FC2ブログ

ひとつぶろぐ

長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村)、有機野菜の「ひとつぶ農園」のブログ。

ひとつぶ便り 338号

いつもありがとうございます。先週のひとつぶ便りです。

ひとつぶ便り 338号(2019年6月21日便)
 いつもありがとうございます。ここ一週間は雨が少なくて、畑でも色々作業ができました。今日(19日)も雨マークのある天気予報でしたが、パラっときたくらいでほぼ降らず、今も静かな夜です。
 さて、突然ですが一つ大発表があります。ゆっこさんのお腹に4人目の子を授かりまして、現在妊娠9週目です。1か月くらい前に、検査薬やつわりの状況で妊娠はほぼ確実だとはわかっていましたが、大っぴらにするのは病院で検査してからにしようと2人で相談していたので、このタイミングでのお知らせとなりました。病院での検査は今週月曜日に行きました。お腹の中の人も順調に育っているようで、1月に産まれる予定。3姉妹それぞれ、病院や助産所での出産、どれも素敵なお産でしたが、今回は出来たら自宅出産をやってみたいと思っていて、知り合いの助産師さんに相談中です。欲しいと思っても授からないカップルもたくさんいる中で、またこうして授かったこと、本当にありがたいと感じています。
 三女・はるちゃん(3歳)の時もかなりでしたが、ゆっこさんは今回もつわりがすごくて苦しんでいます。食べられるものが極端に少なく、うちのお米もパンも野菜も食べられないのはもはや定番ですが、前回は大丈夫だったプリンもダメだったり、これなら大丈夫、というものがなかなかないようです。特に2週間前くらいがひどい状態で、食べられるものがほぼなく、ものすごく気持ちが悪く、動くこともできず、ほぼ寝たきりでした。友人にイトオテルミー温熱療法をやってもらったり、僕ら夫婦の両方の実家から、自然食品店で買った「これなら食べられるんじゃないか」詰め合わせを送ってもらったりして、そういうものに救われてなんとかそこを乗り越えて、先週、今週あたりは何かは食べられる状態で、気持ち悪さも午前中は比較的マシ(それでもかなりだと思いますが)な時間が長く、布団から起きて活動できる時間もあります。友人にもらったマタニティ用のハーブティーにもだいぶ助けられたし、有機の桃を買って届けてくれる友人もいたりして、本当に助かります。そういう直接のものだけでなく、色々な人やものに支えられ、助けられているのを感じます。ありがたい。つわり、個人差もあるし、個人の中でもそれぞれのお産でこんなに違いがあるものなんですね。ゆっこさんの場合は毎回食べられるものが違うし、「前回食べられたもの」とかあまり当てにはなりません。途中でどんどん変わりもします。つわりがひどくて脱水症状で1か月入院した友人の話とか、同じくひどいつわり中に検査で「飢餓」みたいな状態が出て入院した友人の話とか、産むまでつわりで吐き続けていた友人の話とか、なかなかすごい体験をしている人が身近にもいて、怖いものだなと思います。2週間前の状態からは、入院とか容易に想像できます。
 農業のことも家でのことも、いつもゆっこさんがやっていることを僕がやったり(やれなかったり)しているし、マッサージとかお茶入れたりとかゆっこさんのケアもあるので、田んぼも畑も家も手が回っていない状態です。そんな中、最近は葉菜ちゃん(小4)が夕飯を作ってくれるようになり、楽しそうにやってくれているので、ここのところほぼ毎日任せています。すごく助かるしありがたいです。はるちゃん(3歳)も、色々と察していて、何かと気遣いを見せています。我慢はしないで欲しいですが、まぁ苦しむゆっこさんの隣でもずっと歌ったり喋ったりしていて基本楽しそうではあります。こんなうちの現在ですが、こんな時だからこそ、一つ一つのことをもっともっと丁寧にやっていきたいです。    健
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitotsubufarm.blog.fc2.com/tb.php/354-b8dda3a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)