FC2ブログ

ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 307号

いつもありがとうございます。大雨の直前くらいに書いた文章ですが、このときも暑かったなぁ。

ひとつぶ便り 307号(2018年7月5日便)


 いつもありがとうございます。今日(4日)は曇っていて、弱い雨が降る涼しい一日でしたが、ここ一週間はここまで晴れが続いて、標高の高いこのあたりもかなりの暑さでした。このあたりは昼間の気温は東京などとあまり変わりませんが湿度が低いので、炎天下の中でもまだ動けます。僕は東京の練馬の出身だし、ゆっこさんは兵庫県の川西市出身で、京都に住んでいたこともあるので、そういう場所の暑さがどういうものかもよく知っています。温度が高くても湿度が低いとだいぶ過ごしやすいということを、ここに来て知りました。それと、猛暑の日でも夕方になればだいぶ涼しくなるのが、助かります。
 連日暑くて、僕もゆっこさんもだいぶバテていたし、こうして雲が出て涼しくなれば、だいぶ動きやすくなります。例えば土の中の微生物とか、パンの酵母とか、それぞれに得意とする温度帯があって、その温度だったら活発に活動して増殖するし、ある温度より高くなれば生きていけないし、低かったら活動がゆっくりになる、みたいなことがありますが、人間も全く似たような感じだなと思います。しばしば多くの人たちは人間と自然と切り離して考えたり、人間を他の生き物たちと比べて特別だと考えているように思いますが、人の活動も微生物や動植物と同様、温度と湿度だけで、かなりのことが決まっている気がします。例えば「暑いとビールがよく売れる」とかいう事実からでも、「生き物」としての人間を感じられます。ちょっとした温度、ちょっとした湿度の違いで、自分の心身の調子も、行動も言動も、違ってきます。もちろん気温と湿度だけが僕らを取り巻く環境ではなく、気圧などもすごく感じやすい要素の一つですが、そういった一つ一つの環境の要素に大きく影響されながら、僕らは今日も生きています。また、太陽の光は僕らを生かしているけど、夏の強い日差しは熱射病の原因にもなり、場合によっては命をも奪います。畑に生きる野菜たちや草や虫や微生物たちも、太陽の恵みを受けて生きていますが、直射日光のもとではカエルもヘビもミミズも微生物たちも、生きていくのは困難です。木や草の陰で、彼らは生きます。生きている草の下や、枯れて倒れた草の下にも、たくさんの命を見つけることができます。そこには、どの命も他の命に頼り合いながら生きている姿があります。この社会においてはすごく多くの人が、人間は他の生き物と違って特別なもの、と思っているように思うし、僕自身かつてはそんなふうに思っていたかもしれません。それと、アスファルトで覆われた道と、住宅、マンションばかりが立ち並ぶ中では、自然と自分の関わりを、とても見いだしにくいということもあると思います。でもそんな環境であっても実際は、周りの環境、他の生き物たちと依存しあって、誰の体も心も、そこにあります。そこには、かつて生きていたけどもう生きてはいない、全ての存在の姿もあります。例えばそこにある野菜は、収穫したときか、茹でた時か刻んだ時に、もう花を咲かせたりすることはできなくなるけど、それを食べた人のエネルギーになったり、食べた人の体や心をつくります。僕らが食べた野菜は消滅するわけではなく、違う形となって、続いていきます。そういう命の積み重ねが野菜も人も作っているし、僕らもいずれ、また違う形となって、続いていきます。田畑はそういうことを具体的に見せてくれます。僕らは自然の「現れ」の一つ。野菜やお米や、草や虫たちも、ここにあるパソコンですら、全ての自然の中の、「現れ」の一つ。この心も体も、今書いているこの文章も、他の全てのものと関わり合ってここにあります。  健
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/340-f31afae2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad