FC2ブログ

ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 291号

いつもありがとうございます。
11月最初のお便りで、このときはるちゃんがお腹をこわしていることが書いてありますが、もうすっかり良くなっています。
ところで10日の日に脱穀をして、その後もみすりもして、新米を食べました。とてもとても、美味しいです。ありがとう。

ひとつぶ便り 291号(2017年11月3日便)

  いつもありがとうございます。ここ数日は晴れていますが、先週末はまた台風が来て雨がたくさん降りました。10月、とにかく雨の日が多かったです。お米は、晴れの多い例年の感じなら、稲刈りとはざ掛けをした後2週間~3週間くらいで脱穀できますが、今年は本当に雨ばかりなので、1か月経った今もまだ脱穀できていません。思えば7月の梅雨明けから8月の半ばにかけても雨ばかりで小麦が脱穀できないということがありましたが、今回の稲もそんな感じです。
 こういう長い雨続きとか、逆に干ばつなど極端な天候は、野菜にももちろん色々と良くないことがあるし、(天候だけの理由ではありませんが)この時期あるはずのキャベツなどは全然うまく育ちませんでした。でも、去年は10月いっぱいで出荷を終了させなくてはならない状況だったので、それに比べればかなり色々育ってくれていてありがたいです。雨が多くて思うように農作業ができない感じですが、雨の合間を縫って大豆、花豆、パンダ豆の収穫や、ジャガイモの収穫などやっています。ジャガイモはまだまだたくさん畑にあります。今年はありがたいことに豊作ですが、当てにしていた売り先に出荷できなかったのもあって、ものすごく余っています。ジャガイモたくさんほしい方はいつでもご連絡ください。
 先月末、強めの霜が降り、それから連日で朝は畑が真っ白になっています。ずいぶんと粘り強くがんばっていたピーマンやズッキーニの木も、残らず霜にやられて枯れました。「冬がやってきた」という印象です。僕らの住んでいる地域は標高が高く(1000メートルくらい)、冬がとても寒くなる場所です。1月とか2月くらいには、マイナス15℃とか、それより下がることもあります。「四季」と言いますが、ここの冬は冬だけで何段階もある気がしています。春夏秋冬冬冬冬みたいな。暖かい時期は本当に短く、寒い時期がとても長い場所です。年によっては夏がないとか秋がないとかそういう感じのときもあります。夏野菜たちは枯れ、土に還っていく時期が来たし、雑草も霜にやられたものが多いですが、葉物などはまだまだ元気で畑にいます。葉物野菜たちは、霜に当たると柔らかくなり、甘みも増します。霜が降り、まだ全てが凍りつくまではいかないこの時期が、葉物がいちばん美味しい時期だと思います。そんな野菜たちを、ご堪能ください。僕らも毎日色々と、美味しく食べて楽しんでいます。

 季節の変わり目で、体調を崩しやすいかと思います。どうぞ、ご自愛ください。うちではゆっこさんが高熱を出したり、はるちゃん(1歳8か月)がお腹をこわしていたりしています。ゆっこさんの熱はガーっと上がって下がりましたが、はるちゃんは11月1日現在お腹の調子が悪く、行動も低調な感じです。
 そんな中ですが、昨日はハロウィーンだったので、カボチャパーティーをしました。ゆっこさんは料理をすることと食べることがとにかく好きで、他の人たちは食べるのが大好きなので、何かイベントにかこつけては、ご馳走でパーティーします。今回は、カボチャマフィン、カボチャタルト、カボチャスープなどなどをみんなで楽しみました。皮の赤いカボチャで、花野ちゃん(5歳)と僕とでジャックオランタンも作りました。素晴らしい出来でした。毎日美味しいご飯をお腹いっぱい食べられるなんて、なんて贅沢なことなんだろうと思います。世界中の多くの人にとって叶わない望みを、僕らは生きています。 健

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/323-9e1aa776
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad