FC2ブログ

ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 301号

いつもありがとうございます。今夜は雨です。先週のひとつぶ便り、アップします。
この中ではまだ途中だったトマトハウスの移設は先日無事、完了!最後のビニール張りは友人に手伝ってもらって、できました。
家から10分くらいのところの畑にあったトマトのハウスを解体して、軽トラで運び、家の近くの畑に建て直す作業。3間×25メートルくらいのハウスで、ほぼ一人で建てましたが、もちろんそればっかりやっているわけにもいかない時期なので、なんだかんだで期間としては1か月近くかかりました。解体に関してはうちの両親が来たときに手伝ってもらって、特に父がだいぶやってくれて、助かりました。トマト苗が今か今かと植え付けを待っていたので(待っていたのは人間だけど)、やっと植えられてよかったです。このあとは、田植えがあります。あと、ナスがまだ植えていないやつと、カボチャも一種類、植え付けられていません。いろいろあって、どれも重要で、体も頭もそれなりに使いますが、それぞれの作業をしっかり大切にできる感覚は年々強まっている気がするし、楽しくやっています。
では先週のお便りです。

ひとつぶ便り 301号(2018年5月25日便)

いつもありがとうございます。今回からの方は、今年もよろしくお願いします!代かきなど田んぼの準備と、畑のことは何から何まで、やることいっぱいです。今年はトマト用に使うハウスをちょっと遠い畑から近くの畑に移設しているので、それもなかなか手がかかっています。そこに植える予定の苗はもう立派になっているので、早く完成させたいなぁ。ハウス完成はもう一息というところ。かっこうが鳴き、藤の花が咲いて、霜の心配はほぼなくなるこの時期は、それまでハウスの中にいた寒さが苦手な苗たちをどんどん畑に植えていきます。今日(23日)は、僕はズッキーニとぼたんこしょう(やや辛いピーマンのような形の在来種)を、ゆっこさんはピーマンを植えていました。雨が降る前に、と思ってやっていましたが、予報より雨が遅かったので作業的には助かりました。これを書いている今は結構降っています。僕のほかは、家族はみんな寝静まっていて、雨音が聞こえています。パソコンは開いていますが、今は無線ランのスイッチを切っていて、オフラインです。ある冊子で、無線ランの電磁波の強さについての危険性が書かれていたのを見て、最近はパソコンを使わないときは切るようにしていますが、こうして文章を書くときにも必要ないので切ったりしています。ところで電磁波もそうらしいですが、農薬なども、ヨーロッパなどに比べてものすごく日本は基準が甘いようで、単位面積当たりでは世界一の農薬使用量とも聞きます。基本的にこの国の政府は国民の健康や命を守るとか、人権を守るとかいうことに関して全くと言っていいほど関心はないし、こちらの市民の側もそれにすっかり慣らされていて、自分たちの健康や保証されているはずのあらゆる権利が守られていないことに、気づいてすらいないように思います。日本国憲法13条は、すべての国民が個人として尊重される、ということをうたったもの。僕らは誰しも個人として尊重されて、幸福を追求する権利があるし、国政は個人を尊重し、僕らに幸福を追求させる義務がある。政府はこれを守っていますか?僕らはこれを、守らせていますか?
 あらゆるところで、僕らの命も権利も軽視されています。全体のために個は犠牲になれ、というのが日本の現在の社会の在り方だし、小学校から始まる学校教育の姿です。「お国のために」と言っておびただしい数の人が殺し合い、死んでいった戦争を二度としないために、させないために、起草者たちは憲法に「個」の尊重を書き込んだのです。全体のために個が犠牲になることが戦争への道であり戦争そのものであるのだから、逆に、一人ひとりそれぞれの「個」の尊重こそが、平和の道であり、平和そのものだということ。それを、踏みにじっているのが今の政権であり、僕ら一人一人が構成するこの社会です。
 「監督に指示されて」と、アメフト部の大学生が悪質な反則をしたそうですが、どちらかと言えばあの行動を称賛するのが今の社会の在り方です。監督の指示、上司の命令、先生の言ったこと、そういうものには何も言わずに従順であることが、この社会の中で求められているもの。絶対にその方向性は、間違っています。自分の頭で考え、自分の責任で行動するとか、自分の体や心を大切にするとか、それぞれの「個」の尊重こそ、教育の現場でも、社会全体としても、必要なものだと思います。それは、本当の意味での全体の利益をもたらすものなのです。自分が自分を大切にすることが、まず何より重要なことだと思います。自分が自分を大切にできてこそ、他者や世界を大切にすることが可能になります。   健
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/334-ce15e9c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)