FC2ブログ

ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 303号

いつもありがとうございます。先々週のお便りをまだアップしてなかったので、します。


田植えのこと書いてありますが、もうずいぶんと前のことのような気がします。一日が長い時期です。

ひとつぶ便り 303号(2018年6月8日便)

 いつもありがとうございます。今日(6日)は一日雨でした。雨でもハウスの中などでやることはたくさんある時期ですが、それでも雨が降ると気分的にかなり落ち着く感じがします。それもあって、今日は友人宅に、生まれて3週間くらいの赤ちゃんを見に行きました。葉菜ちゃん(小3)は小学校に行っていたので、それ以外の4人で行きました。まぁなんとも、かわいいですね。赤ちゃん。この時期はかわいさもすごいですがむしろ神々しさみたいなものも感じます。小さくて、軽いですねぇ。なかなかこのいちばん小さい時期の、こんなに素晴らしい存在に出会えることは貴重な機会で、僕ら夫婦にとっても、花野ちゃん(ようちえん年中)、はるちゃん(2歳4か月)にとってもありがたいことだなと思いました。
 ところで、6月1日は田植えをしました。まず機械(乗用ではなく人も歩きながら使う2条用の田植え機)で植えて、機械でうまく植わらなかったりしたところを、手で植え直します。この植え直し(追い植えといいます)の作業は、暖かい場所だと稲が植わらなかったところはそのぶん隣の苗が大きく育つからいらないと言われるような作業ですが、ここは寒いので、植えたら植えただけとれるような場所のようです。で、その追い植えにもかなりの手間をかけます。機械と合わせて結局、2日半くらいかけて、終わらせました。今年は僕とゆっこさんに加えて葉菜ちゃんと花野ちゃんもだいぶ手伝ってくれて、かなり助かりました。農作業を子どもたちに強制することはありませんが、今年は結構色々、畑にきては手伝ってくれます。家から近くの畑にいて、足音が聞こえてきて、葉菜ちゃんや花野ちゃんが現れて、畑を手伝ったり畑で遊んだりしていくこともあります。今回の田植えも「やりたい!」といって楽しそうにやっていました。はるちゃんは近くに住むゆっこさんの父に預け、4人での作業。楽しかったです。
 と、「田植え」とかいう名前のついた作業は自分の意識の中でも「特別なイベント」とでもいうように特別扱いをしがちで、毎年結構気合いを入れて緊張するような作業なのですが、今回はあまり自分の中でそういう感じではなく、日々の作業の一つとして、日々の生活の一部として、そう気張らず、かといっておろそかにするわけでもなく大切に、作業できた感じがしています。なんだか、いい感じでした。田植えは一年に一度しか使わない機械を使い、一年に一度しかしない作業なので、とか言いながら特別扱いをするわけですが、一年に一度しかしない作業なんて、実際は他にもすごく多い。田植えが終わった翌々日にしたナスの植え付けだって、一年に一度のことです。もっとしっかり見るなら、あらゆる作業が、あらゆる一瞬が、一年に一度どころか、一生に一度のことです。どれが大切でどれが大切じゃないなんていう判断をするなら、一瞬一瞬の中にある生きる喜びを、すごく多く見逃すことになると思います。
また、田植えや稲刈りは、直接的で、誰が見ても何をしているかわかりやすい作業ですが、それを支えているのは間接的な、やっている人たちしかわからないような、人目にふれないような数多くの名もなき作業たちです。田植えをすることと、そのあと苗箱を洗うことは、どちらも価値に差なんてありません。どちらも大切。田植えは確かに重要な作業ですが、その前にも後にもたくさんの作業があって、しっかりお米が稔るかは、そういう一つ一つの作業の積み重ねにかかっています。なかなかできてはいないけど、目の前のこと一つ一つ、何より今この瞬間を、もっと大切に生きたいと思っています。    健
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/336-284e4468
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad