FC2ブログ

ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 293号

いつもありがとうございます。ものすごく更新を滞らせ、記事がたまっていたのでまとめてアップします。年内にあげておきたいので。1か月以上前の話はすごく前の話のような気がします。このときとは季節も気温も自分のやっていることも全然違うし、はるちゃんもより成長しています。「こみけんママ」はよりはっきりと呼ばれますが。
では、11月17日のひとつぶ便りです。

ひとつぶ便り 293号(2017年11月17日便)
 いつもありがとうございます。心より。こう寒くなってくると、お日様の暖かさを、そのありがたみを今までよりだいぶ強く感じます。外の世界全てが凍り、雪が降って閉ざされるまでもうすぐですが、まだまだやること、やりたいことは色々たくさんあって、一日一日が貴重です。今年の冬はここ4年勤めた酒蔵へは行かないことにしたので、農作業がいつもよりかなりできます。その分もちろん収入はありませんが、畑と家族に向き合えるのはとても嬉しいです。しっかり稼げる農家さんたちは夏場の収入だけで食べていけますが、うちは全くそんなことはないので冬も何かしらやらなくてはいけません。今年は、酒蔵に行く前に勤めていた近くのスキー場(リフト係)に行く予定ですが、そこもあと2年くらいでなくなりそうなので何か他に、冬の収入を得る手段を考えないといけない状況です。
 10月が雨ばかりだった関係で、未だにジャガイモ掘りをしています。毎日のように掘っているのでだいぶ進んで、あともう少しというところまできていますが、まだあと2日くらいはかかりそうです。ジャガイモのように土に触れながらの収穫だと、ほかの野菜も同じことですが、「土が野菜になる」ということをより強く感じます。そこにいるネズミやモグラや虫などの生き物たち、微生物たち、雑草たち、土の一部分だけ見ても、ものすごく多くの数の生き物たちが生き、死に、そのおかげで野菜たちが育っています。そういう土の力、太陽の光、雨や風、すべての自然のおかげで、野菜や豆や穀物が育っています。それらを自分たちが食べられるように、うちの農園も電気柵を張ったりして鹿などの獣から守りますが、本来あらゆる土地も、そこの収穫も、人のものでも誰のものでもないよな、とよく思います。
 うちの三姉妹の3番目、はるちゃんは1歳9か月になりました。毎日なかなか愉快です。僕は家族全員からあだ名の「こみけん」(旧姓が小宮なので)で呼ばれていますが、最近はるちゃんは僕のことを「こみけんママ」と呼びます。はるちゃんは僕のことを「ママ」と呼ぶことがこれまでもありましたが、組み合わせてしまったようで、そんな呼び方をします。発音は少し難しいようで、「こみちぇんママ」みたいな音です。おもしろいです。ちなみに僕ら夫婦のことは基本的に全員が「こみけん」「ゆっこちゃん」という呼び方をしますが、花野ちゃん(5歳)がゆっこさんに対して「ママ」というのをいつからか多用するので(呼ばれる本人は嫌そう)、はるちゃんもゆっこさんを「ママ」と呼ぶことが多いです。言いやすいのもあるでしょうね。なので、はるちゃんは「ママ」と「こみけんママ」というふうに、呼び分けたりします。稀に、「ママー」と言ってゆっこさんを素通りして僕にきたりもします。まだまだ言葉ははっきりした発音ではありませんが、特定の言葉がやたらと上手だったりして、それもおもしろいです。
「かえるの歌」のヘビーローテーションが得意技で、ひたすら歌っている時があります。よくみんなで合唱しています。葉菜ちゃん(8歳)の真似か、「せーのっ」という掛け声から始めることも多いです。
 うちは全員大変な食いしん坊ですが、はるちゃんもなかなかです。最近はまたよく食べます。ニンジンとかカボチャとか、いかにも好きそうなものも好きですが、葉っぱ類もどんどん食べます。ごはんとジャガイモを散々食べたあとに、大根葉のおかわりをたっぷり食べたりします。時々風邪もひきますが、元気で生きていてくれて嬉しいです。おかげさまで、生きています。いつもありがとうございます。  健
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/325-469a7cb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)