを奪って、自分たちは幸せになっているのですか?搾取の先に、幸せも平和もありません。搾取の上に成り立つ今のこの国の暮らしに、真の平和はありません。自分たちの暮らしを根っこから問い直し、見直すことが必要だと思います。今。     健
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/312-8fbb42f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)