FC2ブログ

ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 296号

いつもありがとうございます。まとめてアップの4本目です。
ここに書いたように、12月2週目は見事に寝込んでいたので、お便りもお休みとなりました。なので、12月3週目の記事です。
なかなか辛かったですが、久々に高熱出して体のリフレッシュになったかな、と思います。

ひとつぶ便り 296号(2017年12月15日便)
 いつもありがとうございます。皆さまお元気でしょうか。僕は先週だいぶひどい風邪をひいて、火曜日から金曜日まで寝込んでいました。39.5℃くらいの熱が出て、本当にしんどかったです。この間に野菜セットの出荷もありましたが、本当にもう動けなかったのでお便りもお休みにして、作業は全てゆっこさんにやってもらいました。本当にありがたかったです。葉菜ちゃん(8歳)が小学校からもらってきた風邪のようで、葉菜ちゃんは僕の前に熱を出していて学校も休んだりしていました。そのあと僕にうつり、そして出荷作業をがんばってくれたゆっこさんが今度は熱を出しダウン。そのあと、はるちゃん(1歳10か月)が熱を出しています。葉菜ちゃんはすっかり元気だし、僕とゆっこさんも熱は完全に下がったし体調もだいぶ良くなりました。はるちゃんは、熱はあるものの僕らとは違って活動的で、機嫌よく何か色々喋っています。そろそろ熱が下がってくるといいな、というところ。花野ちゃん(5歳)は今のところ大丈夫で、元気に幼稚園に通っています。という感じでうちでは風邪がとても流行っています。
普段からの栄養が足りていないわけではなく、家があり布団があり、致命的に不潔な衛生状態の中で暮らしているわけでもない僕ら多くの日本人は、風邪をひいてもほとんどの場合は寝ていれば治ります。いざとなれば大幅な医療の介入によって助かるかもしれません。世界には、ひとつの風邪であっけなく死んでいく命がたくさんあることを考えれば、今生きている環境がいかにありがたいものなのか、感じられます。また、ひとつの風邪であっけなく死んでいくような環境に生きている人たちの、その劣悪な環境を作っているのはまさに僕らお金持ち国家の人たちであって、その人たちの命を奪う代わりに、僕らが寿命を延ばしているという現実があります。食べ物、水、石油や石炭やウランなどエネルギーのもと、僕らの生活は海外の人々を搾取することで成り立っています。水は豊富で木は育ち、海に囲まれ、降り注ぐ太陽の光も豊富なこの国は食料にせよエネルギーにせよ、全ての分野で自立することが可能なはずなのに、その土地の空気と水と土を汚し、他の国からは奪ってくる。おまけに今度は戦争しようというのです。なんとも恥ずかしい国です。何もかも、抜本的に良くできるものだと思います。今身の回りにあるすべてのものや環境が、とてもありがたいものであるのは間違いありませんが、それが誰かから奪ったものである限り、真に喜ばしいものではありません。誰かの子供を苦しめたり、その命を奪って自分たちの子供を生かすことを、心から喜べるものではありません。どちらの子供も幸せになれる方法が、いくらでもあると思うのです。それを目指すことは、それ自体が、幸せでもあると思います。
自分の暮らしや仕事の、どの部分においても、世界の搾取や差別や戦争から自由であるものは無いと思います。この国に暮らしている限り。そうしたくなくても、必ずそこに加担しています。そうしたいとかしたくないとか、特に意識していないのなら、ものすごく大きく加担しているはずです。目の前にあるものを、深く見ていけばすぐに見えると思います。そこにある搾取や暴力が。生活の全ての部分が世界とつながっているのだから、自分の生活を見直すことは、世界とのつながり方を見直すことでもあります。必要のない電気をひとつ消すことも、お酒や肉を少し控えることも、自分の体や心をいたわることも、誰かに微笑むことも、とてつもなく大きな行動の一つです。世界を変えていきましょう。今この場所で。 健
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/328-099e84ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad