FC2ブログ

ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 320号

いつもありがとうございます。更新全然していないので記事がたまってます。
とりあえず先週のやつをアップしまーす。

ひとつぶ便り 320号(2018年10月5日便)

 いつもありがとうございます。台風24号はたくさん雨を降らせていって、車で5分くらいの距離にある大石川が見たことのないほどの水位まで上がっていて恐ろしい濁流になっていました。9月はとにかく雨ばかりだったので、そもそも山や田畑の保水力が飽和状態になっていて、そこに今回の台風が来たので、そういうことになったのだと思います。それでも特にどこかが決壊したとかいう話はないし、目立った人的な被害もこのあたりでは無さそうですが、畑が水浸しになって田んぼのようになっているところも多く見ました。僕らの畑では水浸しということはありませんでしたが、稲刈りのためにだいぶ前に水を切ってある田んぼにすっかり水がたまってしまって、稲刈りどころではありません。もういつもなら刈って干していますが、今年はまだできずにいます。刈れないのも困りますが、既に刈って、稲架にかけて干している人たちも雨ばかりで稲が乾かず、なかなか脱穀できないでいます。こう雨ばかりなのは何かと厄介で、直接的にも間接的にも、色々と良くない影響があります。毎年、一年を通じて気候が安定している、なんて年はそうそうありませんが、今年はまた特に天候が激しい年である気がします。
 僕らの住んでいるあたりはそれでも、大きな被害は出ていない方だと思います。天気予報で雨の流れを見ていると、山でかなり守られているような感じがします。同じ長野県でも、諏訪地方ではまた大規模な停電が起きて大変なようです。自然災害があれば、それぞれの人たちがそれぞれの困難に直面しますが、中でも農家はかなり直接的に被害を受ける仕事だと思います。一般の農家さんであれば共済などに加入していてある程度の補償があるのでしょうが、有機農家は僕らのように小さい農家がたくさんあって、うちもそうですが一般の共済などに加入するのは色々な面で無理があって、加入できなかったりしていない人も多いです。災害があって野菜やお米が採れなくても、誰も補償してくれません。実際に、以前大阪で農業をしていて今はこちらにいるある友人の大阪の仲間たちは、7月の関西の豪雨で畑が壊滅的になってその時すっかりやる気を失っていたそうです。各地にそういう人がいることでしょう。
例えば会社勤めをしていたら、農家の日々の苦労やこういう災害時の苦労は思いもよらないだろうし、農家からしたら、会社勤めの人たちの様々な苦労は思いもよりません。農家といっても色々あるし、経営も栽培もやり方によって、土地によっても全く苦労が違ってくるので、農家だから農家の苦労が分かるかといったらそんなこともありません。同じ家の中で同じものを食べている家族であっても一人一人それぞれ考えていることは違うし、抱えている問題も何を好むかも、色々とかなり違います。どのような場合でも、それぞれが「同じではない」ということを知っておくことはすごく重要だと思います。例えば葉菜ちゃんの通う小学校や花野ちゃんの通う幼稚園においても、「○○小学校の児童は」「○年○組のみんなは」とか「○○っ子たちは」みたいにその組織のメンバーはみんな同じであるかのような表現をしばしばお便りなどで目にします。分類してそこにいる人たちの傾向をつかむことで理解しやすくなることも時にはあるでしょうが、ほとんどの場合は一人ひとりに目を向けにくくなったり、その枠組みに入れない子が「自分はおかしいんだな」と感じたりするような弊害の方が遥かに大きくなっていると思います。一人一人は全然違うし、そのそれぞれの一人もまた、一瞬前とは体も心も同じではありません。   健
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/344-eb846b20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)