FC2ブログ

ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 322号

いつもありがとうございます。先週のお便りです。
だいぶ寒くなってきたけど、それでも例年と比べるとだいぶ暖かいような気がします。


ひとつぶ便り 322号(2018年10月19日便)

 いつもありがとうございます。10月としては比較的暖かい日が続いていましたが、ここのところだいぶ冷えてきました。毎年たいてい9月にも寒くてストーブを焚く日がありますが、今年はそういうこともなく、やっと数日前に今シーズン初めての火を入れました。9月からそうですが、最近も天気はすかっと晴れることが少ないです。ここは晴天率が高いと言われる地域なので、やや珍しい感じだと思います。空気がまた変わった感じで、そろそろ霜が降りそうです。ズッキーニやトマトなど夏野菜たちはもう勢いはありませんが、暖かかったおかげでまだ少しは採れたりもします。それでも霜が降りれば枯れてしまうので、そういうものたちの今シーズンの収穫はもうすぐ終わりです。夏野菜は採れる期間が短いし、冬が長く厳しいこの土地では、寒さに強い野菜も真冬には収穫することはできません。冬は冷凍した野菜とか漬物などの保存食を食べて春を待ちます。野菜が採れない冬は新鮮な野菜が恋しくなりますが、そんな気持ちが春をより豊かにしてくれます。こんな僕らの生活を「ストイック」だとか言われることがありますが、僕ら夫婦は我慢して苦しい生活をしているなんていう感覚は一切ないし、そうするつもりもありません。子どもたちも食べることが大好きだし、日々の食事を喜んでいます。スーパーなどに行けば一年中なんでも、どこのものでも買えることは、それはそれでものすごくありがたいことだと思いますが、それで失っているものもたくさんあると思います。暖かい地域で重油を燃やしてハウスを暖めれば冬にもトマトが採れるかもしれませんが、それは夏に初めて採れたトマトを食べる喜びを、味わえなくするものだと思います。健康に生きられるだけの食料は、誰にも必ず行き届く必要がありますが、あればあるほどいい、ということはありません。いつでもどんなものでも手に入ることは、「無い」ということの無い状態であって、「あり過ぎる」ということは「ある」の仲間ではなくて「無い」の仲間なのではないかとこの前ふと思いました。季節に合わせて、自然に合わせて暮らすなら必ず、手に入らない時期とか、場所とか、そういうものと常に一緒です。それは、すごく豊かなものだと思います。例えばトマトを食べられない期間、というのが、豊かさそのものだという感覚。一年中フルーツが採れるような温暖な南国の豊かさも、それはそれでいいなぁと思います。でも春は、冬のある国にしかやってこないし、それもまたすごく豊かなことだと思います。確かに冬は厳しいし、標高の高いこの場所はなおさらですが、冬そのものの豊かさというのを感じるし、冬もまた好きな季節です。春も夏も秋も、それぞれ好きです。
 今日食べるものの心配をしなくていい、ということはすごいことだし、僕らもお米でも野菜でも、できるだけたくさん獲れてほしいと思ってやっています。だから、「あればあるほどいい」という気持ちはとても自然な気持ちとしてあるものだと思いますが、それをどこかの土地から、どこかの誰かから奪ってまでやっていいはずはありません。でもこの国の政府や、そこに住む僕ら市民は、平然と世界中から水や食べ物や様々な物資を奪い続けています。差別も、搾取も、戦争も、全てオーケーだという価値観のもとに、僕らの暮らしが成り立っています。日本に暮らしていたら、誰もが世界の強盗です。世界中に貧困と争いを撒き散らし、その結果得たもので豊かになろうなんて、絶対に間違っています。そんなの、豊かさでもなんでもありません。僕の生活もそんな間違いに満ちているから、日々改めていきたいです。 健

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/347-31755926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)