FC2ブログ

ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 284号

いつもありがとうございます。台風は特に問題なく通り過ぎてくれました。
先週のお便り、アップします。

ひとつぶ便り 284号(2017年9月15日便)

 いつもありがとうございます。すっかり秋の空気ですが、まだ暑くなる日もあります。ここ数週間は、雨は時々降って、多すぎず少なすぎず適度な感じ。近年の傾向なのか、干ばつか降りすぎか極端な天候が多いので、こういう丁度いい感じは結構珍しい気がします。7月に刈って、はざ掛けをして干したものの、雨ばかりでなかなか乾かず心配した小麦ですが、8月半ばと後半に脱穀した後、唐箕にかけ、晴れた日にまた広げて乾かし、それを隣町の小さい精米所(小麦の製粉もやってくれます)で製粉してもらい、小麦粉になりました!そして、日々のパンやおやつを焼いています。雨が長くてどうしよう、という期間が長かった分、余計にありがたみを感じます。一度に全て製粉したら保存が難しいので、玄麦のままとっておいて、少しずつ製粉していって、1年使っていきます。この後、10月にまた麦を播いて、ちゃんと実ったなら、来年の7月中旬以降に収穫します。種を播き、育て、収穫し、また種を播く。そしてまた育て、収穫し・・・とずっとつながってきたから、ここに今、小麦やお米があります。野菜も同様です。僕らは野菜も自分のところで採りやすい種は採っています。買っている種も多いですが、そういう種にしたって、何千年も、何万年も、自然に抱かれ、人の手に抱かれながら受け継がれてきたものです。麦やお米の一粒に、地球の、宇宙の、あらゆる歴史が詰まっています。本当にすごいこと。ありがとう。
 
 ところで今度の土曜日は長女・葉菜ちゃん(小2)の運動会があります。毎日色々練習しているようです。リレーの選手になったそうです。リレーの選手がタイムで速い順で選ばれるのは、僕が小学生や中学生だったときもそうだったので、そういうものだと思っていましたが、ゆっこさんは小学校も中学校も、タイムによる選抜ではなくやりたい人がやる、という形式だったそうです。関東と関西の違いとかでしょうか?僕はその、選抜ではなく任意の方がいいのになと思います。
 先日、神奈川の友人宅に家族で泊まりに行ったのですが、そこで聞いた、その友人の知り合いの、あるダウン症の子の話。すごく素敵だったので紹介します。その子はいつも運動会のかけっこで毎年ビリでしたが、ある年、一緒に走っていた子が転びました。お母さんの頭には「あ、今年はうちの子ビリにならないかも」という思いがよぎりましたが、その子は転んだ子のところに戻って、一緒に走りました。ゴールまで並走し、ゴールの直前、その子は転んだ子の背中をポンと押して、自らビリになったそうです。
 例えばこの子のやったようなこと、転んだ子がいたら心配してそばに行くとかいうことは、他人を蹴落としてでも1位になろうとすることより、遥かにいいことではありませんか?人を含む生き物の中には、暴力的な性質も、誰かに優しくしたりできる平和的な性質も、どちらも備わっていますが、そのどちらに水と栄養を与え、育てるかで、どちらが強くなるかが決まってきます。テレビで暴力シーンや差別的な言葉等を毎日毎時間見せ、学校ではただ競わせ争わせる現代の環境が、どちらをより育てるかははっきりしています。人は可能性として、どこまでも残酷で暴力的になれるし、どこまでも優しく平和的にもなれます。それぞれの中にある平和や理解や優しさの種を大切に育てることこそ、何より重要なことだと思います。その平和の種は、どんなに見えにくくなっていたとしても、誰のもとにも必ずあります。健
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/316-d36c6cdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad