FC2ブログ

ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 287号

いつもありがとうございます。まとめてアップの3本目です。稲刈りしました!の回。

ひとつぶ便り 287号(2017年10月6日便)

 いつもありがとうございます。毎日、朝晩はだいぶ冷えます。晴れているとなおさらで、今夜(4日)はお月見にバッチリの天気なのでだいぶ寒いです。昼間は晴れても涼しい感じで、キュウリやトマトなどはもうほとんど採れません。ズッキーニは例年この時期はもうほとんど採れないのですが、今年は先週と今週あたり、かなり勢いがあって驚きます。1日に3本~5本とか、9月の初めごろはそんな感じでしたが、盛り返していて最近はコンスタントに1日10~15本とか採れます。まぁ、そろそろ霜が降りそうなので、その前の最後のがんばり、といったところでしょうか。そして、葉物が育ってきて、とても美味しい季節です。今は品種改良などで一年中出回りますが、葉っぱものの旬はなんといってもこの寒い時期です。季節によって、食べたい料理も、食べたい野菜も、変わってきますね。今夜は栗ご飯とかぼちゃ団子汁。最高でした。日が昇るのが遅くなり、日が落ちるのが早くなり、気温は低くなり、見える景色も、聞こえる鳥や虫たちの声も、何もかも日々変化して、冬に向かっていっています。僕らの住んでいるところは、標高が高いし(1000メートルぐらい)冬がとても長いのです。つい1か月前は暑かった、なんてことはもう信じられないくらい、涼しかったり寒かったりする今日この頃です。
 
 10月1日、2日と、うちの稲刈り&はざ掛けをしました。家族総出(7か月のはるちゃんも出動)でやりました。あと高校時代の友人が一人手伝いに来てくれました。まずバインダーという機械で刈っていきます。この機械は刈ってヒモで束ねていってくれる小さな歩行機械です。エンジンのピストンの運動を回転の動きにするのはわかるけど、それを利用してどうやって「束ねる」ということができるのか、不思議です。これ開発した人、かなり天才なんじゃないかといつも思います。刈る、まとめる、束ねる、って動きを一つのエンジンの動力でやれるんです!と、いう小さい機械を使って束ねたあとは、木で組んだ「はざ」に掛けていきます。はざが立っているところまで稲の束を運ばなくてはいけないので、人数はいればいるほど助かります。花野ちゃん(5歳)はこの日少し体調を崩していて作業はあまりしませんでしたが、葉菜ちゃん(8歳)はたくさんやってくれました。完全に大人一人分の働き、「一人前」の仕事をしてくれていました。また、草がすごかったり、日照不足で病気(いもち病)のところがあったりしたので、そういうところは機械がうまく刈れなかったり束ねられなかったりなので、そこでも人手が必要です。全国的には圧倒的にコンバインという機械を使って刈り取りから脱穀までやってしまうところが多いのだと思いますが、佐久地域は割とはざ掛けをやっているところが多く、稲刈りはどこも大人数でやっています。家族総出とか、親戚とかも来ているのだと思います。長い間続いてきた伝統なのでしょうが、農村部は高齢化が深刻で、このままだといつまで見られる風景なのか、わかりません。
 稲刈りをしていて思い出すのは、僕らが農園を始めた年のお米の収穫。面積的に言えば僕らの栽培方法でも120キロくらいは採れる場所で、なんと6キロしか採れませんでした。今ならその原因は色々思い当たりますが、当時は本当に何もわからなかったなぁ。今だって全然知識も技術もないし、田んぼも畑も色々と難しいですが、たくさんの失敗のおかげで、なんとかやれているんだな、と思います。   健
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/319-44111a13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad