FC2ブログ

ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 294号

いつもありがとうございます。まとめてアップ中です。2本目。ちなみに全部で6本たまっているので今日ぜんぶアップしようと思います。
では、11月24日のお便りです。ジャガイモ結構いろんなところに買ってもらってますが依然としてたくさんあります。ほしい方はご連絡くださいませ。

ひとつぶ便り 294号(2017年11月24日便)
 いつもありがとうございます。20日から21日にかけての夜、雪が降って、少し積もりました。その日のうちにだいぶ溶けはしましたが、朝の景色は真っ白でした。葉菜ちゃん(8歳)と花野ちゃん(5歳)は「雪だー!!」と喜んで、朝の時間に余裕のある花野ちゃんは早速遊んでいました。はるちゃん(1歳9か月)は不思議そうにしながらも、楽しそうでした。どんどん寒くなっていく中で、「冬だなぁ」と思うことは何度もあって、今シーズンも何度も既にそう思っていますが、雪が降るとまたなんとも象徴的で、また改めて「冬だなぁ」と思いました。ここ最近は昼間晴れていてもすごく寒かったりして、また一段季節が進んだ感じがします。まだ、ここからいちばん厳しい季節へは何段階か先がありますが。畑の野菜はだいぶ少なくなってきてきました。一日中、畑の土が凍っている日もあります。そういえば、18日にやっと今年のジャガイモを掘り終わりました!大体、7月か8月に掘ってしまうものだろうから、こんな時期までやっている農家はほとんど無いと思います。なのでこんなことを書くこと自体恥ずかしいことなのかもしれませんが、まぁ掘り終わってとても嬉しいです。うちのジャガイモは全て、手で掘っています。今年はかなり草取りをがんばれて、収量が過去最高です。予想外に採れすぎたので、現在在庫がありすぎて困っているほどです(笑)。もし多めに、もしくはもっとかなり大量にほしい方がいらっしゃいましたら、お伝えください。自分たちの食料としても、これだけ採れてくれて大変ありがたいです。去年は色々とうまく育ちませんでしたがジャガイモもそうでした。僕らは農業に関してもともと全く素人なので、大きな間違いをしていたり、大きな失敗をすることもたくさんあります。むしろ他の農家さんから見ればやっていることのほとんどが失敗、みたいな感じかもしれません。それに加えて農業は天候にも大きく左右されるし、僕らのように多品目でやっていると、一つ一つの野菜に対する管理は甘くなりがちだし、知識や技術の蓄積もどうしても遅くなると思います。さらには、その9年の間に子供を3人授かっているので、僕らの暮らしはその人たちとの暮らしでもあり、2人で畑ばかり見ているわけにもいきません。そんな僕らなので、採れて当たり前、という感覚は全くないし、農園を始めて9回目のシーズンの終わりが近づいてきて、色々な進歩はもちろんありましたが、今もど素人です。自然と、周りの人や友人たち、買って支えてくれている皆さん、たくさんのものや人に支えられて、なんとかやっています。田畑からの収穫のすべてが、心よりありがたいです。
 僕らは自分たちの未熟さがあるので余計に安定していない部分が大きいですが、たとえそこの技術や知識や労働が伴っていたとしても、田畑の上はやはり不安定なものだと思います。立派に育っても、全て獣に食べられることだってあるし、極端な大雨とか干ばつなどがあれば無事では済まないし、場合によっては洪水で畑ごと流されたり、土砂で埋まったりすることだってあるわけです。毎年、そんなニュースがこの国のどこかであるし、世界中で昔も今も、そして未来にもあることだと思います。当たり前の収穫などどこにもないわけで、だから当たり前の食べ物なんてこの世界にはないということです。僕らはいつでもどこでも食べ物が買えて、水はいつでも蛇口から出てきて使えますが、それは実際は様々な面で、とても不安定な要素を抱えているし、当たり前ではなく本当に「ありがたい」ものだと思います。 健

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/326-8a85a710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)