FC2ブログ

ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 304号

いつもありがとうございます。先々週のお便りです。暑いですねここんとこ。

野菜のまわりの草に応じる作業はとにかく好きで、収穫とかより断然好きです。この回に書いてあるような内容は、果てしなく書けるし、ものすごく多くの書きたい内容の、ごく一部。A4の紙1枚っていう分量は限られた内容しか書けないので、ある程度書き上げたあとは削ったり、書き直したりの作業が結構あります。そんなのも含めて楽しく書いてます。


ひとつぶ便り 304号(2018年6月15日便)
 いつもありがとうございます。一年でいちばん昼間が長い時期なので、必然的に田畑にいる時間も長くなります。この時期は午後7時はまだ明るいので、僕もゆっこさんも大体そのくらいまでは畑にいます。葉菜ちゃん(小3)、花野ちゃん(幼稚園年中)が、はるちゃん(2歳4か月)と遊んで、色々世話もしてくれます。一緒に畑で何かをやったりすることも最近は多いですが、今日(6月13日)は僕は一人で、田んぼで田車を押したり、大豆畑とジャガイモ畑に管理機をかけたり、手で草取りをしていました。あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、という状況で、目の前のことがしっかり見えないことも多くありますが、その時の一呼吸を、その時その場所の一歩一歩を大切にすることを心がけて、農作業をしています。今この場所を大切に生きることは、田畑でも家でも、いつでもどこでも何よりも重要なことだと思います。土の上で生きている、その計り知れないありがたさを日々感じています。
梅雨時期で雨も多いですが、雨の日は雨の日でハウスの中のトマトの誘引ひもつけ作業とか、土手草刈りとか、色々仕事はあります。まぁでも、雨の日は気分的に落ち着くし、実際にゆっくりペースで過ごすことが多いです。家族みんなで図書館へ行ったりもします。ところで雨と言えば、野菜も草も様々な葉っぱをつけていますが、その形や質の違いは日の光をいかに受けるかという目的だけでなく、それぞれの植物が雨とどう付き合っているか、ということにも大きく関係しているようです。葉に雨が当たると葉から養分が流れ出ますが、流れ出るのをなるべく防ぐものもいれば、わざと流して根から吸収しやすいようにしているものもいます。葉や茎の形や質によって、それぞれの目的が達成されるようにそれぞれの植物たちが工夫しているようです。葉も茎も根も、それぞれの植物たちがものすごく長い間、積み重ねた経験によってその形があります。その経験と知恵は今日も、変化しながら多様に積み重なっています。
雨が降り、気温が上がれば、野菜も育ちますが野菜以上に草(雑草)たちが勢いを増します。野菜や稲を育てる上で、草たちの存在はとても厄介ですが、その存在なくして土は成り立たず、土が成り立たなければ野菜や稲も育ちません。実際に草に圧倒されて、野菜が育たないこともしばしばありますが、彼らは敵ではありません。草の根が耕す以上のことを、人間はできません。トラクターでいくら耕しても、ふかふかの土はできません。健康な野菜を育てる健康な土を作るのは、草の根や茎や葉や、落ち葉、それを食べたり分解するミミズや虫や微生物などの働き。土は、そこで生きる植物や大小様々な生き物たちの、生きる営みそのもの。土は物質というより生き物。土から草ができ、枯れ、土に還り、またその土が草になる。様々な草、様々な生き物、それが生きたり死んだりすることを、それぞれ深く関わり、依存しながら繰り返している状態、それが、土。畑で土に触れて、そこにいる生き物たちを見ていると、それぞれの生き物たちが他の生き物たちの存在を前提としていることが分かります。花粉を蜂に運んでもらう植物は多く野菜にも多いですが、これなどはまさに、その分かりやすい例。そうした分かりやすいことから分かりにくいことまで、他の種類の生き物にそれぞれが頼り合いながら、生きています。人もまた、他の生き物の命を前提に体も心もできています。それを意識できようとできまいと、僕らは他の生き物とも、土とも、全ての自然と深くつながっています。というか、人もどうであれ、自然の「現れ」の一つです。 健

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/337-f7600563
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)