FC2ブログ

ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 311号

いつもありがとうございます。まだアップしていない記事が他に3つほどあるのですが、ヤギのすみれちゃんがうちにやってきたという、生活に一つ大きな変化があったので、そのことについて書いたこの記事を先に、アップしておきます。
来てから1週間以上が経ちましたが、だいぶうちにも馴染んだと思うし、だいぶ慣れたと思います。ヤンチャな面も見られるようになってきました。では、先週のひとつぶ便りです。

ひとつぶ便り 311号(2018年8月3日便)
 いつもありがとうございます。先日通過した台風12号は僕らの住んでいるあたりには、たっぷり雨は降らせてくれたものの豪雨というほどではなく、風もそれほどではなかったので、ただありがたく感じました。その前後はやや涼しい気温の日が続いて、昼間も比較的快適で夜は肌寒いくらいでしたが、ここ数日はまた猛暑です。これを書いているのは夜で、昼間に比べればだいぶ涼しいし、東京などの寝苦しさからすれば何も問題ないくらいですが、標高1000メートル近いこの場所としてはだいぶ暑く感じます。
 台風は2週間ぶりくらいの雨をもたらしてくれて、だいぶ畑もそこにいる野菜や草たちも潤いました。しかし、雨が降ったら全て解決、なんて話ではもちろんなく、その前の猛暑と乾燥の影響は色々と出ています。例えばズッキーニは、恐らく小さい実の段階であの暑さに当たったせいで受粉できなくて、きれいに育っている実が少なく今採れる量が少ないです。そうやって、2週間前とか1週間前の天候の影響が、今出てきたりします。2週間前の天候でその時採れないこともあれば、2週間前の天候のおかげで採れている場合もあります。人間のする作業にしても、例えば種を播いてから収穫するまでには時間がかかるし、草取りなども、その作業が収穫に影響するまでには時間がかかります。そういう「時間差」は、農業の醍醐味な気がします。実際は作業も天候も畑の土も、それぞれの条件が複雑に絡み合っているから、何がどう作用しているのか分からない部分が大きいし、作業的にはすごくがんばったけど天候があまりに悪くて収穫できない、とかその全く逆みたいなこともしばしば起こります。たくさん採れそうと思った野菜が獣たちに全て食べられることもあります。その部分だけ見たら、「成果」とか本当に分かりにくいですが、土の上や中に住んでいる全ての生き物たちを大切にするような農業をしていれば、目先の収穫がどうであれ土はゆっくり育っていき、生き物が数多く、多様に生きている健康な状態になっていきます。畑は常に、天候等に強く影響されるものだけど、例えば土の中の生き物たち、植物の根によって団粒構造が育てば水はけも水持ちも良くなるから、その分野菜の成長や収穫なども安定します。こういう農業をしていれば、1週間とか2週間の話ではなく、5年前の農作業の恩恵を今受けられるし、今した作業が5年、10年、20年後、もっと先への贈り物にもなります。
 ところで、うちに新たなメンバーが加わりました!ヤギのすみれちゃんです。生後3か月のメスのヤギさんで、知り合いのところで3頭産まれたうちの1頭を、お願いして我が家にもらってきました。除草とか乳とかそういう目的もありますが、ただ、ヤギと一緒に暮らしたい、というのが主な動機です。先月の29日に来てこの数日ですが、僕ら家族のそれぞれが、すみれちゃんにはとてもいいものをもらっています。特に次女・花野ちゃん(6歳)は普段しない早起きまでしてすみれちゃんの小屋(家の前の畑にゆっこさんが建てました)に行ったりして、よく一緒にいます。もともと人間にも、自分の母や兄弟たちにもたっぷり愛情を受けて育っていたから、すみれちゃんもとても人懐っこく穏やかな性格のようです。
その愛情に溢れた安心できる環境から、1頭だけ連れてくる、というのは実際にその別れのシーンの中にいて、ものすごく辛いものがありました。事前にはそこまで自分が辛い気持ちになるとは想像がついていませんでした。愛情深い人間と、ヤギの母ときょうだいに囲まれて安心して暮らしていたところに、何度かしか会ったことのないよく知らない人間がある日突然やってきて、車に載せて連れていく。なんと恐ろしいことか。元より、何かの生き物と暮らす時、最も大事なことはその生き物の幸せだと思っているし、すみれちゃんも最高に幸せに暮らして欲しいと思っていますが、今回与えてしまった恐怖と絶望はある意味では取り返しがつかないし、僕は僕自身が感じたこの痛みを、忘れないようにしたいです。家畜と呼ばれる生き物たちは特に日本においては、生きる喜びを全く感じられないような状況で生まれ育ち、そして死んでいくわけで、それはとてもひどいことだと思いますが、こうして既に幸せに暮らしていて、これからもきっと幸せに暮らしていただろう生き物を家族から引き離すというのは、それもまたとてつもなくひどいことなのだというのを感じました。すみれちゃんを軽トラ(幌付きのものを借りていきました)に載せるとき、柵に隔てられたすみれちゃんとその家族は、お互いに大きな声で呼び合っていて、本当に切なかったです。完全に僕らの都合で、なんてことをしているんだと心より思ったし、今も思います。すみれちゃんがその時感じたものもですが、母ヤギ、ユキちゃんの心情を考えても、心苦しいです。ユキちゃんはそこで産まれたヤギではなく、大きくなってからもらわれてきたのですが、そこに来る前に、何度か産まれた子どもをすぐに離されているそうです。今回、僕らが行って、「連れて行こうとしている」と感じ取ったようで、それほど強くではないものの、僕らを頭でゴンゴン押してきたり、すみれちゃんに首輪をつけようとされるのを、守って、すみれちゃんはそれに守られて、という光景がありました。今、安心して自分の子どもたちと暮らしていたのに、やはりまた見知らぬ人に連れていかれる。2頭の子どもはこれからも一緒にいるし、今はきっと、また何事もなかったように暮らしているのだと思いますが、実際は何事もなかったわけではもちろんないし、その時きっと彼女は深い悲しみのようなものを抱いたと思います。その時僕らはよっぽどのものを、踏みにじってきたのだと思うし、それは今後どんなにうちですみれちゃんが幸せに暮らすことができたとしても、どんなに良いことがあっても、正当化されるようなものではないというのは、はっきりしています。
 すみれちゃんはとても人懐っこく、かわいいです。大切にされて育ってきたからこその懐っこさだろうし、愛情深いファミリーから来てくれたのを、本当にありがたく思っています。Fさん夫妻には深く感謝しています。来てから数日経ち、だいぶこちらの生活とここにいる僕ら人間たちにも慣れてきたようで、連れてきた日とか次の日よりはかなり落ち着いている感じがします。それは来た日からそうですが、散歩をしてもロープを引っ張ることはないし、一緒にゆっくり歩きます。人がそばにいれば鳴かないし、離れると鳴きます。桑の葉が大好きで、むしゃむしゃ食べます。僕ら家族、それぞれにとって色々といいものをもらっています。他のことでは体験できないことを、すみれちゃんの存在が教えてくれます。大切に、一緒に暮らしていけたらと思います。「ヤギさんがきた!」と言えばきっと多くの人が楽しい感じに想像するし、実際にすみれちゃんがいてくれて僕らはとても楽しいわけで、それだけ書くこともできましたが、その陰で、踏みにじられたヤギさんたちの生活や様々な思いがあったことも、残しておきたいなと思ったし、忘れてはいけないことだと思ったので、書きました。
 一つ一つの別れにいちいち悲しんでいたら、動物の権利など考えていたら、(特に日本の)畜産なんて成り立たないだろうし、それは農業も似たようなことかもしれません。でも、そういう悲しみはもっと、感じた方がいいもののはず。実際はあるのに、見ていないのだから。命を食べて生きている、ということの重みを、誰もがもっと感じた方がいいし、それを感じたら自分の命ももっと深く慈しめるはずです。健
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/341-d7bf100a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad