FC2ブログ

ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 288号

いつもありがとうございます。更新サボってたのでたまってたシリーズは全部アップしたので、ついでに今週のやつも。
うちは楽しくゆるく生きてますが、お金の無さといったらたぶん全知り合いの中でも1,2を争うでしょうね。

ひとつぶ便り 288号(2017年10月13日便)
 いつもありがとうございます。9月末から10月初めごろは霜が降りるのではないか、というぐらい冷え込みましたが、ここ一週間くらいは朝晩もそれほど冷えず、昼間はTシャツ一枚でも汗をかくくらい暑いです。季節の変わり目で体調を崩しやすいかと思います。我が家は花野ちゃん(5歳)が胃腸炎で、はるちゃん(1歳8か月)が風邪をひいて熱を出したりしています。はるちゃんは熱が下がり、だいぶ元気ですが、花野ちゃんは結構長いこと低調です。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。ご自愛ください。
 野菜セットは葉物が増えてきました。大根、かぶも少しずつ大きくなって、かぶは今回初登場です。美味しいです。昨年はこの時期の葉物や大根などがことごとくダメになってしまい、うまく育ちませんでした。今年はちゃんと育ってくれていて、本当にありがたいです。そうやってうまくできない場合は、天候によってどうしようもない部分も多々ありますが、作業や技術的な問題もたくさんあります。僕はそもそも子供の頃から野菜を育てることに触れていたとか、特に植物に親しんで生きてきたわけでもなく、初めから何かが器用にできるほうでもありません。こうして野菜をお届けすれば、ちゃんとやっているように思われることもあるかもしれませんが、全然そんなことはありません。ちゃんとやれていないことだらけです。それでも、ひとつぶ農園が始まった頃から知っている方はわかると思いますが、その頃と比べればはるかにちゃんとした野菜が育つようになったし、理解が深まった部分はすごくあります。でも、まだまだ最も基本的な失敗、みたいなこともたくさんやっている気がします。そんな感じなので、たくさん伸びしろがあります(笑)。色々な勘違いもたくさんしているので、その一つでも解消された場合、突然、何かがものすごく改善することなんかもあります。農業を始めた頃、何をどうすればいいのか全然わかりませんでしたが、今もだいぶわかりません。わかりませんが、最初の頃との違いは、そこに無限の広さを深さが見えることです。どんな分野であれ、知った気になれば、狭く、浅い世界しか見えません。狭く、浅い世界しか見えないから、それ以上何をしたらいいのかわからない、というのと、何をしたらいいのかわからないけど、そこに広くて深い世界が見えている、というのは全く違います。何より、楽しさが全然違う。そして、世界の広さと深さが見えているのなら、何をしたらいいかも自然とわかってくるもののような気がします。うまくいかないことも日々色々ありますが、今後ともよろしくお願いします。皆さんにも支えられて、僕らは生きています。いつもありがとうございます。

 もうすぐ選挙ですね。今回の選挙は「極右」対「極右」対「リベラル」みたいな構図で、僕らの住む長野3区もはっきりそうなので、小選挙区は誰にいれるか、悩みようもありません。戦争とか原発とかやりたがる人たちの考えの基本に、「差別」というのが色濃く見えます。「日本人は○○人より優れている」「自分達政治家は市民より優れている」、そういう、とんでもない勘違いが、当たり前のように意識に染みついているように見えます。差別は、される側はもちろん苦しみますが、する側もまた苦しまずにはいられません。人を蔑む、嘘をつく、そういうのが毎日のことである人たちが、幸せであるはずがありません。嘘ではなく市民のため、社会のために働く党も議員さんも必ずいます。行きましょう。選挙。 健
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/320-52a1460e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad