FC2ブログ

ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 309号

いつもありがとうございます。全然更新していなくてたまっている記事を徐々にアップしています。まだ7月の記事で、暑いときです。あの時からすれば、すごく涼しくなりましたね。

ひとつぶ便り 309号(2018年7月20日便)

 いつもありがとうございます。ものすごく暑いですね毎日。そしてあの大雨が続いた時から一変して雨が降らない日が続いています。ここは標高1000メートルくらいの比較的涼しい場所ですが、気温は連日30℃を超え、今日(18日)は温度計が35℃を指していたそうです。こんな暑さは災害みたいなものだから、こんな時は色々な仕事、誰もが休んだほうがいいと思いますが、畑の野菜たちや草たちも休んではくれないので、毎日やることはたくさんあって、毎日畑に出ています。しかしまぁ、僕が育った練馬の暑さはこんなものではないし、それに比べればだいぶマシで、動けます。光化学スモッグのようなものも発生しません。あと、夜はだいぶ涼しくもなります。それと、僕らの借りている畑は半日日陰、みたいな場所も多いので、多くの時間、割と爽やかな環境で作業していたりもします。日当たりがいい、というのは良い田畑の条件と言われますが、こんなものすごく暑い時は、同じ畑の中でも日陰の時間が長い場所でしか野菜しか育たないこともあります。太陽の恵みを受けてどんな命も生きていますが、その光と熱は時として、命を奪うものでもあります。直射日光の中で、長時間生きていられる生き物は、そう多くないように思います。人間も、水分が無ければすぐにでも命の危険があります。木があれば、森があれば、そこには陰ができて、湿度も保たれ、多くの生き物が生きられます。土の露出した畑の表面は、それと逆の状態。特に小さな生き物たち、微生物たちにとっては生きることが困難な環境です。畑の上にも草が適度に生えていたり、草を刈って敷いておいたりすれば(草マルチ)、その下で小さな生き物たちが生きられます。小さな生き物たちが生きられるということは、それを食べて生活しているようなものたちも生きられるということ。そこで生きるものたちの力が、土の力。ある程度の規模をやっていると、なかなか全面に草マルチ、なんてことは難しいのですが、もっとやっていきたいし、作業的にもいろいろ工夫したいところです。と、草と小さな生き物たちの話を書いていて今、ふと「境界線」が分からなくなりました。ある程度の期間、厚く敷いておいた草をめくってみると、地面と触れているところは、菌が白く集まっていたりします。それは、どこまでが草で、どこまでが菌で、どこまでが土なのか、と。敷いてある草はあまりめくらないほうが、そこで暮らすものたちにとっていいでしょうが、その下で旺盛に生きる虫たちの姿を見たくなって時々ついめくってしまいます。そこで命が活発に生きているのを見るのは、すごく嬉しい気持ちになります。本来、目に見えないほど菌のようなものたちも、そこではそうやって集まっていて、目に見えたりもします。「土」と呼ばれるものは、ものすごくダイナミックで動的で、生きているもの、死んだもの、鉱物、様々なものの集まりです。草が虫を食べたり、虫が虫を食べたり、そうして小さくなったものを菌が分解したり、そうやって土の一粒となったら今度はまたそれが草を育て草になったり、それを食べた虫になったり、というふうに、すごく狭い範囲だけ見たとしても、そこには時間的にも空間的にも、複雑に絡み合い、頼り合い、折り重なる命たちの姿が見えます。僕ら人間の体も、そういう折り重なる命たちの存在と共にあります。僕らの体も心も食べたものでできています。お米や野菜たちはちょっと前まで草や虫や太陽の光や風や、色々なものだったし、僕の体や心はちょっと前までお米だったし、野菜たちでもありました。「いただきます」を心から本気で、言わずにはいられません。 健
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/343-8f1e3092
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad